結果論だけど...

去年1年あるところで勉強会的なものを月一程度で開催していた。
集客はお世辞でも良いとは言えなかった。
会場を提供してくれた人には本当に申し訳ないことをしましたが、僕的には良い経験になりました。
やはり集客は大変だ!


その勉強会的なもののテーマも多種でビジネス的なものから趣味的なものまでありました。
◉確実に成果をあげる仕事術セミナー(優先順位設定の話)
◉リーダーシップセミナー(中小零細企業向け)
◉メルカリ(1ヶ月で15万円売り上げたことでわかったこと)
◉超初心者カメラ講座

この中でもメルカリ講座は人気ありましたね。
やはりみなさん興味あったんでしょうね。
その後のFacebookでフォローしていますが、続いている人は何人くらいいるんでしょうね...


結果論ですけど、セミナー的な勉強会で大事なことってセミナーの翌日なんですよね。このことはリーダーシップ系のセミナーでよく話すのですが、セミナー終了後に参加者と懇親会するんですけど多くの人が「参考になりました!明日から頑張ってみます。」というんですが...僕はその言葉を信用していません。
そもそも人間には恒常性という機能がついているので、翌日になったら昨日のあのテンションは一体...と魔法が解けたみたいになるのです。

恒常性とは?
生体がさまざまな環境の変化に対応して、内部状態を一定に保って生存を維持する現象。また、その状態。血液の性状の一定性や体温調節などがその例。動物では主に神経やホルモンによって行われる。ホメオスタシス。

要は人間は常にいつも通りの自分になろうとする機能があるのです。
熱が出たら汗をかいて下げようとするように、ですからセミナーで受けた刺激はいつもの自分からすれば異常なことなのです。そのことに対して身体が「おいおい、大丈夫か?いつもと違うぞ!」と正常に戻そうとするのです。
本当に人間は凄いですね!


ということで、一回セミナーを受けた程度では劇的に変わることはなかなか期待出来ないのです。
先のセミナーで唯一劇的に変わり成果をあげ続けることが出来たのはリーダーシップセミナーだけでした。その理由はリーダーシップセミナーのみ全6回のコースだったのです。そして、その参加してくれた社長さんは全6回休まずに参加してくれました。その結果は...決算期ギリギリで目標を達成することが出来たのです。
これも1回で集中的に行っていたら...結果は違っていたと思います。
正直毎月1回参加するのも面倒だと思います。
しかし、毎月参加することで『セミナーに参加して新しい知識を得る』ことが常となったのです。そのようになれば学んだことをメンバーに共有することも常となるのです。

人間の体質は3ヶ月で変わると言われます。
ですから最低3ヶ月は意識することで考え方や体質は変わるのです。
これは良い結果の話。
そして、悪い結果も当然あります。


同時期にカメラセミナーを開催しました。
それはあるイベントが縁でカメラを教えて欲しいと頼まれたことから始まりました。僕自身も人に教えられるほどではなかったのでカメラの基礎知識とカメラにふれる習慣を身につけられるような内容で勉強会を始めました。
ところでカメラのセミナーって受講料高いんですね。
僕は交通費と会場代程度なので桁が一つ違いました。

その勉強会もリーダーシップセミナーと同様に複数回を予定していました。そして最終的には参加者の作品を展示する計画までしていたのですが...
残念ながらこのセミナーは最終回を迎えることなく中止となってしまいました。参加者のひとりは「カメラを仕事にしたい!」と言っていました。


それから約半年後

JAPANESE RERAL CATS (amazon)

僕は初の写真集をKindleで発表します。
今の時代、素材が集まれば誰でも写真集を発表することが出来る時代になったのです。あの研修の最終はこのような作品を作ることが目標でした。

あの研修で「カメラで仕事がしたいです」と言った気持ちを3ヶ月持ち続けることが出来たなら、もしかしたら今ごろは電子書籍版の写真集を発表していた...かも?

まぁ、結果論ですがね♪


また、気が向いたらメルカリセミナーについても書いてみようと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今後ともよろしくお願いします <(_ _)>
6

nozoe.takeomi

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。