ツイッタラーは世界を言葉で捉え、インスタグラマーは世界をイメージで捉える

『女子高生社長、経営を学ぶ』の椎木里佳さんがnoteを始めた。

 タイトルは「なぜ10代は今、Twitterをやめるのか考察してみた」。もうおもしろそう! 10代、ツイッターやめてるの!?と驚いた。

 10代がツイッターをやめる理由の2つ目に「つぶやくことがない」が挙げられている。フェイスブックが「おじさんメディア」と化したように、ツイッターも10代から見たら「おじさんメディア」。だから、そこでつぶやくことはない、というのが椎木さんの考察で、なるほどな〜と思った。

 僕はそこから発展して、こんなふうに思った。

 ツイッターは基本的に「言葉のメディア」でインスタグラムは「イメージのメディア」だ(ツイッターもたまにイメージがバズるけど、まあそれは例外として)。ようするにツイッターにハマる人は世界を「言葉」で捉える傾向にあるし、インスタグラムにハマる人は世界を「イメージや絵」で捉える傾向にあるんじゃないかと。

 たとえば、チョコレートパフェを目の前にしたときに、ツイッタラーはこう考える。「カロリーはどれくらいだろうか」「これは誰がつくったのだろう、バイトだろうか」「これで800円なんてコスパ悪すぎじゃね」

 一方で、インスタグラマーはこう思う。(おいしそう!)(かわいい!)(きれい!)

インスタグラマー禅僧説

「世界をどう見るか」は「人生をどう生きるか」にもつながってくる。ある事象を目の前にして概念的にウンウン考える人もいれば、「素敵!」「おもしろい!」と絵や感覚で捉える人もいる。

 どちらが幸せかどうかは人によるだろうけど、インスタグラマーはなんだか「禅」の思想みたいだなと思った。

 インスタグラムに載っける写真に説明はいらない。目の前にあるものをそのまま伝えるのがインスタだ。(もちろん「名声がほしい」とか「いいね!してほしい」とかいう煩悩もあるだろうけど)シンプルに純粋にインスタを楽しんでいるインスタグラマーは、世界をそのまんま絵として、イメージとして捉えている。

 そこにはあらゆる概念は存在しない。未来も、過去も、希望も、失望も、成功も、失敗、もない。「いま」「ここ」を大切にするインスタグラマー。彼ら彼女らは禅僧のようだ、とふと思ったのでした。「さとり世代」なんて言葉もあるくらいだし、若者はもしかしたら禅的に生きてるのかも…?

 なーんて概念的にぐるぐる考えている僕は完全にツイッタラーだね!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

基本的にすべての記事は無料でご覧いただけます。もし有益だと思っていただけたらサポートいただけますと幸いです。「出版をアップデート」するための活動費(イベント代、取材費等)として大切に使わせていただきます。

ありがとうございます!よい一日を!
133

竹村俊助/編集者

編集・ライティングのWORDS代表。ダイヤモンド社を経て独立。『佐藤可士和の打ち合わせ』『ぼくらの仮説が世界をつくる』(佐渡島庸平)『段取りの教科書』(水野学)『メモの魔力』『ストロング本能』等の編集・ライティング。WEB時代の伝わる文章について研究してます。ポテトサラダが好き。

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
3つ のマガジンに含まれています

コメント6件

いつも楽しく読ませていただいています。
noteのマーケティング系記事のまとめマガジンを作って、スケールメリットを出していこうかなとおもってます。
編集権限のご招待メールをお送りしましたので、ご興味あれば自薦・他薦問わずお気軽に追加していただければとー!
note、楽しく使わせてもらっています。まとめマガジン、わかりました!面白い記事見つけたら追加してみますね。
はじめまして。ツイッタラーは「世界を言葉で捉えてる」、インスタグラマーは「世界を絵で捉えてる」という考え方に目から鱗でした。確かにそうかもしれません。私は言葉大好きなのできっとこれからもツイッターを愛すと思いますが、世界を絵で捉えられるようにもなりたいなとも思いました。
はじめまして。なにか発見があったとしたらうれしいです。ありがとうございます!ぼくも言葉が好きなのでツイッターとともに生きていく気がしています…。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。