これからの書き手には「国語力」よりも「感情力」が必要だ

 学校の国語の授業で、こんな問題を解かされたことがあるだろう。

「下線部のときの主人公の気持ちを書きなさい」

 おもしろくもない小説を読まされて、主人公が思っていることを書かされる。そこで先生が用意したものと違う気持ちを書いてしまえば「✕」だ。主人公の気持ちには「答え」があって、それに合わせないといけない。

 ぼくらが国語の授業で習ってきたのは、こうして相手の気持ちを汲みとり、空気を読み、他人に合わせることだった。自分がどう思うかは関係ない。とにかく先生の用意している「答え」を探りあてることが重要だった。

 もしこれを「国語力」というのなら、これからの書き手にはあまり必要のない力かもしれない。もちろん、相手の気持ちを考えることは大切だし、文法などの基本的な国語力は必要だろう。

 ただ、みんなと同じような解釈をして、みんなと同じような整然としたアウトプットをするだけなら、人工知能でもできてしまう。

 もし、多くの人から一目置かれるような「おもしろい文章」を書きたいなら、書くことで注目度をアップさせたいと願うなら、そういった「国語力」よりも「感情力」のほうが大切だ。

 感情力とは、文字どおり「感情の力」だ。

「これ、めちゃめちゃすごいな!」
「あれ、ほんと素敵だよね!」
「この人、マジおもしろいね!」

 そう思える力。

「みんなはこう言うけど、俺はこう思う!」
「あれは私、スルーできない! おかしい!」

 そう思える力。

 感情力といっても、別にテンションは高くなくていい。「感情的」である必要もない。そうではなくて、人が何も感じないところで感じたり、人とは違うことを感じたりする力だ。これがきっと「おもしろい文章」につながるのだと思う。

「感情力」の高い人は、取材やインタビューにも熱が入る。熱が入っておもしろい質問ができれば、必然的におもしろい原稿になる。「取材のための取材」にならず、心の底から聞きたいことを聞けるようになり、それが読み手にもかならず伝わる。

 おもしろい文章は、内容がおもしろい。あたりまえだけれど。そのためにも「感情力」は必要だ、と思う。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

基本的にすべての記事は無料でご覧いただけます。もし有益だと思っていただけたらサポートいただけますと幸いです。「出版をアップデート」するための活動費(イベント代、取材費等)として大切に使わせていただきます。

ありがとうございます!よい一日を!
498

竹村俊助/編集者

編集・ライティングのWORDS代表。ダイヤモンド社を経て独立。『佐藤可士和の打ち合わせ』『ぼくらの仮説が世界をつくる』(佐渡島庸平)『段取りの教科書』(水野学)『メモの魔力』『ストロング本能』等の編集・ライティング。WEB時代の伝わる文章について研究してます。ポテトサラダが好き。

WORDSの文章教室

おもしろい文章、役立つ文章、読みやすい文章を書くにはどうすればいいのか? 10年間、本をつくってきた編集者が、そのコツとノウハウを惜しみなく披露します!!
11つ のマガジンに含まれています

コメント3件

少し反論。国語とは文法や言語の意味合いなど人の感情や心の深い分野を探れる学問であり。福沢諭吉先生も、言語というものに深い関心を示していた。なので、国語を感情と比較されるのは、国語に変な意味合いをつけてしまう「きっかけ」を作ってしまうので、そういう面でコメントで補足。人と感情を「評価」することと相対されれば尚良いと思いました。
仰る通りですが、何を書くのかによっても異なるかと。
例えば、新聞の事件記事の書き手(ライター)であれば極力私情を廃した文章が求められるでしょう。
小説では、ジャンルによって求められる要素が違います。文芸であればオリジナリティが必要ですが、娯楽小説、エンターテイメント性が必要なライトノベルなどは客商売で、とことん読者が求めているものを提供する必要があります。
「おもしろい」とは一体どういう文章を指して、おもしろいと仰っているのでしょうか。文芸のユーモア溢れる表現のことでしょうか、それとも興味深い技術や哲学、それとも奇想天外なエンタメ……?
具体的でない部分は引っ掛かるのですが、これからの時代、書き手に関わらず誰でも「常識に疑問を持ってスルーせずに考える力」は必要だと思います。それはどんな仕事にも役立つ力です。
長文失礼しました。
機械的知能に現役プログラマー時代に関わって居た物に取って感情も所詮、データの流れに過ぎ無いと考えて居ます?!個、個人の感情よりも人類全体の普遍的感情の方が我々には理解出来無い形で解析され利用される危惧も持っていると駄文・駄コメントを
感情を殺して載せました!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。