個人の時代に参考にすべき「個のビジネスモデル」10選

世の中のことをわかりやすく図解で発信している、武内です。

これからの個人の時代にロールモデルとなる生き方をわかりやすく伝える「個のビジネスモデル図解 」を始めて、10人の生き方モデルを図解したのでまとめました。

1.堀江貴文さん

個のビジネスモデル図解をはじめようと考えた時に、まず頭に浮かんできた堀江さん。個の時代の生き方としてまさに、最強のモデルです。

特徴①:ファンベース

まず、Twitter、NewsPicks、Instagram、YouTube、オウンドメディア、Facebook(※Facebookは図に収めきれず。。)などの各種SNSにて、様々な層のフォロワーに向けて最適な形で情報を発信。そこから、更に濃い情報を求めている情報ファンにはメルマガ、一緒に何かを創り出したい共創ファンにはオンラインサロン、少人数でしっかり話したい熱狂ファンにはプレミアム鮨会、という仕組みで、ファンの熱量に応じて最適なコンテンツを提供しています。ファンのピラミッドを基盤にしたこのファンベースの仕組みは圧巻です。

特徴②:参加型

ユーザー参加型というのも素晴らしい仕組みです。Twitterでは、フォロワーが@でツイートした著書や動画や記事などの感想や学びをリツイートすることで、それがレビューとなるような仕組みになっています。また、一方通行的な情報発信に見えるメルマガでも、購読者からの質問に答えるというコーナーがあり、双方向的なコンテンツとなっています。そして、多くの会員数を誇るオンラインサロンでは、サロン発のプロジェクトがいくつも立ち上がったり、ゲストとのトークから生まれるプロジェクトがあったりと、まさに参加型の場が醸成されています。

その他にも、グルメアプリのTERIYAKIや予防医療普及委員会、Jリーグのアドバイザー、宇宙事業など、様々なプロジェクトに携わっており、堀江さんの生き方モデルは、1枚の図で収めることなんてできませんでした(笑)。

2.田端信太郎さん

続いて、会社員として働きながら個人としても様々な価値を提供するブランド人、田端さん。

特徴①:波乗り会社員

転職するだけで話題になる田端さんは、今回のZOZOで6社目。常に世の中の波を読み、大きなビックウェーブが来るであろう場所に、波乗りサーファーのごとく華麗に波を乗りこなす生き方は、まさに会社員として生きる人のお手本となる存在です。それぞれの会社で自分自身が提供できる価値を最大限に提供し、会社の成長に大きく貢献するからこそ、新しい会社からもオファーが舞い込んで来るという生き方は、これからの時代の働き方として、多くの人が目標にしたい姿だと思います。

特徴②:ブランド人

そして、田端さんの真骨頂とも言えるのが、個人としての活動。Twitterを中心に価値ある情報を発信し、多くのファンが田端さんの情報発信を楽しみにしています。多くの人の心を掴む人気者として、トークイベントやコンテンツ配信のオファーが来たり、著書を出版したり、オンラインサロンを立ち上げたりと、会社員としてではなく個人としても様々なマネタイズができる生き方はまさに、ブランド人。会社員×ブランド人という田端さんの生き方は、これからの個人の時代に多くの人が参考にすべき生き方になりそうです。

3.るってぃさん

3人目は、フリーランスとしてこれからの時代の新しい生き方を実践している、プロ無職るってぃさん。

特徴①:ノマド多動力

会社員として働きながらAirbnbブログ「エアログ」を立ち上げ、その後フリーランスとして独立したるってぃさん。クラウドファンディング でスマホ1台旅100人取材プロジェクトなどを立ち上げたり、個人に年間スポンサーがついたり、貯金を全部使い切る企画をやったりと、みんながあっと驚く多動力と企画力で、新しい取り組みを次から次へと実践。また、持ち物を最低限に抑えて生きるミニマリストで、国内海外問わず、多くの場所に旅をして価値観や考え方を常にアップデートしています。このノマド多動力という生き方こそ、新しいアイディアが生まれる最高の方法かもしれません。

特徴②:循環型サロン

るってぃさんは情報発信の仕組みがまた素晴らしいです。Twitterは140文字のテキスト、反応が良い投稿はブログで深掘り、ビジュアルで見せたい時はInstagram、内容をしっかり伝えたい時はYouTube、といったように、1つの体験を各SNSの特性に合わせて発信。また、オンラインサロンも立ち上げ、そこではサロン会員に仕事を発注し、そのコンテンツをブログやTwitterで発信することで、サロン会員と共に成長していく仕組みを構築。仕事を外注化することで自身が活動できる時間を作り、その時間で新たな価値を生み出してサロン会員に更なる活躍の機会を提供するといった流れです。この循環型サロンは、オンラインサロンの理想形になっていく気がします。

個人的にるってぃさんのTwitterでの情報発信が大好きです。まだフォローされてない方はぜひこれを機会にフォローをオススメします!

