不機嫌な人は「コスト」がかかる

 不機嫌な人は「コスト」がかかる。

 たとえば、お願いごとひとつするだけでも、ふつうは、

「これ、お願いできます?」
「おう! いいよ。やっとくわ」

 で、すむ。時間にして約2秒。

 しかし、機嫌が悪い人を相手にすると、

「あの〜、◯◯さん。」
「あ?」
「あ、いや、いますごいお忙しいと思うんですけど…」
「あ? なに?」
「ひとつ仕事をお願いしたくて」
「いま忙しいんだよなあ……」
「あ、すいません。ちょっとあとでまた声かけます」
「んだよ」

 これだけのやりとりが必要だ。しかも仕事を頼めていない。時間にして30秒ほどだろうか。

 声をかけるほうは朝から気が重い。前の日から「どうやって声をかけよう…?」などと考えていたとしたら、その時間コストは数時間にも及ぶ。

 もちろん、本当に忙しいこともあるだろう。仕事にポリシーがあったり、こだわりがあることは悪いことではない。しかし、ただシンプルに「機嫌が悪い」というのは、まわりにとって害悪でしかない。

 機嫌が悪い人は「機嫌の悪さ」で人を動かそうとしているのだ。

 機嫌を悪くしておけば、まわりが気づかってくれる。機嫌を悪くしておけば、余計な仕事は降ってこない。機嫌を悪くしておけば、勝手に誰かが先回りしてなにかをしてくれる。不機嫌というのは便利な道具である。

 ただし、この戦略を使っていいのは「赤ん坊」だけだ。

 赤ん坊は他人に気をつかうことなどできない。自らの不快を表現しないと手をかけてもらえない。生きていけない。よって、泣いたり、わめいたりすることで不機嫌を伝える。

 ただ、赤ん坊には「コストをかける価値」がある。そこには親の「無償の愛」があるし、育てることにコストをかけるのは当たり前の話だ。不機嫌によってコストがかかったとしても、害はない。

 大人になってからも不機嫌を武器に人を動かそうとする人は、赤ん坊であると言える。大人は赤ん坊とは違う。不機嫌でいればまわりから人は去っていき、いずれ仕事を頼みたいという人も減っていくだろう。

 もし不機嫌でいたいのであれば「そのコストを払っても余りある技術や才能、センスが自分にあるのか」を問いかけたほうがいい。もしその自信がないのであれば、いますぐ不機嫌をやめることだ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

基本的にすべての記事は無料でご覧いただけます。もし有益だと思っていただけたらサポートいただけますと幸いです。「出版をアップデート」するための活動費(イベント代、取材費等)として大切に使わせていただきます。

ありがとうございます!よい一日を!
494

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
6つのマガジンに含まれています

コメント3件

ヘッダーの猫さんの表情がすごく不機嫌を醸し出していて、逆に笑ってしまいました!
ホントにそういう方っているんですよねえ。。
不機嫌な人に対してのリベンジコラムかと思った。
とりあえずにゃあいうとけばいいで、、なんか流れ??
名前は憶えておきましょう。。不機嫌だと回避すべきリスクだと思ってる変種者という認識でおけ?? それともネゴシエーション大事という意味でのリスクマネージメントか?? まどっちであり得るかで、という留め置きで書き込み
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。