「どんなライターと仕事したい?」と聞かれたとき、編集者の僕が答えていること。/書かないよりは、まし。16

1月もすでに半分ほど過ぎてしまいましたが、本年初のnoteの投稿になります。今年もよろしくお願いいたします。
早速ですが、最近、ライター志望の方の前でセミナーをしたり、あるいはライターの卵みたいな方と飲む機会がちょくちょくあって、そのつど「どんなライターと仕事がしたいですか?」「良いライターとはどんな人ですか?」という質問をされるんです。

正直、普段はそんなことをあまり意識していません。
僕がライターの方と仕事をするケースはそれほど多くありませんが、それでも過去の経験を踏まえ、頭の中に、「こんな仕事だったら、この方」というリストができています。
ですから、そういう仕事が発生したら、脳内リストにあたって連絡を取るのみ。それでも、ぼんやりとした条件のようなものはある。
そこで、いったんnoteに書きとめてみようかなと思いました。

ただし、あくまで個人的な意見です。他の編集者の方にはまた違った基準があるでしょうし、「ま、こんなふうに考える人もいるんだな」程度に読んでください。
参考までに、いちおう自分の経歴を書くと、新卒で編集プロダクション→出版社→(半年ほど非出版系のベンチャー)→出版社で、ビジネス書・実用書と呼ばれるジャンルの書籍の編集者を15年以上続けています。

そんな僕が仕事をしたいライターの方は、一言で言えば、「自分の<弱点>を補ってくれる方」です。
ん? 筆力とか取材力とか構成力とかスピードとかを求めているんじゃないの?
と思う方もいるかもしれません。もちろん、それら個々のスキルが優れているなら本当に助かりますが、いちばん大事なのは、先ほど太字にしたことかと思っています。
以降、架空の例を挙げて、説明します。

たとえば、僕が「飲食店経営」について、取材形式で、できるだけわかりやすい本を作りたかったとする。
このとき、僕の<弱点>は「飲食店経営について、多少は知っている」ということです。
と言うのも、以前勤めていた出版社で、そのジャンルの本をよく担当していたため、素人なりに、多少その業界の専門用語を知っていたり、経営者の悩みを理解していたりするんです。
この「飲食店経営に詳しい著者+飲食店経営に多少詳しい編集者」という座組みで本を作ると、想定読者である初心者の疑問をスルーする危険があります。
ですから、ここにライターの方を入れるなら、僕はできるだけ「飲食業界に詳しくない。なんならビジネスものの記事も普段あまり書かない方」を求めます。

他にも例を挙げるなら、「ナンパがテーマの本を作りたいけど、著者も自分も男性なので、あえて女性のライターの方を入れる」「医療問題の本を編集するにあたって、自分はその知識や問題意識が弱いので、その分野に強い方を探す」とか(くどいですが、あくまで架空の例です)。
そうやって、自分の弱いところをカバーしてもらえたら、あとは仮にその方の筆力や構成力が弱かったとしても、僕のほうでサポートできるだろうという目論見です。
ただし、これは僕が編集プロダクション時代に、原稿のリライトや(再)構成を飽きるほどやって、「ま、なんとかなるだろ力(りょく)」みたいなものがついたと思っているからのこと。
駆け出しの編集者だったら、個々のスキルもある、ベテランの方と組むにこしたことはない、かもしれません。

じゃあ、どうやったら、その<弱点>を補えるとアピールできるのか?
と思うライターの方もいるかもしれませんが、その対策の一つは「自分にタグをつける」ことではないでしょうか。
名刺でも、SNSのプロフィールでも、署名記事の経歴でも、飲み会での自己紹介でも、自分が何に強くて、逆に何に弱いかをタグづけするように説明する。
先ほどの例のように「詳しくないことが強み」である場合もあるので、そういうことも言ってもいいのでは、と個人的には思います。
その積み重ねがあると、こちらが「◯◯という<弱点>を補っていただきたい」と考えたとき、その方を思い浮かべる確率がぐんと上がると思うので。

と、一言で言えることを、よく言えば丁寧に、悪く言えばダラダラと書き連ねてきました。
こうしている間に、待っているイラストのラフが来ればと思ったのですが、僕のGmailに届くのは、グーグルアラートばかり……。今年も、仕事はいろいろ大変そうです。
ともあれ、<弱点>だらけの僕を補ってくれるような方がいれば、どこかで仕事できたらいいですねと。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

今のところ、全ノート無料にしていますが、「おひねり」いただけると励みになります!

31

滝啓輔

書かないよりは、まし。1(2016年〜)

「今日の、いちばん。」ほどはまとまってないですが、それでも書きたいと思ったことを、つらつらと。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

自分の弱点を補ってくれる方と仕事がしたいということで、てっきりその道のプロと仕事がしたいのかと思いきやその道には全然詳しくないライターなら初心者向けのモノが書きやすいということで目からウロコでした。
こちらが詳しい分野だったら、あえて詳しくない方に/詳しくない分野だったら、詳しい方に、が良いバランスかなと思っています。もちろん、違う考えの同業者もいると思いますが。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。