4.最所あさみさん

続いて、会社員→フリーランス→会社員という、これからの時代に増えていきそうな生き方モデル、最所さん。

特徴①:自分の夢

最所さんが素敵なのは、「世界一の店舗メディアを作る」という人生において成し遂げたい目標が明確にあるところです。自分の夢が明確にあれば、必要な知識や経験も明確になり、身を置く環境も定まります。だからこそ、夢を実現するための道筋として、会社員→フリーランス→会社員という働き方を選択されているのだと思います。夢へのルートと、必要な環境を考えて、最適な場所へ身を移していくという生き方は、これから多くの人が辿っていく道筋になりそうな気がします。その生き方をいち早く実践している最所さんの生き方モデルはとても先進的だなと思います。

特徴②:思想のブランド化

最所さんと言えば、個人的にも大ファンなnoteでの情報発信です。人の気持ちを代弁する力がハンパないなといつも感じる最所さんのnoteは、本当に多くの経験と、思いやりの心で創られているなと感じます。その価値観や世の中の捉え方は、最所さんだからこそ生まれている価値で、多くの人がファンとなっているのは、まさに思想がブランド化されている状態だと思います。そして、note月額マガジンの「新・小売概論」と、noteを軸にした参加型オンラインサロン「店舗メディアの作り方」というコンテンツにより、同じ価値観の人や同じ未来を作りたい人たちと共に学んでいく場を創出し、夢へ邁進する姿は、個人的にも参考にしたい生き方です。

最所さん考案の「過去の偉人の図解」にもチャレンジしてみたいと思います!

5.プロ奢ラレヤーさん

5人目は、多くの人が心の奥に抱いていた新しい価値観で生きる、プロ奢ラレヤーさん。

特徴①:コストゼロ化

プロ奢ラレヤーさんと言えば、名前にも現れているように「奢られる」こと。Twitterで奢ってくれる人や泊めてくれる人を募ると、奢りたい人や泊めたい人から声がかかり、食費と居住費の多くを奢られることでゼロに近づけています。その他にも、月額スポンサーを入札形式で募集したり、海外などに移動する際の移動費を投げ銭で募集したりと、生活にかかる基本的なコストを、奢られるという方法で得られる仕組みを構築しています。これは、この人に奢りたい、この人と会ってみたいという価値を創出しているからこそ成せる方法で、会いたいと思われる、人としての価値こそがプロ奢ラレヤーさんのブランドになっています。

特徴②:価値観の発信

多くの人から奢りたいと思われるブランド力は、Twitterを中心に発信している価値観にファンがついているからだと思います。現代社会の歪み、多くの人が声をあげられずに抱いている不安、そういったことに疑問を投げかける発信は、多くの人が求めていた、これからの社会に適した新しい価値観なのかもしれません。noteの月額マガジンでオンラインサロンのようなコミュニティも立ち上げ、クローズドな情報発信により、密度の濃い価値観ファンとの接点を強化していく展開に更にワクワクします。

6.塩谷舞さん

続いては、これからの時代に求められるWebの価値とは何かを教えてくれる、塩谷さん。

特徴①:SNSのプロ

幼少期に家にやってきたパソコンでインターネットと出会い、学生時代からあらゆるSNSを使いこなし、インターネットとSNSと生きてきた塩谷さん。その経験こそが、現在の塩谷さんを醸成しているような気がします。美大時代に「素晴らし才能を世の中にPRしたい」という想いから創刊したフリーマガジンが、現在の活動の原点になっています。フリーランスとして多種多様な仕事に携わりながら、才能ある人がより輝くスターになれるようにという想いで、インターネットやSNSをフル活用。Facebookグループを活用したアシスタントの仕組みも特徴的で、個の時代の働き方として、マネすべき理想的なカタチを構築しています。

