見出し画像

あれから10年後の夏 #あの夏に乾杯


「暑いね〜」

「うん、暑い」

「地球温暖化ですかね」

「かもしれませんね」


僕たちが初めてnote合宿をやってからもう10年が経つ。一年に一回やってきたこの企画ももう10回目を迎えたのだ。

当時の参加メンバーは8人だったけれど、今や50人を超える参加者の取りまとめをやってくれているNさんは今や登山家としても知名度を上げ、登山を題材にした漫画が出版されることになっていて、noteproからもスポンサーが生まれたことも話題になっている。第一回から取りまとめ役をやってくださっていることに感謝しかない。

出版といえばSさんもだ。当時note毎日投稿450日目くらいの時に、初めてのnote合宿に参加され、夜な夜な喋っていた記憶がある。彼女とは今も大の仲良しで、出版に関して色々相談を受けさせてもらった。漫画のシナリオライターとしても活躍中の彼女。あの頃と変わらない笑顔は僕たちをあの夏に引き戻してくれる貴重な存在だ。


今僕の横で両手にアイスクリームを持って、アイスクリームよりも早く溶けてしまいそうな雰囲気を出しているBさんもまたライターとして成功を収めている。ライター以外にも実際に色々な企画に挑戦し、ライター+企画ディレクターといえば彼と言われるほどになっている。ちなみにライターは取材からだけではなく、自分で何かを企画した後に記事にするという時代になっているのは10年前では考えられないことだった。まさに彼の功績の1つだろう。


「おーい!!みんな待ってるよー!」


僕たちを呼んだのはイラストレーターでもあり、癒しの力は衰えることを知らないYさん。お仕事についてはあまり話すことはないけれど、関西に住みながら今もnote合宿には毎年参加しているみたいだ。僕は個人的にYさんの鋭い物の見方が大好きで、何かに悩んだからメールで相談するようになったのはいつからだろうか。たまに書いてくれる似顔絵は、良い意味で歳を取ったことを実感させてくれる。そして10年前のnote合宿の感想から生まれた答えを実践しているYさんを僕は尊敬している。



「あれ?またどこかに行っちゃって見当たらないよー」


Yさんを困らせているのは、職人イラストレーターという職業を確立したD・Yさん。渋さを武器に彼にしか出せないオリジナリティのある絵は、今や世界も注目する作品となっている。僕も3年前に一枚の絵を購入させてもらったのだが、今や2倍の値がついている。また買おうかな(笑)

Yさんへの提案を記事にしたら日本経済新聞×note企画に入選したのも良い思い出だ。


D・Yさんの奥様Yさんももう12冊もの本を出版されている。山での体験を元に出された初出版の本からもう10年が経つ。D・Yさんとのコラボレーションは今も健在で、出る本出る本が話題となり、僕もファン歴10年になった。彼女の考える生き方には学ぶことが多すぎて、今もたまに家に呼んでいただき、これからの人生ついて議論を楽しむことがある。


あ、一番の大物はSさんかな。あの頃小説を書くと宣言してnoteを離れた時期にnote合宿が開催されたと記憶している。彼女の小説は今や本屋さんのおすすめ棚を独占するほどになっている。いつも本屋さんに行くたびに「この人と友達なんだ」と自慢させてもらっている。毎回note合宿にでかい袋に入ったうまい棒を持ってくるし、夜になると「朝顔に水をやる」と行って一旦帰る習慣は変わっていないようだ。


僕はといえば...実は日本に帰ってくるのは久しぶりだった。note合宿にも久しぶりに参加する。それでもみんな相変わらず優しく「この椅子どうぞ」的に僕を受け入れてくれるものだから、甘えてこうやって記念すべき10回目のnote合宿に参加している。第一回と何も変わっていない。


相変わらずしゃべり続けるBさんとSさん。気がついたらいなくなっているD・Yさん。イラストを書いては見せてくれるYさん。次の出版に向けて内容をノートに書いているYさん。笑顔で僕に話しかけてくれるSさん。寝ているのに誰にもいじられないNさん。


あの時と何も変わらないじゃないか。

あの日に戻ったみたいじゃないか。

あの日、僕たちは確かにここにいた。


「ねえ、何か言いたそうだね」

「え?」

「だって半笑いでこっちを見てるからさ」

「ん〜そうだね」

「なんて言いたいの?」

「・・・」

「・・・・」

「・・・・・・」

「あの夏に乾杯・・・かな」


「(笑)」


ここまで読んでいただきありがとうございます!ツイッターにも色々な思考や情報を掲載していますので、ぜひフォローしてみてください!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


竹鼻良文/TAKEHANAKE

SHELF


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。もしよろしければサポートを検討された金額の半分をご自分の大切な方へお使いください。サポート金額と共にお気持ちを受け取らせていただきます。

ありがとうございます!素直に嬉しいです!
46

竹鼻良文 / TAKEHANAKE

スペキュラティブデザイナー・フューチャリスト(未来予測)・建築家等/note関連イベント企画多数/note酒場立ち上げ/TAKEHANAKE/SHELF/KURA COCOLONO/LEXUS DESIGN AWARD 2017・U-35建築家展等/主夫

note系記事

僕のnote体験記です。
3つ のマガジンに含まれています

コメント2件

素敵ですね。もう10年経ったのですね。私はずっとみてたけど参加したかったけど出来なかった。皆さんが、羽ばたいていって、輝いていって、羨ましかった…。
11年目にはご参加ください^_^参加すると夢が叶うとか叶わないとか...。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。