そこにしか存在し得ない究極の空間体験とその価値-レヴィストロース「野生の思考」をヒントに

現在進めているプロジェクトにKURA COCOLONOという体験型ギャラリーが存在します。

http://cocolono.com/kuracocolono/


このギャラリーは山梨県の過疎地にあり、住所は「非公開」としています。ここへ行きたいという方は連絡をいただだき、指定の場所に来ていただけるとお迎えに上がります。インターネットで多くの物が買えてしまう時代、これから自動運転などが実装されることを想定し、日本に「行きたくても人を通さないと行けない場所」を創造したいと考えました。

 

そしてこのギャラリーではこの地域の木材などを燃料にして陶器を焼く「移動可能な陶芸窯体験」などができ、ここでしか体験できないコンテンツも準備しています。

 

「ここでしか体験できない」

 

これがこれからとても重要なセンテンスになると考えてきました。

 

その中でここでしか体験できない空間を創造したいと考え、レヴィストロース 野生の思考をヒントに空間をデザインしました。

 

簡単に説明すると、この地域やこの場所でしか取得できない(大量生産も含む)素材などで空間をデザインし文化を作るということを目指しました。

 

このギャラリーは蔵のリノベーション案件で、使い手が残した建築建材や地域の方々の支援、その地域で取れた素材など「この場所でしか」に究極にこだわってギャラリーを作りました。

蔵の持ち主だった方が残した敷石

メンバーで丁寧に洗う

お客様の待合場で利用

庭にあった石

ギャラリー内部に周辺の風景を作る

地域の方々のご協力で地元の砂利をもらう

泥棒対策と周辺風景の表現

ギャラリー周辺には富士山や田んぼの風景があります

パーティションとしての風景

ギャラリーKURA COCOLONOの全体像(奥に作品収蔵庫があります)

空間デザインの仕事をしているどうしてもカタログを出してきて大量生産された建築建材を選びその組み合わせでデザインをしてしまいがちです。

 

でもそうではなく、その地域、その場所、その人たち、その空間でしか作ることのできない建築だからこそ「そこにしか存在し得ない究極の空間体験」ができるのだと考えています。

KURA COCOLONO体験をご希望の方はご連絡お待ちしております。

連絡先:kuracocolono@gmail.com

TAKEHANAKE design studio

竹鼻良文

twitter

https://twitter.com/masaka114?lang=ja

TAKEHANAKE DESIGN STUDIO

http://takehanake.com/

KURA COCOLONO

http://cocolono.com/kuracocolono/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。もしよろしければサポートを検討された金額の半分をご自分の大切な方へお使いください。サポート金額と共にお気持ちを受け取らせていただきます。

ありがとうございます!素直に嬉しいです!
9

少し先の未来のためになる記事集

これからの時代を生き抜く時に価値となる記事集です。
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。