見出し画像

カミングアウトすることが讃えられる世の中へ

どうも、TAKESHIです😏👍

さて、タイトルの通り。

最近の世の中、

【カミングアウト】

というものを
よく目や耳にするようになった。


・セクシャルマイノリティー
・病気や障がい
などなどありますね。


僕も数年前、
ゲイ(LGBT)であることを
カミングアウトした身です。


しかしここ最近、
カミングアウトについて
ちょっと疑問を持つようになりました。



何となく。

一般の方々というよりも、
マイノリティー側の人たちにも
感じるのですが。



「カミングアウトする人は凄い!」

「カミングアウトすれば楽だよ!」

「みんなカミングアウトしようよ!」



みたいな(笑)

カミングアウト推奨派というか、
カミングアウトが正しいというか、

そんなことを感じることが
増えた気がする。



確かに僕は、
カミングアウトした。


でもそれはあくまで、

僕自身、その方が生きやすいと思ったからだ。



自分を隠すことが、
自分を偽ることが。

耐えきれないし、
めんどくさかったし、
その方が素直な自分で居られると
思っただけの話。



例えば僕の知り合いの方でも、

「世間がLGBTのカミングアウトを賞賛したり、LGBT活動家がカミングアウトを推奨したり、LGBTのタレントさんとかがゲイやレズビアンの文化や特徴を大々的に発信するのは別に構わない。だけど、僕はカミングアウトするつもりもないし、一般の人たちに興味本位で僕らの文化や生活を荒らされたくないんだ。大人しく穏やかに生活したい僕みたいな人間にとっては本当に迷惑。どうするかはその人次第なんだから、そっとしておいてほしい。」

そう語ってくれた人がいた。



そう。

カミングアウトしたけりゃ、
すればいいんだよ。

したくなきゃ、
しなければいいんだよ。

それぞれの価値観や
考え方があるんだから。



これはあくまで僕の考えだが、

マイノリティーの僕が望むのは、
正しい知識の普及や認知、
差別がなくなることだ。



LGBTだっていいじゃないか。
病気だっていいじゃないか。
障がいを持っていてもいいじゃないか。

僕たちだって、人間なんだ。



同性のカップルを見たり、
病気の人がいたとしても、


「気持ち悪い」
「近寄りたくない」
「外に出ないでほしい」


って言われるんじゃなくて、


「あのカップル素敵だね♪」
「何か困っていたら助けてあげよう!」


とかさ。



自己否定や自己嫌悪に陥るのは
自分自身の問題でもあるけれど、

社会や周りの人の偏った知識や価値観で
苦しむ人々がいないような
世界になってほしい。



そもそも、
少数派とか多数派とか。

そんな枠決めみたいなものすら
いらないんだよ。


"みんな人間"
であればそれでいい。


俗に言う健常者や多数派ですら、
みんなそれぞれ違う個性を持った
人間なんだから。



そしたらさ、
カミングアウトなんて概念は
なくなるだろうよ。



僕の趣味は〜、
私の好きな食べ物は〜、

とか。


それくらいのラフさで
自分のことを伝えられる空間になれば
きっともっと楽に生きれると思うし。

そんな世界になればいいよな。



僕たち一人ひとりが手を取り合って、
作っていけるといいよな。

必要があれば、
いつでも僕は先陣切って行くさ。



いつもありがとうございますm(_ _)m



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


☆僕のやっている志事です↓
https://note.mu/takeshi_020604/n/n456b5621373d

☆僕が魂の声を聞くために
所属しているソウルヴォイススクールです↓
http://makeit-yours.com/soulvoiceschool/

ぜひリンクから
覗いてみてくださいね👍


もし記事がお気に召されたり
TAKESHIが気になった方、
お気軽にイイネやフォローくださいませ😏

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

【Life is Entertainment】パフォーマー、占い師、コーチング、スピリチュアル、LGBTQ、様々な分野を通して自分という人間を表現して生きています。

良ければシェアもお願いいたします。
5

TAKESHI

【Life is Entertainment】パフォーマー×占い×スピリチュアル×コーチング×看護師を中心に活動中。LGBTQ、ゲイです。イベント出演依頼や振付、占い×コーチングの鑑定等も承っております♪

魂の声を叶えて生きる男の話

日々のソウルヴォイス(魂の声)とのセッションの記録や、自分のソウルヴォイスに従って行動し生きる模様をお届けします。 It's a miracle!
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。