ブックライティングの取材では、この3方向から聞け

※この記事の内容は次世代の書き手育成を目指す「WORDS塾」の塾生に教えようと思っていることです。また、ちょっと専門的な内容でもあるので有料にさせていただきます。ご了承ください。

 ひとりの人物を著者にして1冊の本をライティングするとき、取材ではどんなことを聞けばいいのか?

 ぼくは以下の3方向から聞くようにしている。

この続きをみるには

この続き:1,000文字

ブックライティングの取材では、この3方向から聞け

竹村俊助/編集者

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

基本的にすべての記事は無料でご覧いただけます。もし有益だと思っていただけたらサポートいただけますと幸いです。「出版をアップデート」するための活動費(イベント代、取材費等)として大切に使わせていただきます。

ありがとうございます!よい一日を!
32

WORDSの文章教室

おもしろい文章、役立つ文章、読みやすい文章を書くにはどうすればいいのか? 10年間、本をつくってきた編集者が、そのコツとノウハウを惜しみなく披露します!!
2つのマガジンに含まれています

コメント1件

あまり会話が盛り上がらない人とコミュニケーションを取る上でも、この切り口は役立つと思いました。明日実家に行くので父との会話で早速試してみたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。