ぼくらが与えられないのは、欲しいものを「欲しい」と言っていないだけかもしれない

 あなたは欲しいものを「欲しい」と言えますか?

 たとえば給料を5万円上げて欲しいと思ったときに「5万円上げて欲しい」と言えるでしょうか?

 日本では「察する」「察してもらう」ことが美徳とされます。阿吽の呼吸。以心伝心。忖度する。空気を読む。それが美しいとされています。

 よって、自分から「こうして欲しい」「あれが欲しい」と言うことはみっともないことだ、という刷り込みがありそうです。

 ぼくは編集者という職業上、仕事ができる人、お金持ちの人に会う機会が多くあります。そうした人たちに共通することがあります。

・嫌なものを「嫌」と言う
・「これが欲しい」とハッキリ言う

 この2つの能力が秀でている、ということです。

 普通の人は、相手に気を使いすぎたり、忖度したり、怖がって口をつぐんでしまいます。そして結局欲しいものが手に入らず、飲み屋で「なんでうまくいかないんだろう」と愚痴ります

 日本人は「欲しいものを我慢する」「嫌なことを我慢してやる」のは得意だけれど、「欲しいものを欲しいという」「嫌なことはきっぱり断る」が苦手なのかもしれません。

「本田圭佑の右腕」と呼ばれた男

 先日、こんな方にお会いしました。

「本田圭佑の右腕」とも言われ、本田選手が買収したオーストリアのサッカークラブ「SVホルン」の社長もしていた神田康範さん。

 神田さんは、ブリヂストンスポーツやサニーサイドアップ、ホンダエスティーロなどを経て、現在は福岡のバスケットボールチームの経営をされています。スポーツマネジメントのプロフェッショナルです。

 神田さんはまわりから「交渉の鬼」と呼ばれているそうです。「これが欲しい」「あれが欲しい」「これをいくらにしてくれ」ということをものすごくハッキリと言うのだそうです。

「交渉術」と聞くと細かいテクニックや心理戦を思い浮かべますが、神田さんの場合は特にそういった小細工はしません。ハッキリと「何が欲しいのか」ということを伝える。下駄を履かず、向こうにも下駄を履かせず、ごくごく正直に話す。それが交渉を上手に進めるコツなんだそうです。

 神田さんにこんな話を聞きました。

 あるものが欲しいときに、中国人はまず半額で提示する。ヨーロッパの人は7割くらいで提示する。そして、日本人は……少し高めに提示する。

 たとえば1000円くらいの値打ちのものを「欲しい」と思ったとします。

 中国人は「500円で譲ってもらえないか?」と言います。
 ヨーロッパの人は「700円ほどで譲ってもらえないか?」と言います。
 一方、日本人は「1100円くらいでどうですか?」と言うらしいのです。

 笑い話のようですが、考えてみればたしかにその傾向はあるかもしれません。良く言えば「日本人の奥ゆかしさ」なのかもしれませんが、これだけ世界がつながる時代に、これでは世界と闘っていくのは難しそうです。

「早く内定を出してください」

 その神田さん。はじめての就職活動のときも、早く内定が欲しかったので「早く内定をください」と人事の人に申し出たそうです。すると本当に早く内定をもらえたと言います。キャリアアップするときも「これくらいの金額をいただけないなら、ぼくは御社には行きません」というような伝え方をするのだそうです。

 実はぼくらは、欲しいものを「欲しい」と言ってないだけなのではないか。ぼくはそう思いました。人は言わないとやっぱりわからないもの。「ぼくはこれを望んでいる」「あなたにこれをしてほしい」そう言わないとわからないのです。

 もちろん、ハッキリと「欲しい」と言うには、それなりの自信と実力が必要でしょう。実力のない人がただ「これをして欲しい」と言っても空虚に響くだけ。しかし、きちんと実力があり、自信があるのであれば、「こうしたい」と申し出ることは決して悪いことではないはずです。

 これだけ多様性があって、ひとびとの背景が異なり、先の見えない時代の中で、何も言わずして相手に自分をわかってもらい、察してもらい、欲しいものを先回りして与えてもらえるなどというのは、幻想に近いのではないでしょうか。逆に言えば、「これを欲しい」と言えさえすれば、案外手に入るような時代なのかもしれません。

_________________
↓↓元になったツイートはこちら↓↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

基本的にすべての記事は無料でご覧いただけます。もし有益だと思っていただけたらサポートいただけますと幸いです。「出版をアップデート」するための活動費(イベント代、取材費等)として大切に使わせていただきます。

ありがとうございます!よい一日を!
274

メンタルヘルスケア系記事まとめ

つらいときもいつでも見れる、更新されるwebおまもり。生きる上で励みになるような記事、こころのケアにつながるような記事を集めているマガジンです。 ご自身の状態にあわせて、無理なく読んでいただけたらうれしいです^^ マガジンに込めた思いはこちら👉 https://note...
6つのマガジンに含まれています

コメント5件

僕は上司に対してMac book Proが欲しいとメールを送っているのですが、「ダメ」と言われ続けています。そうか、口にしていないからダメなのかも。今度は口頭でお願いしていみます。
ブログでもツイッターでもいいからとにかく「自分はこうしたい」「自分はこうするんだ」みたいな願望を書いているだけで結構叶います
鰯十三さん> 本当ですよ。きちんと「欲しい、必要」と言い続ければ、なぜか思わぬところからやって来ます。 私は無職で、全く次のあてもありませんが、欲しい欲しいと言ってたら、「macbook pro , iphone6, ipad mini, nintendo switch」が、周囲の人から「もう使わないからあげる」と言われて、複数の人からいただきました。 ipadの時は、たまにしか合わないチームでお花見してて「昨日itouchをトイレに落として壊してしまって」って雑談してたら「私、使わないminiあるからあげますよ」って言われ、その日のうちにipadを譲渡してもらいました。 (続きます)
kunotanさん> ほんとにそれです。だからブログやってる人は、すごくお得ですよね。 そういえば私、1年くらい前についったーで「プレステ4欲しい」とか呟いてたの思い出しました。 つい最近、switchが無料で手に入りました。(すっかり忘れてた) どんぴしゃじゃなくても喜んでいると、さらに叶いやすくなりますよね。 誰も見てない、鍵アカウントのツイッターで呟いてもこの威力。 ザ・シークレットや、スピリチュアル母さん、借金2000万抱えた僕に宇宙のドSさんが〜などの引き寄せ系の本を読んで始めたのですが、この宇宙というのは、本当に「自分が投げかけたものが返ってきてる」だけの世界かもしれません。 だから、心や素直さ、ストレートな望みを持つことが大事なのではと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。