瀧澤克成が23年間ギターを弾き続けられた理由1/2

みなさん、こんにちは。
アフタービートミュージックスクールギター科講師だった瀧澤です(笑)。

気がつけば23年ほど、ギターという楽器に夢中になっておりまして、
よくもまぁ飽きないものだなぁと我ながら感心します。

「ギターはどのくらい練習すればいいですか。」
「どうやったらうまくなれますか。」
「練習を続けるのがしんどいです。」
「楽しく続けるコツはありますか。」

そういった質問やコメントは未だによく頂きます。

なので今回この初めてのnote投稿でバババッとみなさまに
「どうやったらギターを楽しめるのか」をお話したいと思います。

四六時中ギターの事を考えて楽しみながら練習が出来て、
その結果うまくなって、更にまたギターが楽しくなって。

ある人によっては、魔法みたいな話なのかも知れません。

しかしこの話、実はギターに限った話じゃないんです。
言ってみれば「どうやって物事を楽しめるようになるか」という話。

応用すればドラムにだってベースにだって、
スポーツや勉強にだって同じ事が言える事なんです。

ちょいと前置きをしますと。

僕は29歳の誕生日を迎えた翌日の朝。
突然「あ、泳げるようになりたい。」と思い立ち、
全く泳げないカナヅチの状態から1000m以上泳げる人になりました。

ある時は「英語喋れた方が色々得だなぁ。」と思ったので
カタコト英会話からライブMCで英語でベラベラ喋る人になりました。

他にも「デザイン出来た方が便利だな。」と感じて
イラレやフォトショを使える様になったり。
「自分で音源作れた方が何かといいな。」と感じて
ミックスやマスタリング技術を身につけたり。

端から見たら僕は凄い沢山の努力をして練習を積み重ねて
今がある様に見えるかも知れません。

でも実は全くそんな事なくて、
簡単に言えば僕が楽観的なんですよ。

そんな瀧澤流の心得みたいなのをお話してみますね。
よければ是非実践をしてみて下さいませ。

マチ子と大根


いきなり正解を書きます。
一言で全てが済みます。
驚く程に単純です、怒られかねないくらいシンプルです。

「こんだけ引き延ばしておいてそれだけかよ!?」って愚痴られそうな程、
どこかで炎上を引き起こしそうなほどに、単純です。

23年間ギターを弾き続けられた理由

それは何かといいますと・・・・・。


「楽しむ事」
これに尽きます。

終わり。


とか言うと本当に怒られそうなのでもう少し掘り下げてみます。

「楽しむ事」を逆に言うと「どれだけ楽しめるか」なんですよ。
そして時には自分から率先して楽しむ工夫をする必要があります。

例えば、テレビや映画。
見てるだけで楽しいですよね。
思わず時間を忘れて見入ってしまう事もしばしばありますよね。

これ、なんで楽しいのかと言いますと。

好みや趣味に合う合わないはもちろんありますけれども、
その画面の向こう側の何百人というプロフェッショナルな人達が
「あなたを楽しませようとしてくれている工夫」をしてくれているから。

だからあなたは何も努力をしなくても楽しむ事が出来るんです。

もちろん役者さんの名前や経歴、監督の趣味や元ネタなど
「視聴者側が努力すると更に楽しい要素」というのはありますが、
何もしなくても楽しめるコンテンツであるというのは
なんとなくわかっていただけると思います。

話をギターに戻しましょう。

ギターを買いました。アンプとピックを買いました。
楽譜を購入しました。練習する準備が整いました。

さて、ギターやアンプ、ピックや楽譜は
あなたに何か能動的に働きかけてくれるでしょうか。

「やぁ!!トニー!!今日はロックな気分だから
ワンオクでもバシッと弾いて盛り上がろうぜ!!」

と、アンプが話かけてくれる訳ではございません。

「こんにちは、トニー。ご機嫌はいかが。
今日は瀧澤さんという素敵でカッコ良くて
優しくてレモンが好きすぎてとても魅力的で
魅力が服を着て歩いている様な男性のレッスン動画を
YouTubeで見ながら練習をしてみませんか??」
と、ギターが話かけてくれる訳ではございません。

