見出し画像

業務要件を引き出す方法は、当たり前のことを深く実施すること!

SEとしてもっとも楽しくてクリエイティブな工程は「システム化要件定義」ではないでしょうか。私はこんなに想定外のことが起こる工程は他にはないと思います。

本題に入る前に、言葉の定義を整理しておきます。

業務要件:
業務として「こんなことをやりたい」というもの
システム化要件:業務要件をどうやってシステム化するかというもの

何が想定外として起こるかというと「業務要件が正確に出てこない」ことです。

私の経験で驚いたことの一例ですが、「Excelで運用している日次の管理業務をWEBシステム化したい」という業務要件がありました。ですので、ExcelのデータをDBに移行する必要があるため、Excelからデータを抽出してSQLを吐き出すマクロを作ろうと考えていました。

しかし、顧客とMTGをしていると、ある時突然「紙に手入力しているんですけど・・・」と言われました。(; ̄Д ̄)ナンデスト
つまりExcelで用紙のフォーマットだけ作り、それを印刷して手書きしているとのこと。それをExcelで運用してるって言うのか。。_l ̄l○lll ガクッ

他にも「このWEBサービスは社内の人間にのみ使わせたいので、接続元IPでアクセス制御してください」と言われました。
そこで「接続元のIPアドレスは固定化されているんですよね?」と聞いたら「固定化していないです」とのこと。(ノTДT)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・

SEならこんな経験いっぱいありますよね。でも顧客が悪いわけではないと思います。顧客はシステムに関する知識はありませんし、もし逆の立場で「あなたがやりたい業務を全て書き出してください」って言われても無理ですよね。どうしても抜け漏れは発生します。

この抜け漏れに気付きを与えて、業務要件を引き出すのがSEの仕事です。

そのために私が実施していることは「気付きのきっかけをより多く与えること」です。方法はいくつもありますが主に以下です。

・顧客との会話の機会を多くする(定例MTGを設ける)
・完成イメージを見せる(資料でも良いし、プロトタイプでも良い)
・疑問に思ったことは全て質問事項として明記する

当たり前のことといえば当たり前のことですよね。でも、システム化要件定義で失敗する人は上記ができていません。失敗する要因は「思い込み」と「認識齟齬」です。

たとえば、上記のExcel運用の話では、顧客は「入力フォーマットをExcelで作ったこと」をExcel運用だと思い込んでおり、私は「Excelにデータを入力して運用していること」をExcel運用だと思い込んでいました。この思い込みによる認識齟齬が発生しました。

この間違いに気付く方法は顧客とのコミュニケーションです。顧客との会話の機会を増やし、途中段階でも良いから完成イメージを共有することで初めて顧客が「あれ?自分の意図した通りに伝わってないぞ。」と気付くのです。

ですので、当たり前のことを言っているようにしか見えないかもしれませんが、その「当たり前のことをどれだけ深くできるか」が重要です。

やるべきことの具体性があまり無いので、分かりにくい話になりましたが、正解が分かりにくいからシステム化要件定義は難しいんです。でも難しいけどやりがいはありますよね。

多くの業務要件を引き出せるSEが、顧客にとっても良いSEだと思いますので、「当たり前のことを深く」を意識してシステム化要件定義を実施しましょう!


◆◇◆ まとめ ◆◇◆
完璧な業務要件は出てこない。
SEは業務要件を引き出すのが仕事。
どれだけ気付きのきっかけを与えられるかがポイント!
・顧客との会話の機会を多くする(定例MTGを設ける)
・完成イメージを見せる(資料でも良いし、プロトタイプでも良い)
・疑問に思ったことは全て質問事項として明記する
上記、当たり前のことを深く実施することが引き出せるポイント!


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで頂きありがとうございました! 毎日投稿を心がけていますので、またお時間のある時に読んで頂けたら幸いです。

ありがとうございます!
8

TAKK@プレイングマネージャー

役職者とプロマネ兼務のSE。 100時間残業を3年続け、3年で5年分働く。 プロジェクト管理において炎上経験無し。直近5年間不具合流出無し。売上利益目標は必ず達成。 経営と開発現場の両方の視点からマネジメントに役立つ思考を発信。 Twitterはこちら→@takkhard2

会社では教えてくれないSE思考

私がSEとして活動してきた中で身に着けてきた思考を紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。