石塚 健朗(いしづか たけろう)

面白法人を経て職場発明会社「KIUAS」代表。SCRAP社のプロデューサー。無類のサウナ水風呂好き。専門はサイボーグ、eスポーツ、雀士。

サウナ付きビジネスホテルこそディープワークに最高の場所

人が最も集中してクリエティブワークに取り組める環境はどこだろう。「都心のサウナ付きビジネスホテル」を全力で推したい。

理由は、
1 いつもと違う部屋で程よく緊張する
2 家にも職場にもすぐ行けるから安心
3 移動時間が短い
4 一泊の料金が安い
5 サウナでリフレッシュできる

都心から離れた郊外地で普段できないようなワークをするオフサイトを否定するものでなく、個人ワークに限り是非オススメしたい

もっとみる

セカンドオフィスとしてのサウナ 定時を過ぎたら働く場所を変えませんか?

緊張とリラクッスの要素が絶妙に混ざり合うと人間は「集中」しやすくなる。

厳かさと自然が共存する「神社」こそが最も集中しやすい環境だと言う人もいる。

サウナもまさに緊張とリラクッスが共存する環境だと言うことができるのではないか。熱いサウナで副交感神経を優位にしてリラクッスさせ、冷たい水風呂で交感神経を活発にして緊張させる。

働き方改革が叫ばれ始めて、裁量労働制を取り入れる企業が増え始めている。

もっとみる

「日本サウナ祭り」にみる人間性の回帰と観光資源としてサウナ

2018年3月3日~4日。長野県小海町にあるフィンランドビレッジにて開催された第3回日本サウナ祭りに参加してきました。定員200名のところ、応募申し込み開始から約10分で1000人の応募が来る人気イベントになりました。

日本初のピットサウナ(古式スモークサウナ)のお披露目、テントサウナやウィスキング、氷の張った湖での強冷水浴や八ヶ岳を望む大自然での外気浴で、心の底からリラックスできます。

テン

もっとみる

電力の見える化とブランドマーケティング

東日本大震災の電力危機、2016年4月の電力自由化以降、私たちは日常生活の中で「電力」を意識すること機会が多くなりました。

石油やガスだけでなく、水力や太陽光などのクリーンエネルギーで発電した電力。通信会社などが既存商品とセットて販売する電力。契約すると電力の使用明細にアイドルの写真がついてくる。実体というものが存在しない電気に各社が様々な付加価値を付与して販売しています。

パナソニック社が手

もっとみる

電力の見える化とブランドマーケティング

東日本大震災の電力危機、2016年4月の電力自由化以降、私たちは日常生活の中で「電力」を意識すること機会が多くなりました。

石油やガスだけでなく、水力や太陽光などのクリーンエネルギーで発電した電力。通信会社などが既存商品とセットて販売する電力。契約すると電力の使用明細にアイドルの写真がついてくる。実体というものが存在しない電気に各社が様々な付加価値を付与して販売しています。

パナソニック社が手

もっとみる