今週の、いちばん。1(2014年)

4
ノート

今週の、いちばん。第29回/会いたいときに、会いたい人に、会える幸せ。

「会いたいときに、会いたい人に、会えるのが一番幸せだよ」
かつて、ある経営者に取材をしたときに聞いた言葉だ。
彼には、「好きな仕事をすることの楽しさ」を軸に話を聞いていたので、ちょっと意外だった記憶がある。

先週は、7日中6日飲み会が入っていて、おまけに今日が最新担当作の校了で。連日嵐のような日々だった(さすが月15回飲み会男!)。
そんな生活ぶりを見て、「何か生き急ぎすぎじゃない?」と言ってく

もっとみる

今週の、いちばん。第28回/自由は怖い、だけど楽しい。

「今度、○○さんの出版パーティで挨拶をしてくれませんか?」
そんな依頼を、たまにいただくことがある。
基本、小心者の僕は、言われた瞬間から、すぐに準備にとりかかる。
パーティーの趣旨を考え、○○さんとのエピソードを思い浮かべ、できればオチもつけようなんて色気も出し、最終的には話のキーワードをびっちり書いたメモを用意したりして。
そうしないと、不安で仕方ないのだ。
当日ぶっつけ本番で話す自信、あるい

もっとみる

今週の、いちばん。第27回/「自分の人生」を賭けるのか?「他人の人生」に賭けるのか?

「知らないコンビが、ずいぶん出てるなぁ」
先日、THE MANZAI2014の決勝者を決める、本選サーキットなるものを見に行ったとき、そう思った。
阿佐ヶ谷姉妹、三四郎、磁石、ジャングルポケットあたりは、あまりテレビを見ない僕でもわかる。
けれど、S×L、霜降り明星、湘南デストラーデ、田畑藤本、モグライダーという字面を見ても、顔がまったく浮かんでこない。

今回、1900組近くの漫才師がTHE M

もっとみる

今週の、いちばん。第26回/チームには、「戻れる場所」が必要だ。

先日、生まれてはじめて“ビジコン”なるものに行ってきた。
略さず言うとビジネスプランのコンテスト。
今回の場合、現役の大学生が、与えられた課題に対し、限られた時間でそれを解決するようなプランを考え、発表するイベントだった。

僕は僭越ながら、学生さんの議論の仕方にアドバイスを与えたり、プランを審査する立場で参加していた。
これまで企画書は何百本と書いてきたけど、ビジネスプランを書いたことなどない。

もっとみる