写真以外で多くのことを学んだ。昔も今もこれからも僕の目標です

みなさん、こんばんわ! コハラ(@takerukohara_sono1)です。

今日は番外編です。僕が尊敬して止まない@aimueこと、相武えつ子さんについて書かせていただきます。

ちなみに相武さんが僕のことをnoteで書いてくれています。家宝にしてます。

僕は相武さんにお会いする前から大、大、大尊敬していたのですが、実際に写真を撮っている姿を見させてもらったり、お話させてもらってから考えが変わりました。


尊敬どころの話ではありません。


僕はもうこの方の精神・考え方・対応の仕方など、どれぐらい近づけることができるのかが重要だと思いました。

これは子ども写真を撮っている人だけでなく、ポートレートを撮っている人にとっても重要なことだと思ってます。

ポートレートを撮っている人にも、この話を是非、読んで欲しいです。


スーパーアイドルだと思っていたかほちゃんは、どこにでもいるひとりの女の子だった

相武さんにはかほちゃんとさわちゃん、二人の娘さんがいますが、やっぱりみんなの印象に強くあるのは相武さんのメインアカウントのほうで登場しているかほちゃんだと思います。

みなさん、かほちゃんのイメージってどうですか?

人によって違うと思うんですが、僕は「スーパーアイドル」だと思ってたんです。

ルックスが可愛いのはもちろんのこと、例えば相武さんが「かほ! 右向いて!」というとサッと右を向いてポージングするようなイメージです。

相武さんのメインアカウントの写真たちは相武さんもすごいけれど、同時にかほちゃんもすごいって思ってたんですね。

もちろん、今でもかほちゃんはすごいと思ってます。もう可愛くてたまりませんからね。でも、実際に相武さんのご家族に会って、2回写真を撮らせてもらった僕の感想はというと……


「相武さんがすごすぎる」


この一言に尽きます。

先に話したように、僕はかほちゃんが相武さんの指示をテキパキとやってくれる子だと思ってたんです。もちろん、ビシッと決めるときは決めてくれるのですが、基本はふつうの女の子なんです。

遊びたいときは遊ぶし、拗ねるときは拗ねちゃう。と言いますか基本的に遊んでます笑

でも、当たり前ですよね。子どもだったら家でも外でも遊ぶのはふつうなわけです。

さて、ここから相武さんがどれだけすごいかという話になるんですが、例えば僕は女性ポートレートを撮らせてもらっています。

「右を向いて」とモデルさんに頼めばもちろん右を向いてくれるわけです。光が綺麗な場所を見つけ、「そこに立って欲しい」と頼めば、そこに立ってくれます。

これって別に打ち合わせとかしなくてもできることですよね。むしろ、ポートレートの場合、立ち位置やポージングを考えた上で、そこから先をどうするかが勝負だと思います。

でも、相武さんの場合はひとつひとつの動作をやってもらうことから試行錯誤しないといけないわけです。

木漏れ日や光が綺麗な場所があれば、そこへかほちゃんに立ってもらうためにはどうすればいいか考えなければいけません。

仮にかほちゃんがうまいこと理想のポジションに立ってもらったとしても、その場所に長時間いてくれるとは限りません。すぐに飽きて、遊びにいってしまう可能性があります。

撮りたい場所を見つけたら、かほちゃんをうまいことその場所へ誘導し、さらになるべく短い時間でベストショットを撮らなければいけないのです。

そうして作り上げられたのが相武さんのメインのアカウントです。

改めて見ても、すごすぎます。

このすごさは写真だけを見るよりも相武さんが撮影している風景を見たほうが良いと思います。

動画を見てもらうと、かほちゃんがふつうの無邪気な女の子というのがよくわかると思います。


撮れるという幸せを写真に込めて

相武さんとお話させていただいたとき、相武さんは「子どもが嫌がることはしない」とおっしゃってました。

子どもは大人に比べ、心の変化が激しいです。これからかほちゃんは成長していくにつれ、反抗期や思春期を迎えていくことでしょう。

今はかほちゃんが相武さんの写真を受け入れていますが、今後はどうなるかわかりません。

もしもかほちゃんが「お母さん、もう撮らないで欲しい」と言えば、おそらく相武さんはかほちゃんの写真を撮ることはないと思います。また、そうでなかったとしてもSNSへの投稿をやめて欲しいというのは十分考えられる話です。

僕らが当たり前のように見ている相武さんのメインアカウントのギャラリーというのは、いつ終わりを迎えてもおかしくないんだと僕は感じました。


相武さんの写真は技術的にも突出していますが、それ以上にSNSに投稿する写真1枚の想いの差が全然違います。

写真のクオリティー・キャプション、コメントされた方に対する返信など、どれも丁寧です。

相武さんは話していました。「私の評価が悪ければ、それは子どもたちの評価にも繋がる」と。

相武さんの精神や考え方は家族写真を撮っている人だけでなく、ポートレートを撮っているすべての人が勉強になると思います。

撮らせてもらえる喜び、感謝、SNSに写真を投稿するということの重み。


僕はこれからも相武さんの背中を追い続けます。とても追いつけそうにありませんが、少しでも離されないように頑張ります。

最後に僕が忘れないようにいつも撮影前に読んでいる兎丸愛美さんのツイートを貼っておきます。

相武さんの写真には、写真を撮れる幸せな気持ちも反映されているから素敵なんだと思います。



相武さんのInstagramはこちらから


noteはこちらをご覧ください。(noteもおもしろいです! 写真もうまくて文章もおもしろいだなんてずるいっ!)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

どひゃー! 嬉しすぎます!
20

コメント2件

胸熱すぎて言葉にならないのですが、コハラさんから学んだことはいろんな人に話してます!たくさんの学びをありがとうございます。価値観が変わった出会いの1つでした!
相武さん、ありがとうございます! 僕のほうこそ、もう衝撃だらけでした! あのタイミングで相武さんにお会いすることができなかったら今の自分は間違いなくないです。たくさんの学び!? そんなことないですよ! 僕はただのおじさんです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。