見出し画像

移民じゃなくてテクノロジーでしょ【人口減少問題】

日本は類を見ない大問題を抱えています。」

少子高齢化、人口減少・・

未曾有の問題です。


冗談抜きで貧困国となり、犯罪が多発するのは必至!

かつてのJAPANブランドは影を潜め、世界から見ると「貧困に苦しむ極東の島国」となるのも時間の問題。


人口減少は生産労働力を低下させます。この問題を解消するには2つの選択肢があります。

1、テクノロジーによる解消(ロボットによる自動化、AI)
2、移民を受け入れ労働力の確保


これに対し、日本政府は後者を選択しています。

しかし、労働内容が・・

超ブラック労働です(汗)


・・・・


この話はひとまず置いといて、移民受け入れについてどんな未来が想像できますか?

(メリット)
・労働力の確保
・グローバル化
・ダイバーシティの向上

(デメリット)
・現状の労働環境では不満や格差が生まれ、移民の犯罪が多発する
・労働力不足の解消

ん?


?

あれっ?


労働力不足が解消されるのにデメリット?

そうです。

労働力不足の解消が日本に悪影響をもたらします。・・って僕は思っています。


ポイントは・・ピンチはチャンス!のはず

問題があれば、それを克服するためにイノベーションを起こします。

つまり、一時的に労働力が確保され、問題が解消されるとイノベーションの芽を摘んでしまうのです。


ではどういうことか考えましょう。

労働力確保→一時的の労働力不足の解消→満足、安心・・・終わり


では労働力が確保できない場合は?

労働力不足→ピンチ!→対策は?→思考する→イノベーションが生まれる環境→テクノロジーによる克服


人が足りていたら問題は潜在化されます。

人が足りなかったら補うためにテクノロジーの開発が進むでしょう。


日本はダントツで少子高齢化・人口減少が起きています。しかし、先進国の中で日本と同じ問題を追随する国が多く見受けます。


テクノロジーによって少子高齢化・人口減少を解消したモデル大国となれば世界から注目されるし、お金も必然的に集まります。


ってなわけで、ピンチを逆手に取る発想力が政治家の皆様に必要なのです。

移民受け入れを否定するつもりは毛頭ありません。しかし、政府の皆様にもう少し思考していただきたいと思います。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様のお役に立てるnoteになれば幸いです。

あなたに幸福が訪れますように
10

心理クリエイター@サピエンスの創造note

進化心理学から見る人間の本性をツイートしています。人間の思考、認知、行動、性行為など進化心理学から説明できます。進化心理学を学んで人生の攻略を!サピエンスからの学び【1つの仕事で戦わない、1つの人生で生きようとしない】その他、雑記noteです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。