今週の、いちばん。2(2015年)

47
ノート

今年の、いちばん。2015年/転がって、ぶつかって、それでも前に進んできた。

2015年、最後の日。「今週の、いちばん」を1年分ざざっと見返し、「今年の、いちばん。」な話を書きたいと思います。

年末になると「今年の漢字」」なるものが発表されますが(今年は「安」だとか)、僕にとっては「転」の1年でした。
1年で2回の転職を経験。個人事業主としての活動もスタートした、転機の年。自分の運命が、まるで転がるようにどんどん変化していって。

3月に、最後の担当作を作って、日本実業出

もっとみる

どうせやるなら、面白くやる。/今週の、いちばん。83

人間の記憶というものは、ときに曖昧で、自分に都合よくできているらしい。
「個人事業主としての活動も始めた今年は、例年以上に忙しくて、ろくに飲み会にも行けていない…」
久しぶりのnoteをそんな書き出しでスタートしようと思ったのだが、Googleカレンダーを見たら、今月すでに11回、飲み会の類に顔を出していた。
我ながらどう時間を工面したのか不明だが、むしろ、自分で自分をほめたくなる。

数多い忘年

もっとみる

「仕入れ」をしないと、生き残れない。/今週の、いちばん。82

以前、「ビジネス書業界で長く生き残る著者」と「そうでない著者」の違いを、打ち合わせで聞かれたことがある。
両者を分ける要因は1つには絞れないだろうし、そもそも、僕にその問いに答える資格があるとも思えない。
だけど、少し考えて、「それは<仕入れ>をし続けるか、しないかの差」じゃないかとお答えした。

キツイ言い方をするが、ビジネス書の著者の中には、「新刊を出しても、中身が前の本とさほど変わらない」人

もっとみる

見る、聞く、でも言わない。/今週の、いちばん。81

先週、数年ぶりに、渋谷のタワレコに行った。
昔、渋谷にある大学に通っていたので、当時は学校帰りにタワレコに寄って、よくHIP HOPのCDを探していたものだ。
久しぶりに店内に入ると、どうしても視聴したくなる。
じつは、欲しかった日本語ラップのアルバムがあったのだけど、お店でtha BOSSの「IN THE NAME OF HIPHOP」を聴いて、思わず即買いしてしまった(オフィシャルの音源をいく

もっとみる

「部外者」だから、できること?/今週の、いちばん。80

文章にとって、「鮮度」って、どれだけ大事なんだろう?
たとえば、魚なら、釣った直後が一番おいしかったりする(もちろん他の調理法もあるけれど)。
文章はどうだろう。何かを見聞きし、感じて、いざ書こうと思ったとき、それでも、いくらか寝かせたほうがよくなったりするんじゃないか。
けれど、今日は「とれたて」の文章を書いてみたい。
少なくとも自分にとって、これは、新鮮なうちに書き留めておきたいことだと思った

もっとみる

会社は変われど、「らしさ」は残る。/今週の、いちばん。79

いま、サンクチュアリ出版が調子いい。
と、社員の僕が言っても宣伝くさく聞こえるのだろうけど、決して大げさな表現ではないと思う。
先日、自分が担当した『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人生の変え方』、他の編集部員が担当した『オトナ女子の不調をなくす カラダにいいこと大全』『好奇心を“天職”に変える 空想教室』と、この秋の新刊の増刷が決まった。
下半期のスタートとしては、悪くないはずだ。

もっとみる

「すぐやる」ことは、「すごい」こと。/今週の、いちばん。78

ベンチャーに勤めていた時代、恥ずかしながら、書店から足が遠ざかっていた。
「編集」の仕事はしていたが普通の本ではなかったし、経費でバンバン本を買える身分でもなかったし、そもそも個人事業主との兼務で行ける時間もない。
多分、人生でいちばん書店と縁遠い時期だったと思う。

そんな僕が、今週は集中的に書店を訪れた。
新刊『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人生の変え方』の著者の高田さんと、営業のY

もっとみる

「あわない人」に、会える機会は大切だ。/今週の、いちばん。77

最近、名刺の減りが早い。
転職して間もないのもあって、久しぶりに著者や同業者の集いに出かけては、新しい名刺を配っているのだ。
しばらく会っていなくても、出版業界の人とは、すぐに打ち解けられる。
ただ、そういう環境の中だけに身を置いているのは、あまりいいことではないかもしれない。

先日、以前、『自由な働き方をつくる』で担当した、常見陽平さんのホームパーティーにお邪魔した。
パーティの参加者の幅がか

もっとみる

「同世代」と仕事をするのは、なぜこんなにも楽しいのか?/今週の、いちばん。76

人間、変われば変わるものである。
しかも、変わる前の自分を、すっかり忘れていたりするものだ。
1年ちょい前、こんなnoteを書いていた。

同い年でつるむなんて、死ぬほどダサいなと思っていたけれど。

今の僕は、「つるむ」とはちょっと違うけど、「同世代」で仕事がしたくてたまらない。

本日、正式発売をむかえた『自己啓発の名著から学ぶ 世界一カンタンな人生の変え方』。
サンクチュアリ出版での初担当作

もっとみる

そこでしか聞けない、「お客さんの声」がある。/今週の、いちばん。75

もしかしたら、ちょっと場違いな会社に入ったのかもしれない。
急な話だが、9月30日に半年勤めた株式会社BOLBOPを辞め、翌10月1日からサンクチュアリ出版で働いている。
肩書きは、あいかわらず「編集者」だ。

サンクチュアリ出版は「本を読まない人のための出版社」を標榜し、ビジュアルを多用した、読みやすくて楽しげな本作りで有名な会社である。
社員も出版社らしくない雰囲気をまとったお洒落な人々ばかり

もっとみる