直線縫いだけで出来る!ランチマットの作り方

直線縫いさえできればランチマットが作れます。

ランチマットが作れると、ほかのアイテムにも応用ができます。

幼稚園や保育園などで使う機会もあるランチマット

シンプルな長方形の1枚の布でも、使う布で随分印象も違います。

シンプルランチマットの作り方をご紹介します。

ミシンで縫ってますが、手縫いでももちろんできます。

手縫いの時の直線縫いの縫い方は動画でもご紹介しています。


基本のランチマットの縫い方

1. 布を裁断する。

出来上がりサイズ25㎝×35㎝のランチマットを作ります。

4辺それぞれに、2㎝ずつの縫代を付けるので、29㎝×39㎝の長方形を裁断します。


2. 4辺にアイロンをかけて折り目を付ける。

4辺それぞれに2㎝の縫代を付けているので、出来上がり線に合わせて2㎝折り目をつけます。

3. 角を三角にカットする。

角を三角形にカットします。(※わかりやすいように線を書いています)

カットしないと、縫い代が何重にも重なり厚みが出てしまいます。

4. 最初の1辺を三つ折りにする。

どの辺から始まっても構いません。三つ折りにしてピンで留めたり、しつけ縫いをしておきます。


5. 角を三角に折りこむ。

三つ折りにした最初の辺の両角を、三角形に折りこんでおきます。

6. 次の辺を三つ折りにする。

最初の辺と同じように三つ折りにして、ピンで留めたり、しつけ縫いをしておきます。

次の辺も「5」と同じように角を三角に折りこみ、三つ折りにします。

4辺全て上記の作業を繰り返します。

上の写真は4辺全て三つ折りにしてピンで留めたところです。


7. 三つ折りにしたところを直線縫いで縫っていく。

ミシンで縫っていますが、手縫いでももちろんできます。

角は端まで縫わずに、続けて縫っても大丈夫です。

ほつれてくることはありません。


8. 完成


角の縫い方別バージョン

4角の三角形を先に折りこんでから、4辺を三つ折りにする方法もあります。

この方法で、4角を続けて縫った場合、角に隙間ができます。


縫い代が出てくることはほぼありませんが、1辺ずつ端まで縫って、4辺を一回づつ縫う方と縫い代がしっかりと固定されます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わたしもスキ♥
1

たけくま

好奇心旺盛な静かに熱いおちょこちょいなサザエさんたけくまです。 アパレルメーカーのデザイナーを経てハンドメイドサイトを運営。 公式ブログはこちら⇒http://takekomiku.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。