SNSで大切なのは「心の会話」

SNSのフォロワーは資産だ!フォロワーを増やす10の方法!

フォロワー○○人達成!フォロワー○万人目指します!

これらの言葉を目にした時、あなたの中にはどんな感情が生まれただろうか?

「SNSの世界にファッションバブルが起きている。」

僕はそんな感情を抱いた。

“目に見える魅力”と“心で見える魅力”

人間の魅力には2つのパターンがあると僕は思っている。

1つは「目に見える魅力」

1つは「心で見える魅力」

“目に見える魅力”というのは、服装や髪型などのいわゆるファッション的な面での魅力。

“心で見える魅力”というのは、優しさや強さといったいわゆる人間性と呼ばれる部分の魅力。

そして、SNS上で伝わりやすいのは“目に見える魅力”で、SNS上で伝わりにくいのが“心で見える魅力”だと思っている。

フォロワーを増やすためのテクニックというのは、自分を魅力的に見せるファッションのようなもの。服装の色使いや着こなし術とかモテる髪型とか。

外見的な魅力を増加させるファッションだけ磨いても人は惹かれない。もっと内面的な人間性こそが、人を本当に惹きつける魅力になるということを忘れてはいけない。

どちらか一方を重視せよといった極論を言いたいのではなく、どちらも大切な要素である。

しかし、外見の魅力だけ磨いたとろこで、いずれ内面的魅力を磨かなければ限界がくるということ。見た目でごまかせる範囲は限られているということ。そういったことを忘れて、とにかくオシャレな見た目を手に入れることだけに注目するより、内面的な魅力を磨く努力をする方が、結果的に手に入れたい姿が手に入るのではないかと思う。

現実世界では、多くの人が見た目だけで人を魅了することはできないことを知っているのに、SNSの世界になると、つい、ファッションばかりに気を使い、内面的な人間性を磨くことを忘れてしまいがちである。

そんな僕自身も、正直に言うと、つい最近まで“目に見える魅力”だけで人を見て生きていたと思う。そして、そんな自分自身を見て、心にポッカリと穴が空いたような感覚を覚えていた。

だからこそ、“心で見える魅力”の正体を知るために人に会うことにした。

40人の人生ストーリーを聞いてわかったこと

“心で見える魅力”の正体を知るために、人生ストーリーを図解する活動を始めた。1人あたり1時間〜2時間のインタビューをして、1人1人の人生ストーリーを40人に聞いた。

幼少期から現在までの出来事や感情の浮き沈み、今どんな想いで活動していて、どんな未来を目標に努力しているのか、その人の半生に向き合った。

努力が報われた瞬間を最高の笑顔で話してくれる人、涙ながらに過去の辛い経験を話してくれる人、未来の目標をキラキラした目で語ってくれる人。すべての人のストーリーがオリジナルで魅力的だった。

そして、その人の人生ストーリーを聞いた瞬間から、その人にファンになっている自分がいた。

「壮絶なつらい経験をし、人生のどん底を味わい、それでも周りの人に支えられ、人に感謝し、目標に向かって、こんな想いで頑張ってます。」

表情や温度感とともに、そんな話を聞いた瞬間に“心に触れられたような感覚”になる。

この感覚こそが“心で見える魅力”なんだと気づいた。数字とかテキストだけでは決して感じ取ることができない、“心に届く言葉”のようなものを感じる瞬間だった。

そして、人生ストーリーを聞いた瞬間から見える景色が変わる。

それまでは、参考になった内容や有益な内容しか目に入らなかった。つまり、“目に見える魅力”しか視野に入ってこなかった。

しかし、人生ストーリーを聞いた人が発信する内容はすべてに目が止まるようになった。

なぜなら、その背景にあるストーリーを知っているから。その言葉の裏にある葛藤や苦労がわかったから。その行動に込められている想いが見えるから。

もちろん他人の気持ちがすべてわかることは不可能だ。しかし、ほんのちょっとだけその人について深く理解できれば、見える景色が変わることを知った。

SNSの世界では、“目に見えるモノ”でついつい判断をしてしまいがちだ。しかし、人の本当の魅力や人間らしさというのは、SNSの世界ではなく、その人の半径5メートルに存在していることを身を持って知った。

40人にインタビューする中で、SNSのフォロワーは多くないけど、涙が出るほどに心を動かされた人にたくさん会ってきた。

その人たちは、間違いなく、目に見えるファッションではなく、心に届く感動を僕に届けてくれた。

ストーリーは“心の握手”

ストーリーが大切だ!とよく耳にする。そして、それは多くの人が身をもって知っているかもしれない。

ストーリーを聞くと、心から応援したくなるし、成功を本人と同じぐらい喜びたくなる。ストーリーにはそんな力がある。

ストーリーを聞くと、その人との間で心の会話が始まる。

※聞いた側の意見なので、話した側の人がどう思っているかはわからない

それは心で握手を交わすような感覚で、言葉を介さずして会話ができるようになる感覚。ストーリーを知るということは、心で握手をして繋がるということなんだなぁと感じる。

「傾聴元年」がやってくる

ファッションバブルが到来したSNSの世界では、自分自分の自分語りが増えている。そして他人の自分語りに疲弊している人も増えているように感じる。

みんな自分が1番だし、自分のことをわかって欲しいし、注目されたいし、理解してもらいたい。そこにウソはつけない。

SNSの発展により誰でも発信ができるようになった。自分の意見や考えを周りに届けることができるようになった。

その結果、SNSでは常に、誰かの“自分語り”を目にするようになった。そして、自分ももっと発信しよう、自分ももっとフォロワーを増やそう、そんな“自分主義”の循環が加速している。

そんな時代だからこそ、僕は、自分ばかりに目を向けるのをやめて、周りの人の声や発信を“傾聴”していこうと思う。

耳を傾け、その人の素敵な部分を見つけ、それを素直に伝えて、自分にも吸収するように生きていく。SNSには出ていないストーリーを通して、世の中や情報に触れて暮らして生きたいと思う。

1人1人と“心の握手”を交わすように...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ヤッター(^o^)ありがとうございます!
58

武内 宏伸

MY FAVORITE

素敵なクリエイターさんたちのノートの中で、特に気に入ったものをまとめています。
2つのマガジンに含まれています

コメント2件

はじめまして。最近ずっともやもやしていたことが、まさに武内さんの記事に書いてあって、なんだかほっとすると同時に元気づけられました。わたしも「心の握手」をキーワードに今年一年がんばろうと思います。
おまめさん、はじめまして。そう言っていただけて嬉しいです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。