本音で生きることは最強の人生戦略である

 世の中まだまだウソが多い。

「ここに君の輝く未来がある」みたいな大学の電車広告とか。
(ぜったいないやん…)

「アットホームな職場です」みたいな求人とか。
(ぜったいブラックやん…)

「◯◯ちゃんのためを思って」みたいなセリフとか。
(ぜったい自分のためやん…)

 ぜんぶウソだし、ぜんぶバレてる。

 このあいだ、SNSで発信するときは「裸力(はだかりょく)」が必要じゃないか、と書いたら反応があった。

 インターネットの影響が大きいと思うけど、ほとんどの人が「本当のこと」を知るようになった今、「ウソっぽいもの」は嫌われる。

 いま活躍している人、タレントで言えばマツコ・デラックスさんとか有吉弘行さんも「本音で話してる感じ」(本当の本音は知らないけど)が多くの人にウケているんだと思う。

 人はやっぱり裸に惹かれるんだなーと思う。アキラ100%だって裸だし。やっぱり裸で生きている人は魅力があるのだ。

 こんなリプライもいただいた。

 ほんとそう。

「裸になっても魅力的な人」じゃないといけないね。裸になればいい、ってもんじゃなくて、ちゃんと磨いていないと魅力はない。


「本音」はそれだけでコンテンツになる

 某投資家が「お金儲けは悪いことですか?」と発言しただけで話題になる国だ。

 みんな「そこは言わない約束じゃん」という空気の中で生きている。だから、本音や正直な発言はそれだけで話題になるし、「コンテンツ」になる。

 ツイートやnoteで発信するときもちょっぴり「本音風味」を加えてみると反応が違ってくるかもしれない。

「書く」という行為は自意識との戦いでもある。特に僕みたいにいろいろ「気にしい」の人にとっては。

「なーに書いてんだか」「浅い考えだなー」などと思われる危険性もある。確実に会社の人も見てるだろうし。(しかもいちばん見てほしくないような人が見てるんだぜ。)

 でも、それは仕方ない。それを嫌がっていたら前に進めない。そこで必要なのは「覚悟」だ。書く覚悟だ。


自分にウソをつかずに生きるのは幸福度が高い

 いろんな幸せの定義はあると思うけど、自分に正直に、本音で生きることは発信力が高まると同時に、本人の幸福度も高いと思う。

 ……なんて、偉そうに書きながら、僕も本音は言えないほうだ(と思っている)。前向きな発言のつもりが誰かを不快にさせたり、意図しない敵をつくる可能性もある。

 だから無理はしなくていいんだけど、ちょっとだけ、昨日より1ミリだけ、本音で発言したり行動してみると、世界がまた違って見えてくるのかもしれませんよ。という話でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

基本的にすべての記事は無料でご覧いただけます。もし有益だと思っていただけたらサポートいただけますと幸いです。「出版をアップデート」するための活動費(イベント代、取材費等)として大切に使わせていただきます。

ありがとうございます!よい一日を!
285

また読みたい記事。

また読みたい、と思ったnoteを追加しています。
5つのマガジンに含まれています

コメント4件

納得しました
そうかなー?京都の『いけず』文化を毛嫌いする大阪人の様に思える!
すごい分かります。キレイごとって見事にバレますよね。気持ち悪さの奥に、輝かしい本音が息づいております。気持ちの良い記事で思わずコメントしたくなりました。読んでくださり、ありがとうございます。
TVで見かける芸能人だからだろうか?!本音が好きだと宣う?和田アキ子や出川哲郎は馬鹿に見えると言うか?何も考えて無い様に見える?!最低限のキレイ事は言葉のマナーだろう?!と思うのだが?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。