見出し画像

音楽世迷い言(仮) その19 YOU'RE MAKIN' ME HIGH(96)/TONI BRAXTON さあ、セックスの話しをしよう

数々のシングルヒットを放ち、グラミー賞も受賞した前作「TONI BRAXTON」から3年。満を持してリリースされたのがセカンドアルバム「SECRET」。このアルバムからのファーストシングルとしてリリースされたのがこの曲「YOU'RE MAKIN' ME HIGH」だった。

前作は若い女性の淡いロマンスや悲しい恋の結末など、まだまだ初々しさがある歌詞やイメージだったのに打って変わり、セカンドでは急速な成長をみせてきた。ポテンシャルの高いセックスアピールで。トニがセカンドアルバムで訴えたかった大人の魅力、いや、女としての喜びを本音で吐露したのがこのファーストシングルである。

「OH I GET SO HIGH WHEN IM' AOURND YOU BABY I CAN TOUCH THE SKY YOU MAKE MY TEMPRATURE RISE」(あなたの近くにいるだけで有頂天になっちゃう。空にも手がとどきそうなほどよ。体温が上昇しちゃうの)という激エロな内容。ダイレクトで、強烈なセックスアピールに過去のイメージを払拭したいという彼女の意志も垣間みれる。

女だって、男と同じようにセックスについて語っても良いじゃない。セックスを楽しんでもいいじゃない。でも男同様にマッチョなやり方ではなく、女性が持ち得るやり方で。それが成功してこそ本当の解放である。

全米で見事にNO.1になり、トニの2枚目のジンクスは崩れ、トップスターの仲間入りを果たした代表曲になった。

俺も「スキ!」
2

takashin

職業:半分ライター 「音楽世迷い言」として大好きな音楽について語っていこうかなと思います。タイトルはあくまでも(仮)。もっといいタイトルがあるんじゃないかと模索中です。そのうち決定しようと思ってます。みなさんよろしくです!どんどん絡んでください!無料と有料の両方やっていきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。