【セルフインタビュー】あさはかな夢みし(一条天皇の妃たち編)

前回はこちら

藤原尊子(藤原道兼女)(984年-1023年)

ーー夢子たちが仕えたのは「暗部屋の女御」と呼ばれていた藤原尊子(ふじわらのたかこ)。一条天皇の妃のひとりとして生きた尊子の、なかなかにしんどい環境とは?

ーー藤原尊子という名前、初めて聞きました。「暗部屋の女御」という別名はすごくインパクトありますよね。どういう人だったのでしょうか。

瀧波:藤原尊子は、一言でいうと一条天皇の妻です。

一条天皇(980年-1011年)

ーー天皇の奥様…ということは、今で言うと美智子様?

瀧波:それが…今と違って、昔は奥さんが何人もいたんです。それをわかりやすく描いたコマがこちら!

ーーええと?…5人!多い!!

瀧波:まあ5人は驚くほど多い人数ではないのですが…天皇に取り入りたい人たちが、自分の娘をぶっこむ…いえ、嫁がせるんです。

ーーなるほど…。コマの一番上の定子さんは、若くして亡くなったんですね。

藤原定子 (977年-1001年)

瀧波:はい。13歳くらいの時に、10歳くらいの一条天皇と結婚して、そこから10年ほど夫婦として絆を育みましたが、24歳で亡くなりました。

ーーえ〜!結婚、早っ!そして亡くなるのも早っ…!

瀧波:定子さん、いろいろあって大変だったんですよ。道長が潰そうとするから。途中でまだ11歳の娘(彰子)をねじ込んでくるし。

ーーうわっ。

瀧波:でもふたりはとても愛し合ってたんです。興味ある人はこの本読んで!

ーー突然、説明を丸投げしましたね。

瀧波:話すと長いんですよ。ちなみに、かの有名な清少納言さんは、この定子さんに仕えていました。

ーーこの定子さんと取って代わるようにして、一番手になったのが彰子さんですね。

藤原彰子(988年-1074年)

瀧波:はい、「父は藤原道長」っていう最強カードの持ち主です。そしてかの有名な紫式部は、この方に仕えていました。

ーー一条天皇と彰子さんは仲良しだったんですか?

瀧波:最初は、一条天皇は定子さんを忘れられなかったみたいです。

ーーそりゃそうですよね。10歳から10年余りを夫婦として過ごした人を簡単に忘れて、次!って行けないですよね。

瀧波:でも彰子さんも成長するに従って、少しずつ一条天皇と仲良くなって、子供も産まれました。

ーーよかった!

瀧波:ちなみにこの時代のマニアは、だいたい一条×定子派と、一条×彰子派に分かれますね。

ーーどっちのほうが深く愛し合ってたかという…?

瀧波:はい。一条天皇が亡くなる時に残した歌にある「君」が、定子のことなのか彰子のことなのか、今も意見が分かれているくらいです。

ーーえー!一条天皇、ちゃんと名前で言っておけばよかったのに。……で、今回のテーマの尊子さんが全然話に出てこないんですが…?

瀧波:いやもうほんと、めっちゃ蚊帳の外なんですよ。何を読んでも、定子と彰子の話ばかり。

ーーだって、面白いですもんねえ。

瀧波:そうなんですよ。あっ、元子と義子のエピソードもあります。まだ彰子が入内してくる前、ちょっと宮中がゴタゴタしてて定子が不在の時期があったんですね。そのすきをついて、一条天皇をゲットすべく元子と義子のバトルがあったとか。

ーーおお、二番手を巡る争い!

瀧波:そのバトルの結果、元子の懐妊。義子サイドは地団駄を踏んで悔しがります。そうして元子に軍配があがったかのように見えたんですが、それがどうやら想像妊娠だったと。

ーーうわあ…なんだか、どっちもつらい…。

瀧波:そういうしんどいエピソードですが、あるにはあるんです。でも尊子にはそれすらない。親のエピソードはあるんですけどね。尊子のお母さんが元々は一条天皇の乳母だったとか、父親の藤原道兼が容姿の悪い人だったので尊子も容姿が悪かったのではないか…とか。

ーーその容姿の憶測、いらなくないですか!?

瀧波:尊子が一条天皇に顧みられなかった理由として、そういう憶測をする人がいるんですよね。

ーー父親がブサイクな全女子に失礼ですね。

瀧波:まったくです!そんな憶測、私の漫画の設定としては不採用ですよ。でも、そんな感じで使えるエピソードがほぼ皆無だったからこそ、自由に話を考えることができたのでよかったです。

ーー「暗部屋の女御」って名前だけでもイマジネーションがかきたてられますもんね。

瀧波:そうなんです。ちなみに、当時の宮中に「暗部屋」という名前の部屋はなかったんですよ。

ーーそうなんですか!?「弘徽殿の女御」とか「承香殿の女御」は実際にある殿舎の名前をとっていますよね。

瀧波:はい。「暗部屋」なんて呼ばれていたのは後にも先にも尊子だけです。だからたぶん、周囲の人たちが暗い部屋に閉じこもっている尊子をからかうような感じで、そう呼んでいたのかな、とか。閉じこもっている理由は一条天皇から愛されないからで、だとしたら性格はきっと内気で純情で、でもちょっと歪んでいて…みたいな感じでどんどん膨らませていきました。

ーーもし本当に尊子がそんな人だったら…と思うと、ちょっと悲しくなってしまいますね。

瀧波:そうですよね。でも漫画の中では、そんな尊子にも光を当てることができたらいいなと思って。夢子たちとつながることで、人生がちょっと変わっていく過程を3巻では描いてみました。

ーー歴史の中に埋もれてしまっている存在を、そういう形ですくい上げることができるのが漫画のいいところですね。

瀧波:あ、私の言いたかったことを言ってしまいましたね?はい、そのとおりです。ぜひ3巻までお読みいただいて、尊子のことを見守ってもらえたらと思います!

(おわり)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキを押していただいた方にはスシをお出ししております。サポートしていただいた方には一言メッセージをお送りしております。

たらば蟹お待ちッ!こいつの身は締まってるよッ!
20

瀧波ユカリ

気まま丼

気ままに書いたnoteはこちらにまとめておきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。