見出し画像

いまは「話すのが得意な人」よりも「書くのが得意な人」が有利な時代かもしれない

 ぼくは人前で話すのが苦手です。

 相手がひとりであれば自然体ですらすらと話せますが、大人数になると変に意識しすぎてしまい、うまく言葉が出てきません。相手がひとりであっても有名な人だったり、大事な場面だったりすると、緊張してうまく話せないことは多々あります。

 自明のことですが、話すことは大いなる武器になります。

 人に出会って饒舌に語ることのできる人は、相手を動かすことができます。訪問販売などで口の達者な営業マンは成績もいいでしょう。話すことを悪用すれば詐欺も可能です。

 ただ、最近はちょっと事情が変わってきているようにも思います。

「初対面がテキスト」の時代

 少し前まで「初対面」といえば「リアルで会う」ことがほとんどでした。よって、「話す」のが得意な人が圧倒的に有利だったでしょう。

 しかし、最近の「初対面」は、ツイッターやメール、メッセンジャーやLINEだったりします。本人に実際に会う前に「テキストにおける接触」がある。「未知の人をテキストから知る」という機会は日に日に増えています。

 よってこれからは「書く」のが得意な人が有利になっていくんじゃないかと思うのです。

 現に、はあちゅうさんやイケダハヤトさん、カツセマサヒコさんやさえりさんなどWebで存在感を示してるのは「書く」達人、テキストでのコミュニケーションの達人です。

「書く」を制するものがコミュニケーションを制する

「書く」コミュニケーションが便利な点は、3つあります。

①時間と場所を問わない
 録画・録音は別にして「話す」コミュニケーションは、時間と場所が固定されます。テキストに残しておけば、時間と場所を問わず、読んでもらえます。通勤途中に昼休みに、ささっと触れてもらえます。

②何人が読んでも緊張しない
 話すコミュニケーションは相手が増えれば増えるほど緊張します。これはライブ配信などでも同じです。向こうで何百人、何千人が見ている、と意識しただけでかたくなってしまう。テキストはそんなことはありません。何万人が読もうが、内容もテンションも変わりません。

③勝手に拡散していく
 テキストはコピペも簡単ですし、SNSを通じて瞬時に拡散させることも可能です。自分が必死に「営業」しなくても、内容がよければ勝手に広がっていってくれます。

「話す」よりも「書く」が先に来る時代です。

 そんな時代においては、いかに瞬時に、少ない言葉で、相手に興味を持たせ、好感を抱かせ、心を動かし、行動に結びつけさせるか。その技術を磨いていくことが求められるでしょう。

「書く」というテキストでのコミュニケーションを制する者がWEB時代のコミュニケーションを制する。そんなことを思った話でした!

_________________
↓↓元になったツイートはこちら↓↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

基本的にすべての記事は無料でご覧いただけます。もし有益だと思っていただけたらサポートいただけますと幸いです。「出版をアップデート」するための活動費(イベント代、取材費等)として大切に使わせていただきます。

ありがとうございます!よい一日を!
276

竹村俊助/編集者

株式会社WORDS代表取締役。『メモの魔力』(前田裕二)『実験思考』(光本勇介)『段取りの教科書』(水野学)『ぼくらの仮説が世界をつくる』(佐渡島庸平)など書籍の編集・執筆。「週刊文春」「ハフポスト」などでも執筆。SNS時代の「伝わる文章」の探求をしています。ポテトサラダが好き。

WORDSの文章教室

おもしろい文章、役立つ文章、読みやすい文章を書くにはどうすればいいのか? 10年間、本をつくってきた編集者が、そのコツとノウハウを惜しみなく披露します!!
7つ のマガジンに含まれています

コメント3件

こんばんは、はじめまして★
いつも楽しく拝読させていただいております。

喋るのが本当に本当に苦手なわたくしとしては、「書く人の方が有利な時代」の到来はとても嬉しいです。

ただ、いまご活躍されている皆様は、「書くことはもちろん、話すことも得意」な方とお見受けします。

また、webに掲載されているテキストも、「口語体」の方が受けている気がします。

この辺り竹村様はどのようにお考えでしょうか?
また折にふれてお考え読めたら嬉しく存じます。
ありがとうございます(*^-^*)
初めての相手に電話をかけて話すという行為に、今までどれだけ神経を使っていたかを考えると、書いて投稿するという行為は、いかに気軽にできるか実感します。
勉強になります。僕も「書く」達人と肩を並べられるように頑張りたいと思いました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。