自分の中のブレーキ

自分の中でブレーキがかかるとうまく前へ進めない

小説を書いてる時はブレーキがかかった

言葉は誤解を生む

伝えたいことの半分も伝わらない

とても不自由だ

人物イラストを描いてる時もブレーキがかかった

わたしは秘密主義だから

自分の趣味性癖を大公開してるみたいで落ち着かない

お花の絵はどうだ

描くのが楽しい

ほとんど何も気にしないで無心に描ける

自分の手の先から美しいものが生まれていく感動

描いた自分が一番癒されている

美しいものを生み出す力

今もしかすると、自分の中でブレーキがかかってない状態なのかもしれない


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも応援ありがとうございます。 いただいたサポートや売り上げは画材購入や展示会費用に充てさせていただきます。

わーい!(≧∀≦) スキ嬉しい☆ありがとう!
22

花の絵徒然草

主に透明水彩で描いたお花の絵と花にまつわるエッセイを格納しているマガジンです。

コメント6件

風景や動植物を描くのと、人物を描くのは私もちょっとチャンネルが違います(´艸`*) 人物は感情が入ってしまうので自分と似てしまう気がして切り離すのが大変(笑)(ちょっと恥ずかしいw) 風景や動植物は感動に近いからかな~描いてるうちにその感動で潤っていくみたいで私も癒されますー(*´ω`*)
美しいです!

言葉は誤解を生む、たしかに、、と心にきました。。
よしなぎさん お!よしなぎさんもですか。

やっぱり人物になると、どうしても感情移入してしまいますよね。出来上がったの見ると、自分がそこに反映されて、だだもれてる恥ずかしさが。

無心に描けて潤うのは、人物以外ですよね。

人物も自分が気づかなかった何かをそこに見ることができて、おもしろいこともあるけど、基本ちょっとわたしも恥ずかしいです。
高嶋はなさん ありがとうございます😊

ちょっとわたしも悲観的すぎるのかもしれませんが、基本人間は孤独なのだと思います。言葉の檻の中に閉じ込められている。

多分ものすごくわかる!と思ってても、なんとなくイメージでわかりあってるだけで、本当に言葉で理解しあえてるかどうかは神のみぞ知る、なのだと思っています。

ただそれだからこそ、人はお互いを求めて、少しでも触れ合うことができれば感動するのだろうし、そう考えると、ダイレクトにイメージで伝える絵の方が、訓練は必要だけど、伝わりやすいのかなと思ったりします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。