特徴②:価値観メディア

圧倒的なスターがいれば憧れる人が生まれそこに文化が生まれる。その理念の元、オピニオンメディア「milieu」の運営や、noteの月額マガジンを発刊。そこでは、単にバズを生むのではなく読む人の心に残る情報発信をテーマにされています。僕自身、塩谷さんと言えばバズを生むのが上手な方というイメージを勝手に抱いていたのですが、才能ある人を輝かせたい、多くの人が憧れに向かって生きる文化を生みたい、そんな想いを初めて知り、何か心打たれるものがありました。

幼少期に出会った1台のパソコン。その魔法の箱は、塩谷さんによって、こんなにも多くの人を輝かせられる物になる。インターネットとは、SNSとは、使う人の想いが詰まった、まさに魔法の道具なんだと感じました。塩谷さんのコンテンツに込められた想いを知り、心が揺れ動き、僕は初めて人の生き様に涙を流しました。塩谷さんの生き様には、これからのインターネットの在り方が詰まっているような気がします。

塩谷さんに感動していただいて、感動!!!

7.箕輪厚介さん

続いては、圧倒的な勢いで、本というコンテンツ、編集者という生き方をアップデートし続ける、箕輪さん。

特徴①:編集者2.0

幻冬舎の社員として活躍しながら、個人としてもオンラインサロンを立ち上げ、会社員×個人活動という生き方のお手本とされる箕輪さん。NewsPicksとコラボして立ち上げたNewsPicksBookでは、本にコミュニティを掛け合わせることで、本の新しい流通形態を確立。また、Twitterでは多くのフォロワーを抱え、インフルエンス力を持った編集者となることで、これからの編集者としての在り方をアップデートされています。出版不況とも言われるこの時代に、箕輪さんが編集した本が爆発的に売れるのは、まさに箕輪さんの生き方に多くのヒントが詰まっているように思います。

特徴②:Co-Community

箕輪さんの運営するオンラインサロン、箕輪編集室。そこは、活躍できる人が創出される場になっています。箕輪編集室・公式noteでは、ライターさんに活躍の場を提供しています。また、箕輪さんが広告塔となって、企業などからサロンに動画制作などの仕事が舞い込んできます。それをサロン会員と一緒になって作り上げていくことで、ハイクオリティのコンテンツを創出し、そこに携わったサロン会員は、スキルの向上とともに、自身のブランドを高めることができる仕組みです。オンラインサロンを通じて、活躍できる人材になっていく。共に創り、共に成長していく。オンラインサロンが盛り上がっていく時代、箕輪編集室という共創の場は、多くの人たちが必要とする場になっていく未来が見えます。

8.前澤友作さん

続いて、その生き様が多くの人の心を動かし、感動を届けてくれる、前澤さん。

特徴①:好きの追求

前澤さんは、学生時代に大好きなバンド活動に熱中してメジャデビューを果たします。その後、海外で購入した好きなCDやレコードを日本でカタログ販売し始めたことが、今のZOZOTOWNの原型となっています。幼い頃から好きなことに時間もお金もかけてきたと言われていて、まさに、好きの追求こそが人生を豊かにしているんだなと感じます。前澤さんが好きを追求する背景にあるのは「今の自分の限界までお金を使うことが明日の自分の成長につながる」という考えで、この考えに沿って常に自分自身を成長させて生きる姿は、最高にカッコいいです。

特徴②:世界基準思考

前澤さんのテーマは「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を」です。全ての言動はここに通じていて、世界平和のために邁進する生き様は本当に心を動かされます。経営されている会社にも、お金を使う対象にも、個人で発信するSNSにも、世界をよりよくしたい、関わる人を笑顔にしたい、という想いが込められているからこそ、前澤さんの生き様に感動する人が多いんだなと思います。大きなビジョンを持ち、世界基準の視点で世の中を見て、自分の好きなことで提供できる価値を考える。そんな生き方をしたい人たちの目標となり、今日も前澤さんの周りには多くの笑顔を生まれているんだろうなぁ。

9.あんちゃさん

9人目は、フリーランスとして活躍し、みんなの心の奥にある気持ちの代弁者、あんちゃさん。

特徴①:フリーランス

現在はフリーランスとして活躍するあんちゃさんですが、新卒から2年間は会社員として働かれていました。会社員として働きながら独立へ向けた活動を始めて、ブログ開始3ヶ月、収益5万円の状態でフリーランスとして独立。状況が整っていなくても自分の殻を破るチャレンジをする生き方は本当に見習うべき姿勢だなと思います。メインで運営する「まじまじぱーてぃー」というブログの他にも、noteで情報発信をしたり、著書を出版したり、個人にスポンサーがついたり、オンラインサロンを立ち上げたりと、フリーランスとしての活動の幅をどんどんと広げて、ブロガーにとどまらない生き方を確立されています。

