見出し画像

明確なビジョンと行動力を。

7/20で32歳になりました。
お祝いのメッセージを下さった皆様、本当にありがとうございます。

誕生日は昨年同様京都の鞍馬山へ行こうと思っていたのですが、スケジュールの都合で断念。
知名度はもとより、創始者とされる日本武尊(やまとたけるのみこと)の名に縁を感じ、今年は秩父の三峯神社へ行ってパワーを貰ってきました。

1年前は「来年の誕生日はきっと彼女と過ごしているだろう」と高を括っていましたが、案の定この有り様。
それは別に構わないのだけど、もっと大事なことに気が付いた。
「できたらいいな」「やれたらいいな」「なれたらいいな」「選ばれたらいいな」と漠然に思い浮かべている内は、まだ足りない。
何をしたって決定打に欠ける。
できるために必要な全ての行動を、やれるために必要な全ての行動を、なれるために必要な全ての行動を、選ばれるために必要な全ての行動を起こさない限り、他力本願的な甘えを捨て去らない限り、想いはきっと報われない。

ぼくが映画人として行き詰まっているのも、TVなどのメディア露出へ至っていないのも、漠然とした想いや行動の甘さが原因。
ぼくは映画ライターになりたい訳でも無いし、映画評論家になりたい訳でも無い。
大小問わず良き映画が日の目を浴びて、それが多くの人へ当たり前に届く世の中へ変えていきたいだけ。
だけど、ソレを現す言葉が世間には無く、自身で創出するにも至っていない。
そんな状態では唯一無二の存在になどなれやしない。
上手くいかないのは、制限をかけてしまうのは、限界を超えられないのは、他の誰でも無くいつだって自分のせい。
トリガーはいつだって自分自身の心の中にある。
その引鉄を引くか引かないか、二つに一つ。

31歳の時には欠けていた明確なビジョンとそれを成し遂げるための確かな行動力を胸に、この32歳を生きていきたい。
いや、生きていく。
運や魅力に備わる“引き寄せる力”も大事だけど、自らの意志で豪快に“掴み取る力”を手に入れる。

直接的であれ、間接的であれ、日々ぼくと関わってくれている全ての方に感謝します。
32歳の日々、あせらずやすまずまっすぐに、一所懸命頑張ります。
これからもよろしくお願い致します。

ミヤザキタケル

#32歳 #誕生日 #男一匹セニョリータ
#あせらずやすまずまっすぐに
#三峯神社 #秩父 #西武秩父
#あの花 #あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない
#プチ聖地巡礼
#鞍馬山 #鞍馬寺 #京都
#パワースポット
#映画人 #超映画人 #限界突破 #新たな映画人の立ち位置確立
#引き寄せる力 #掴み取る力

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

ミヤザキタケル/映画アドバイザー

WOWOWシネピック連載、映画boardにて記事執筆。映画サイトへの寄稿・ラジオ・web番組・イベントなどに出演。『GO』『ファイト・クラブ』『男はつらいよ』とウディ・アレン作品がバイブル。お仕事の依頼はこちらまでa.safety.pin.storm@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。