わざわざ

#わざわざのパンを食べる会 に参加してみた個人的な感想


昨日、わざわざの平田はる香さんが登壇された#わざわざのパンを食べる会に参加してきました。

わざわざと平田はる香さんについては以下の記事をお読みください(もう知ってるよ!という方も多いと思いますが、一応貼っておきます)。

多分、参加者の方々がたくさん記事を書かれていると思うので、僕は講演の内容に関しては割愛させていただきます。


では何を書くのか。それは僕が話を聞いている時にずっと感じようとしていた

「平田さんにとってのわざわざ」


についてです。

ここを知ることで「自分にとっての〇〇」を成功させる一歩になるのではと考えました。

お話を聞いている途中からそう思い始めて、僕は写真を撮ったりデータを見て参考にするよりも、平田さんがわざわざを平田さん自身のどのような位置に置いて人生を歩んでおられるのかを注視するようにしました。


平田さんはわざわざについてのお話の他に「死ぬ時は一人」というお話や「旦那様もお子様とも最後は別々に生活することを望んでいる」というお話をされていました。

一見冷たく感じるような話かもしれませんが、僕はとても理解ができました。僕も妻に

「ハウスレスな生き方がしたいから、一人で外で生活するのが夢」

と言って顰蹙(ひんしゅく)を買ったことがあります(笑)

でも今もその夢は夢として心の中にあります。


それは妻や子どもが嫌なわけではなく、自分が見ている世界に没頭したい感覚なのかもしれません(平田さんは違うかもしれません)。うまくは説明できませんが。


そして僕も都内に住みながらですが、山梨県北杜市の「とある場所」にある体験型のデザインギャラリーKURA COCOLONOを運営しています。

まさに過疎地にあって、今年の5月にオープンしました。

そんな自分の状況で聞いた平田さんのお話は学ぶことが多く、やはり成功するまでの努力やスタッフさんとの「思い」の共有の苦労など、僕には計り知れないお話ばかりでした。


そして僕がお話を伺っている中で一番感じたことは「わざわざは平田さんにとって心の居場所である」ということでした。

しかも長年かけて、ギリギリの投資もしながら作り上げてきた心の居場所であるわざわざを本当に愛されていて、平田さん自身がとても愛されているからこそマスに当たるテレビの取材も受けないし、わざわざの仕事に関しての「思い」をスタッフやお客様と共有するための「わざわざの働きかた」という本も作ってしまうのだと感じました。


平田さんは「わざわざを誰にも汚されたくない」と強く思っていらっしゃるのではないか。

それはアーティストが作品を作ること、建築家が家を設計することと同等だと感じ、とても共感できました。

そしてこの強い思いが、仲間(スタッフ)を呼び、その愛に共感するお客様が集まっているのではないでしょうか。

僕はずっと平田さんは厳しく、怖い人だと思っていました。でも本当に穏やかな方で、一気にファンになるような人を引き込む力もあって、平田さんがわざわざに持つ「愛」の仲間になりたいと自然に思うようになりました。


そして平田さんの凄さはその「愛」を個人的なものにしておかないところです。やはり人気の店舗は一人で切り盛りできるものではありませんし、わざわざの売り上げをキープするにはスタッフの存在も欠かせません。

先ほど書いた「わざわざの働きかた」だって、スタッフへの指導だって、「愛」に共感するための「仕組み」なのだと思います。

その仕組みが理解できない人は

なのだと思いました。


僕がオーナーを務めるKURA COCOLONOでは「東京ディズニーランド理論」と独自に呼んでいるマーケティング手法や仲間集めには「ワンピース方式」などの手法を独自で考えて実践しています。

東京ディズニーランド理論は、なぜ東京ディズニーランドでは猟奇殺人が起きないのか(クレームだらけのお客様が目につかないのか)、ワンピース方式ではどんどん仲間を募るのではなく、わざわざでいえば「愛」を共有できる人だけを集めるという方法論です。


そんな独自の思考を持ちながら聞かせていただいた平田さんのマーケティングやスタッフ集めは、誰かの真似でも、本からの引用でもなく、独自の試行錯誤から生まれたもので、僕にとって本当に価値のあるお話でした。


本当にお話の節々で学ぶことと共感できる(勝手にです)ことが多く、本当に素晴らしい時間となりました。


そして、パンが本当に美味しかったです!!


グッチさん、ミヤザキさん、うすいさん、mayuko kawawotoさん、ありがとうございました!!


そして平田はる香さん、本当ありがとうございました!!


竹鼻良文/TAKEHANAKE代表

TAKEHANAKE design studio HP

TAKEHANAKE BRAND


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。もしよろしければサポートを検討された金額の半分をご自分の大切な方へお使いください。サポート金額と共にお気持ちを受け取らせていただきます。

ありがとうございます!素直に嬉しいです!
19

竹鼻良文 / TAKEHANAKE

スペキュラティブデザイナー・フューチャリスト(未来予測)・建築家等/note関連イベント企画多数/note酒場立ち上げ/TAKEHANAKE/SHELF/KURA COCOLONO/LEXUS DESIGN AWARD 2017・U-35建築家展等/主夫

note系記事

僕のnote体験記です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。