何もしなければ0だった


noteを書き始めて1年2ヶ月。

noteを始めたことによって多くの人と出会い、たくさんの機会に恵まれ、今では記事は300を超え、音声での記事にも挑戦するようになりました。


noteをきっかけに出会ったクリエイターなどと共に未来に向かってのプロジェクト「SHELF」もスタートし、2019年もまた挑戦の日々が続いています。


そして第二回が予定されているnote酒場にも中心メンバーとして関わらせていただき、空間デザインや現場管理、企画などの責任者としての立場でnoteらしさを楽しんでいます。


そして定期的に呑みに行くnote友達もできました。


noteを始めた2018年2月、僕は情報発信という観点に重きを置いておらず、ツイッターのフォロワー数も建築関係者(学生)が多く、400にも満たなかったと記憶しています。noteのフォロワーも当たり前に0でした。

昨日、そんな僕のnoteのフォロワーが10000を超えました。

フォロワーの数字が重要だという話ではありません。noteを始めたことによって、僕の人生はより豊かになり、仲間が増え、ワクワクするようなことが起こったのです。


そう、あの日、noteを書き始めなければ起こらなかったことなのです。


確かに良いことだけが起こったわけではありません。しかし、何か行動を起こすこと、そして続けることの重要性をnoteは教えてくれました。10000という数は私の個人的な価値です。


これからも挑戦の日々が続きますが、noteの力を借りながら諦めずに精進したいと考えています。


twiterは以下のURLです。

SHELFのnote


このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。もしよろしければサポートを検討された金額の半分をご自分の大切な方へお使いください。サポート金額と共にお気持ちを受け取らせていただきます。

ありがとうございます!素直に嬉しいです!
25

note系記事

僕のnote体験記です。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。