3/17 ラストアイドル

とうとう総当たり戦が終わりましたね〜

私が審査員として参加させて頂いたのはその中では最後のバトル、

指原莉乃×Someday Somewhere
vs
織田哲郎×Good Tears

でした。
オンエアでも言ってましたが、2ndシーズンで見させて頂いた対決の中でもいちばん判定が難しく。

というのも、最後のバトルなんですよ。
つまりパフォーマンスは両組ともかなり仕上がりかかった状態での戦いなので
そうなってくるともう何で判定していいのか、迷いに迷ってしまいました。

まずサムサム。
得票数で言えばこれまで決して他のグループに劣っていないものの、ラストアイドルのルールの前にいちばん涙を流してきたグループですよね。
オンエアにまでは乗ってなかったかな?なんですが、勝利できないことに焦ったメンバーが小道具ありのバージョンを指原さんに提案したそうで。
でもその小道具がね、チアダンスなどで使うポンポンだったんです。
たしかにあれ持てば華やかにはなるんですけど、『この恋はトランジット』って応援ソングじゃないし、むしろ元彼を振り向かせたい女の子のキュートなリベンジの決意を込めた曲なんで、
あ〜これ持ってやったら楽曲の世界観が随分とブレるなぁ
と私は思いながらVTRを見てたんです。
でも、それを提案された指原さんはちゃんとなぜそれが必要ないか、をメンバーに分かりやすい言葉を選びながら却下していて。
すごい大英断だなぁと思いました。
実際、あんなに可愛い子たちが必死に考えて練習して持ってきたアイディアを、アイドル愛の深い指原さんが断るのはすごい心苦しかったと思うんです。(私がそうだから)

2ndシーズンは、勝敗の結果でパフォーマンスの内容を
変えることだけが正解じゃないし、
最初の形にこだわることだけが正解でもない
と思うんです。
その都度、メンバーのコンディションや元々の能力、伸びしろに合わせてどれだけ導いてあげられるかっていうことが、「プロデュース」というぼんやりした言葉の意味なのかもしれないなぁ、とラストアイドルを通してなんとなく私も分かってきた気がしています。

それでいうと、Good Tearsの織田さんも本当に素晴らしいですよね。
私はもう、いま織田さんのお顔を見るだけで泣けてきちゃう…。

つんく♂先生がアーティストの先輩として導くスタイルだとしたら
織田さんは父性的というか。

これもオンエアには乗ってなかったんですが(放送時間が短いからね)
織田さん、メンバーがいつかアイドルじゃなくなったその後の人生のお話までしてらっしゃったんです。
アイドルをね、人生単位で考えてあげる大人のことはもう無条件に信用するしかないじゃないですか。

一生アイドルを続けるというケースが(悲しいですが)ほぼない現状、
せめて大人になった時、「あぁあの時がんばって良かったな」と思える経験を少しでも多くさせてあげたいと、ただちやほやするだけが愛情じゃないと、私はアイドルの振付師をする上でいつも思っていることで。
せっかくの青春時代をそこに懸けてくれた女の子たちなんだから、周りの人間はその責任を背負わなくちゃいけないですよね。

そんな当たり前のことが、意外と欠落している世界だと思うことも少なくないからこそ
織田さんがそう言ってくれていたことはなんだかすごく安心しました。安心しすぎてVTR見ながら涙が出てきました。(大抵泣いてる)

いつもは審査員として指名される前から判定は大体決めるようにしてるのですが、
今回ばかりは本当に決まらず、
指名された中森さんの結果が出た後も決まらず、
スタジオ収録が終わってからも決まらず、
YOUさんも同じだったようで2人ともずーっと眉間にしわ寄せて考えるも決まらず、
「なんと、初の棄権をします。」と言って2人で帰ろうとしたらスタッフさんに止められ、
苦しんで苦しんで私はGood Tearsを選びました。
パフォーマンス的には2組とも120点vs120点という感じだったので
最後に私の背中を押したのは織田さんの一言でした。

さて来週は決勝トーナメントに進むもうひと組が(突然の)一般投票の結果によって決まりますね。
この方法については未だに釈然としてませんが(笑)、私たちはもう見守るしかないですね。

来週も日笠さんちで観よっかなー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

竹中夏海

日記

2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。