見出し画像

ひよっこ、コーチングを受ける。

こんにちは!ひよっこ社員の酒うさぎです。
今回は社史作りの続き、ではなく!先日参加した、こばかなさんのコーチングについての感想レポートです。色々吸収してきたので、自分の中で整理するためにもつらつら書いていこうと思います!長くなりますがお付き合いください 。

まずはじめに、皆さんはコーチングというものをご存知でしょうか?私はというと、恥ずかしながら全く知りませんでした。
そんな私がコーチングというワードを耳にしたのは、入社して最初の週。
チームリーダーから、「デザインチームでこばかなさんの無料グループコーチングに行くよ〜」と言われました。「コーチって言葉がついてんねんし、指導してくれるとか?」程度の認識だった私…当然、コーチングとは何か、こばかなさんはどういう方なのか調べるところからスタートです。

コーチングとは、

コーチングとは、個人や組織が現状から理想の状態に到達することを、より早く、より効果的に実現するための人材開発技術です。コーチングは様々な分野で利用されており、昨今のビジネス業界では1on1として再び注目を集めるトレンドとなっています。(組織づくり・人材育成のプロフェッショナル向けメディア、Ritori より引用)

らしいです。今回、私たちのコーチングをしてくださった、こばかなさんは、このコーチングの資格を持つデザイナーの方でした。コーチングについての詳細は、こばかなさんご本人がめちゃめちゃわかりやすくnoteで解説してくれているので、こちらの記事をご覧ください。

さて、いよいよ本題です。私含むデザインチームでどんなコーチングを受けてきたのか…。とっても充実した2時間だったので、できる限りわかりやすくお伝えします!

ー…4月某日、よく晴れた表参道。風が強いものの空はCGのように、雲ひとつない青空でした。関西から来た私は、この時点でテンション上がります。表参道おしゃれな店多い。

10分ほど歩いて、会場であるTHE GUILDのオフィスに到着しました。写真がないんですが、なんかとにかくおしゃれでした。語彙力がない。

出迎えてくださったこばかなさんは、とてもさっぱりした方で、初対面ながら話しやすい方でした。さあ、綺麗な会議室に通されて、いよいよこばかなさんのコーチングが始まります。私たちが今回話し合うテーマはこちら!

ドゥン!(効果音)

『デザイン部独自のミッション、ビジョンを決めたい』

弊社はミッション・ビジョン・バリューを大切にしています。詳しくはこちらをご覧ください!

今回は、ゴーリストとして決めているミッション・バリューとは別に、デザイン部独自のミッション、バリューを決めたいというお話でした。
これに対し、こばかなさんはファシリテーターとして、淡々と話を進めていってくださいます。


「この時間で決まると嬉しいものは何ですか?」「ちなみに、理由は何ですか?」「なぜそう考えたんでしょうか」「では、今出てきた〇〇と●●、それぞれメリットデメリットを考えてみましょうか」etc...

このように、こばかなさんは私たちの議論に合の手や、時にはご自身の意見も交えてくださいました。
難しい議題でありながら、サクサク話が進んでいったのは、こばかなさんが私たちの議論に一区切りつくごとに、サラリとまとめを言い、こちらの頭が煮詰まる前に、次のステップへ進めてくれたからだと思います。なるほど、これがコーチングというものか!

皆頭を悩ませながら議論を重ねます。

話を進めるうちに、リーダーは「デザインで変える」というVisionをすでに持っていたことがわかります。チーム内では、そのVisionを知っている人もいましたが、リーダーがなぜそのVisionを考えたのか、その過程や考えなどは誰も共有していませんでした。
こばかなさんは、では、今から新しくVisionを作ったほうがいいのか、それともすでにあるVisionをチーム内に浸透させていくほうがいいのかを考えましょう、と提案してくれます。それを考えるために、各々「理想のデザイナー」について自由に書き出してみました。
こうして浮かび上がってきたもの…それは、

「組織的なニーズ」と「現場のニーズ」による認識の差です。

リーダーが考えたVision、「デザインで変える」には、経営的な観点からデザインチームが関わっていく、という意味が込められていました。しかし、現場のデザイナーは個人のスキル面に関しての不安があり、経営、数字的な所にまでは、意識を向ける余裕がまだない状態ということがわかりました。

たくさん出てきたワードを、

ジャンルごとに分けて見てみると、

圧倒的に個人スキルについてのワードが多い!(画質悪くてごめんなさい)


と、ここで、こばかなさん。再び私たちに問いを投げかけます。
「どちらも満たせる方法は何があるか?」

なるほど。確かに今、私たちは2つのニーズのどちらをとるかで悩み、迷っています。ならこのどちらのニーズも満たすことができれば、デザインチームにとっても、ひいては会社にとっても良い変化をもたらすことができますね!
ここで、この日のコーチングは終了。今後の方針については、今日わかったことを持ち帰って、改めて考えていくことになりました。2時間、あっという間に感じました…。いやあ、頭使ったなあ。

さて、今回のグループコーチングに参加したことで、デザインチームは新たな課題を発見することができました。それは「組織的なニーズ」と「現場のニーズ」で迷っている現状から、どのように結論を見出していくかです。
また、このコーチングが終わった後、チームの先輩方と今日のコーチングや仕事で感じたことなどなど、普段よりざっくばらんに話すことができたのも、大きな収穫だったと思います。

最後に、私の個人的な感想をば。

コーチング中、会社のこと事態まだわからない事だらけの私は、度々「よくわかりません…」ということがありました。
ですが、チームの皆さんやこばかなさんは、その度にウンウンと相槌を打ち、疑問に答えてくれました。心の底から、コーチング参加してよかったなあ、デザインチームでよかったなあ、と感じた瞬間でした。
私はまだスタート地点にようやく立っただけのひよっこですが、スタート地点で、こばかなさんのグループコーチングにチームで参加できたことは幸運だったと思います。
頭を整理して考える方法がよくわかったので、自分でも実践していきたいなあ、なんて考えてます。(難しいやろなあ)

長くなった上にまとまりに欠けておりますが、以上が、こばかなさんのグループコーチング感想です!

また参加する機会ありそう(?)なので、それを楽しみにしつつ、これからお仕事頑張ります!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やった〜〜ヽ(*^ω^*)ノ
29

酒うさぎ

2019年4月入社の新卒1年目。主にgraphicdesigner,illustratorです。大阪のベンチャーで働いてます。 日々の仕事の話や会社での日常を題材にした漫画などを投稿していきます! 株式会社Goalist:https://goalist.co.jp/

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
5つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。