縫い代の処理~袋縫いの縫い方篇

前回「端っこの処理の仕方」を更新したので、今回は「袋縫いの縫い方」を紹介します。

いや~。本当にのろのろと進んでおります。

牛歩ってやつ。

どうしたらわかりやすく伝えられるんだろう??と試行錯誤中なり。

感想などいただけると参考になるので、お待ちしてます♪

では、さっそく・・・

<袋縫いとは?>

縫い代の端の部分を「袋状」に内側に織りこんで、端を処理する方法です。

上の写真では「袋縫い」の成り立ちがわかりやすいように、縫っていない状態ですが、実際は「袋」になる部分を先に縫い、そのあとに出来上がり線を縫います。

<縫い代>

縫い代は通常よりも多めに付けます。出来上がり線から10㎜位のところに袋になる線。そして袋になる線からさらに5㎜位の縫い代をつけます。(合計15㎜位の縫い代をつけて布を断ちます)


<1本目を縫う>

裏通しを内側に合わせ(中裏)、縫い代として用意した(端から5㎜)のところを縫って行きます。

<縫ったところをアイロンがけ>

しっかりとアイロンをかけて、縫い代を開きます。

<袋部分を内側に折りたたむ>

1本目に縫った部分を内側にしておりたたむ。今度は表通しを内側(中表)にする。

<再度アイロンがけ>

袋にした部分を内側に折りたたんだら、再度アイロンをかける。

<出来上がり線を縫う>

中表の状態で出来上がり線(端から10㎜位)を縫って行きます。

<アイロンをかけて完成>

表側から見ると、普通に縫えてます。

<裏から見ると・・・>

縫い代の端っこが「袋状」になって内側に折りこまれているのがわかります。裏から見ても綺麗ですね。

ちょっと手間は掛かりますが、綺麗な出来上がり♪

手縫でもできます。挑戦してみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

たけくま

好奇心旺盛な静かに熱いおちょこちょいなサザエさんたけくまです。 アパレルメーカーのデザイナーを経てハンドメイドサイトを運営。 公式ブログはこちら⇒http://takekomiku.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。