何をするにしても自分から行動をしないと何も起きない訳です。
だから、自分で何かをする必要があります。

自分で何かをする必要がある。

これ超絶大事な要素。

で、その「何か」というのは言葉で表すと「練習」な訳ですが、
「やらなければいけない事」ではなく「やりたいからやる事」にする。

つまりは「練習=めちゃくちゃ楽しい物」にする必要がある訳です。


さて、ここらでみなさまに宿題です。
折角ここまで読んだのでしたら、もう少しお付き合い下さい。

「どんな時にギターを弾いてて楽しいと思えるか。」

これを考えてみて欲しいのです。
時間を忘れて夢中で練習してた事って少なからずあるじゃないですか。
どんな時に「うおおお!!ギターって面白れぇ!!」となりましたか??

好きな曲をジャカジャカ弾いている時。
メトロノームに合わせてコツコツ基礎練習をしている時。
友達と一緒にアンサンブルをしている時。

YouTubeのレモン好きギター講師と一緒に練習している時。
音楽理論について勉強している時。
新しい曲やフレーズに挑戦している時。

色々あると思います。

僕の場合は基本的に曲を練習している方が好きなので
「出来ない曲の出来ないフレーズをひたすら繰り返す」が
ギターの中ではよくやる練習の一つです。

ソロギターアレンジをするのも好きなので
「耳に付いた曲を全てソロギターにする」という練習もよくします。

トミエマおじさんが大好きなのでおじさんの曲のコピーもよくしますし、
ネットで面白そうな教則本や教則ビデオを見つけて練習する事もあります。


みなさんそれぞれの「こういう時が楽しい!!」があると思います。
よければその瞬間はいつなのかをコメントしてみて下さいませ。

そして今後noteをちょいちょい更新して行こうと思っていますので
「こういう記事が読みたい!!」とかリクエストがありましたら
是非バシバシコメントをしてみていただけますと幸いです。

次回、2018年8月16日18時に後半の記事を公開しますね。
「楽しむポイントがわかって来たらどうすれば良いか。」

次回もお楽しみに!!ザックデラロッチャ!!


よければ「スキ」ボタンをポチッと、
そして「サポーターになる」ボタンもポチッとお願いします!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしお気に召して頂けましたら投げ銭などはいかがでしょうか。1000円貯まると僕がサイゼリアでベルデッキオを注文出来る様になります。飲ませて下さい、ベルデッキオ。

わっほい!!よろしければシェアもお願いいたします!!
222

瀧澤克成

瀧澤克成のギター小言

3つのマガジンに含まれています

コメント4件

お疲れ様です!
私は最近瀧澤先生の「ルーザーlesson動画」を見ながら練習しています。
イントロの部分を1手順ずつ確認しスーパーゆっくり練習して行き、少しずつ理解していく過程が堪らなく楽しいです!

今後もウタイストカフェ運営&ギター動画UP楽しみにしております☆
こんばんは!「この曲かっけーぜ!」って思ったのを練習していく中で、フレーズの弾き方を覚えていって、何小節も繋げて弾けるようになるのが楽しいし、幸福感に溺れますね
音楽やってて全部その感じわかります!
ただ夢中に練習することを頑張り過ぎて「俺、いつまでこんなことやってんだろ?」
とウクレレ やフルートを吹いて一日中公園にいた日々も幸せな30代でした♪
心のブレが音に出てわかりやすくて、夢中な一瞬を綱渡りするようなかんじ。

歩みがのろいなぁ、と思いながらいまだに1日に2時間くらいはウクレレに触れる時間がつくれないと鬱になります。
楽しむのがやっぱり人生の極意ですね
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。