特徴②:価値観の代弁者

あんちゃさんの発信する情報は、多くの人の心の奥にある気持ち、本当は言いたいけど言いにくいことを代弁してくれる、そんなところがあるなと感じます。そんな情報を発信できるのは、自分自身の葛藤や気持ちと向き合い、自分なりの考えを持って行動しているからこそだと思います。色んな思いに揺られながら、自分で経験したことというのはやはり説得力が圧倒的に高まります。あんちゃさんの発信に集まる共感の声を見ていると、心からの感謝の気持ちや、感情のこもった想いが多いのを感じます。価値観が多様化していくこれからの社会において、あんちゃさんの生き方は、多くの人の救いとなるような存在になっていく気がします。

あんちゃさんにも喜んでいただいて、図解冥利に尽きます!!

10.はあちゅうさん

10人目は、人生をまるごとコンテンツ化し、既存の肩書きに捉われない生き方を実践されている、はあちゅうさん。

特徴①:人生コンテンツ化

はあちゅうさんは、まだブログ黎明期だった大学時代にブログを始め、女性大生カリスマブロガーとして一躍有名になりました。その後、会社員として2社での経験を経て、現在はフリーランスとして、「人生を全部コンテンツにする」をテーマに、自分を仕事にする生き方を実践されています。自身をコンテンツにすべく、日々の活動から生まれた学びや体験などを、あらゆるSNSやブログなどを使ってコンテンツとして発信。人生をコンテンツにするという意識を持つと、日々の活動が消費ではなく生産に変わるということを教えてくれています。

特徴②:肩書き2.0

はあちゅうさんの魅力は、従来の価値観や考え方に捉われず、常に新しいカタチを模索していく姿だと思います。ネット時代の作家としての稼ぎ方や在り方を自分自身で模索しながらも、自分を仕事できる人や好きなことで生きていける人を増やしたいという想いから、オンラインサロンを立ち上げたり、著書を出版したり、noteで月額マガジンを発刊したりしています。自身が一歩踏み出す挑戦をしたからこそ得られた経験や知識を、世の中に発信することで、多くの人たちの道しるべとして輝く姿は、まさにこれからの個の時代を牽引する存在であると感じます。



以上、10人の生き方モデルでした。

働き方や生き方が多様化していくこれからの社会。個の時代に向けて、個人としてどう働いていくのか、どう生きていくのか、そのヒントとなる何かが作れないかとずっと考えていました。インフルエンサーというロールモデルとなる人はいるけど、その生き方をもっとわかりやすくできる方法はないかと思い、個のビジネスモデル図解という方法にたどり着きました。

今回noteにまとめた10人の方々については、様々な記事やSNSでの発信を参照元として図解させていただきました。情報に相違がないよう注意して作成してますが、もし間違った情報や不備などありましたら、教えていただけると幸いです。しっかりと訂正させていただきます。

また、図解で表現するとどうしても仕組みをパッと見て判断してしまいがちですが、今回図解してみて分かったのは、図解では表せないその人の想いや行動こそが何よりも大切であるということです。仕組み部分はあくまでも目指すべきカタチとして、ぜひ、10人の方々それぞれの、行動や込められた想いの部分を辿って参考にしてみて下さい。


今後も引き続き、Twitterで色んな生き方を#個のビジネスモデル図解で発信していきたいと思います。

Twitterアカウントはこちら

こんなおもしろい生き方している人がいる!この人の生き方はもっと世に広まって欲しい!この人こそ個の時代のロールモデルだ!などあれば、ぜひぜひ教えていただけると嬉しいです!

#個のビジネスモデル図解のPDFダウンロードはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ヤッター(^o^)ありがとうございます!
259

武内 宏伸

#図解 記事まとめ

note内にあるよい図解記事をまとめます。 主に #図解 のついた記事を巡回して追加していきます。図が主役の記事がメインです。
6つのマガジンに含まれています

コメント6件

人の図解初めてみたので面白かったです!
読んでいただきありがとうございます!
素晴らしすぎて泣ける。本何冊か読んでるぐらいの情報量をひと目で出来るってすごいです。ありがとうございます!
嬉しいです。ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。