見出し画像

【セルフインタビュー】あさはかな夢みし(中編)女の友情とは?

前編はこちら
---

書物にのめりこんでは妄想に耽る平安腐女子・夢子。そんな夢子に書物を売り、妄想トークの相手も務める草紙屋・くれ葉。宮仕えの同僚であり、夢子同様に妄想たくましい右近と瑠璃。話が進むに従ってページにひしめくほど増えていく登場人物の秘密とは?

ーー『あさはかな夢みし』は、サブキャラ多いですよね。

瀧波:なんか増えちゃったんですよね。でも1巻では、夢子とくれ葉のふたりでじっくり進めてます。

ーーくれ葉は貴族の邸宅を訪問して書物を売る庶民ですが、これは史実をもとにしているのですか?

瀧波:そういう記録は見たことないんですが、階級社会なので貴族が行くより本屋が来るほうが自然かなと。


↑伊勢物語『芥川』にケチをつける夢子とくれ葉。(1巻より)

ーーのちに明らかになりますが、くれ葉は在宅介護しながら仕事もしているんですよね。

瀧波:はい、のうのうと生きてる夢子と大違いなんですが、書物という共通の話題があるので、ふたりは親友なんです。プライベートには関与しないタイプの親友(笑)。

ーー趣味でつながっている友情って、趣味さえ続けていれば一生ものですよね。

瀧波:ほんとその通りで、世知辛さの一切ない友情を描きたかったんです。まあ、くれ葉は夢子にたんまり本を買わせて食ってるので、清い友情とはまた違うのですが。

ーーじゃあもし、夢子の資金が尽きたらくれ葉は離れていく…?

瀧波:本を買い取りに来ると思います!

ーーなるほど…!

瀧波:いい値段で買い取りつつ、紙質が悪いけど読むには読める安いやつを売ってあげる。

ーー優しいのか商魂たくましいのか。

瀧波:両方ですよね。優しさと打算は両立します。

ーー女の友情は深いですね。では次回は、他の女子キャラとの関係について伺います!

(後編はこちら↓)





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキを押していただいた方にはスシをお出ししております。サポートしていただいた方には一言メッセージをお送りしております。

こはだお待ちッ!寿司といえば光り物だねッ!
5

瀧波ユカリ

漫画を描いたりエッセイ書いたり。noteでは『毎日、いい気分。自分の機嫌を自分でとるためのカンタンTips』「ショッキング・ブルーデイ』販売中。

気まま丼

気ままに書いたnoteはこちらにまとめておきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。