見出し画像

今週の、いちばん。第30回/友達の友達はみな、友達か?

「友達の友達はみな友達だ」
このお馴染みのフレーズも、年々通じなくなっていくんだろう。
これは昔、「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングで、ゲストが必ず言っていた挨拶だ。
(ちなみに、「いいとも」くらいの長寿番組だとコーナーの仕様もずいぶん変遷がある)

「友達の友達はみな友達だ」とは言うけれど、実際の生活において、「友達の友達」が「自分の友達」になるとは限らない。
逆もまたしかりで、僕の友達を、違う友達に会わせたとき、必ずしも仲良くなれるわけではない。
人間、どうしても相性があるし、なかなか話の接点を見つけられないときもある。
だから、お互いの友達を誘って飲む、なんてシチュエーションがあると、僕はひそかに緊張している。

先日も、まさにそんな機会があって、心配半分で渋谷に出かけた。
集まったのは全部で7人。
幹事の友達と僕の友達はみな初対面で、世代も仕事もバラバラ。
ノリや話が合うか、不安だった。

もっとも、心配は杞憂に終わり、初対面ではしないような際どい話を交えつつ、場は盛り上がった。
あまりに盛り上がって、写真のように、みんなでシメのラーメンを食べたくらい(なお、撮影者が僕なので、写っていない…)。
初めて会う人がほとんどなのに、まるで部活の友達のように寄り道して、帰れるなんて。
こういうことが、たまにあるから、やめられない。

人と人との「化学反応」は、理科の実験と違って、事前に結果が予想できないことが多い。
それでも、まだまだ「実験」する価値があるんだな、と感じた一夜だった。

今週のいちばん友達ができた瞬間。それは、11月3日、渋谷桜丘の居酒屋で、飲み明かした瞬間です。

*「今週の、いちばん。」は、その1週間で僕がいちばん、心が動かされたことをふりかえる連載です(下の「このマガジンに含まれています」のリンクから全部の記事が読めます)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

今のところ、全ノート無料にしていますが、「おひねり」いただけると励みになります!

1

滝啓輔💰講談社「マネー現代/現代ビジネス」編集部

#編集者 / #編集ライター養成講座 東京18期 / #企画メシ 2期 / #さとなおオープンラボ 十期 / 現在「 #ウェブの面白い文章 」をシェアする #1000日チャレンジ 中 / フリーランス / 講談社「 #現代ビジネス 」編集部にも所属。「 #マネー現代 」メイン担当

今週の、いちばん。1(2014年)

その1週間で、僕がいちばん心が動かされたことをふりかえる、週刊連載的読み物です(2014年4月から年末分までを収録)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。