ミヤザキタケル/映画アドバイザー

WOWOWシネピック連載、映画boardにて記事執筆。映画サイトへの寄稿・ラジオ・web番組・イベントなどに出演。『GO』『ファイト・クラブ』『男はつらいよ』とウディ・アレン作品がバイブル。お仕事の依頼はこちらまでa.safety.pin.storm@gmail.com

今更になってSEED DESTINYに思うこと。

年齢や人生経験に応じて、人の考え方や価値観も変わっていくわけで。
かつて抱いていた感じ方が、180°変わってしまうこともあるわけで。

2004年に放送された『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の終盤においてギルバート・デュランダルによって提唱された「デスティニープラン」。
絶えず戦争が引き起こされる要因は、人が抱く不安や欲望にあると考え、遺伝子レベルで人それぞれの適正を解析し、それぞれが

もっとみる

アベンジャーズ エンドゲーム

インフィニティ・ストーンを全て手中に収めたサノスに敗北を喫し、全宇宙の生命の半数が消失する事態を防げなかったアベンジャーズ。
残されたヒーロー達が結集し、姿を消したサノスの行方を追うことになるのだが…。
絶望の淵に立たされたアベンジャーズが再び立ち上がろうとしていく様を通し、目的を果たすために必要な意志を、胸に抱いた意志を貫き通せるだけの勇気を描いた作品だ。

ついにこの時がやってきた。
まさ

もっとみる

広い世界を見るのだ!

たまに「私は洋画しか観ない」「俺は邦画しか観ない」と自慢気に言ってくる人に遭遇する。

何かしらの経緯があってその考えに辿り着いたのなら否定するつもりはない。
だけど、ぼくには「私は視野が狭いです」「俺は視野が狭いです」と言っているようにしか聞こえない。
そんな風に聞こえてしまうぼくの方こそ視野が狭いのかもしれないが、勿体無い。

たまに「私は洋画しか観ない」「俺は邦画しか観ない」と自慢気に言

もっとみる

麻雀放浪記2020

麻雀放浪記2020
1984年にも映画化された阿佐田哲也原作小説を大きくアレンジしての再映画化。
1945年の戦後日本で博打打ちとして生計を立てていた坊や哲(斎藤工)は、その役で上がると死ぬと言われている“九蓮宝燈”を揃えた直後、落雷に打たれ2020年の日本にタイムスリップしてしまう。
戦争によって東京オリンピックが中止となり、人口減少・マイナンバーによる過剰な管理社会・AI導入による労働環境破壊

もっとみる

今日つく嘘には願いを込める。

東京MXの番組で映画コーナーを担当することになった!
TBSラジオでも映画コーナーを担当することになった!
長野放送「土曜はこれダネッ!」でも映画コーナーを担当することになった!
MEN'S NON-NO・BRUTUS・ガンダムエースでコラムを書くことになった!
BANDAIからガンプラのサンプルを頂けることになった!
密かにやってるラーメンアカウントがバズって仕事に繋がった!
パワースポット好き

もっとみる