あれ?意外と...

この話は単品で買うと高いので、
人材育成と組織作りとYOSAKOIと ~ファインダー越しの熱狂 2017~』を購読したほうがお得です。(全21話 / 約45,000字)

初の写真展『舞い踊れ!』で展示許可をいただいたチームに展示作品をお渡しする旅。その第2段は千葉県銚子市の黒潮美遊。

僕の中で銚子市はかなり遠い印象があったのだが、前年末に鹿島神宮で行われたイベントに向かう際に方面・方向標識に銚子の文字が見えた。
銚子市は茨城県に隣接している市だった。僕の中で銚子がグッと近づいてきた。

SNSで黒潮美遊が明日千葉県香取市で特別に練習するという情報を手に入れた。練習場を確認すると(香取市は)銚子市より近い。僕はその日に作品を渡すことにした。
そして当日練習会場に行く前に、またもや『ついで』を一件入れた。どんな時でも効率的に行動したい。用事一件で長距離ドライブするのはデートの時くらいで十分でしょ?

早々に『ついで』要件を済ませて、練習会場に向かう。
練習会場はナビの案内でも分かりづらく何度も会場周辺をグルグルと走らされた。
こんな時、僕はつい焦ってしまう癖がある。別にアポイントを取っているわけでもないし迷子になったら帰ればいいのに意味のわからない責任感が僕を焦せらせ車を走らせる。
これで事故を起こしたら笑うに笑えない。
そして、車が行き着いた先は、墓地。笑えない。笑えない。
やっぱり帰ろうかな?

この続きをみるには

この続き:2,663文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

TAKE PUBLISHING 第2弾 電子書籍『ファインダー越しの熱狂 ~cameraとyosakoiとdriveと...2016』...

または、記事単体で購入する

あれ?意外と...

nozoe.takeomi

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです♪

nozoe.takeomi

人材育成と組織作りとYOSAKOIと

TAKE PUBLISHING 第2弾 電子書籍『ファインダー越しの熱狂 ~cameraとyosakoiとdriveと...2016』の続編で、2017年1月に初の展示会開催後に広がった『縁』から人材育成、組織論についてをYOSAKOIソーランの現場から物語にしました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。