見出し画像

泳げないという現象そのものがエラー!誰でも泳げるようになる裏技


小学生から中学生になった時、自転車で隣町へ行けるようになって、視野も世界観も交友関係も、全てが一変したという経験は誰しもあるでしょう。


「泳ぐことのできない人」は、あれと似た種類の感動を得損なっています。


■1. 泳げないのは人生の機会損失

□ 1-1. 泳げない若者が増えている

泳げない若者が増えています。

日本テレビが2013年に実施した意識調査によると、

「泳げない」という回答は、
30代以上の9%に対し、10代から20代では52%に達しました。

これは、若者の水泳に対する苦手意識が高まっているということです。


□ 1-2. 泳げない人に特有の悩み

泳げない人は、コンプレックスや悩みを抱えがちです。

✔︎ 泳げないから恥ずかしい
✔︎ 水泳科目が体育の成績の足枷
✔︎ 水が怖い
✔︎ 海遊びや海デートに尻込み
✔︎ 子供が泳げるようになるか不安
✔︎ 子供が泳げない

こうしたネガティブな感情は、「泳げるようになる」ことで全て解決できます。

それどころか、次のようなポジティブな自信に置き換わるでしょう。

✔︎ 泳げるという自信
✔︎ 夏の積極性
✔︎ 水泳が体育の成績の主軸
✔︎ 水を見ると泳ぎたくなる。
✔︎ デートではむしろ海に行きたい
✔︎ 泳げるようになった子供が誇らしげだ


□ 1-3. 泳げるようになるのは早ければ早いほど良い

泳ぎを覚える年齢は、早ければ早いほど特です。
なぜなら、「泳げる」というポジティブな自己イメージは、行動全般に積極性を与えてくれるからです。


水泳以外の技術を習得する際にも、意欲や積極性、粘り強さを促してくれます。


特に夏の海では、「泳げない」よりかは、「泳げる」方がかっこいいことは間違いありません。

「泳げる」という自信は、行動の幅を広げ、あらゆる可能性を広げてくれるでしょう。


また、若いころ泳げなかった人が、仮にあとあと泳げるようになったところで、泳げないまま過ごした若い日々を回収することはできません。

人生を有利に進めたいなら、人生のできるだけ早い時期に泳ぎをマスターしておくことが無難だといえます。


□ 1-4. まずは水に浮かべるようになること


そもそも泳げない人は、「水に浮かぶ技術すら持っていない」ことがほとんどです。
特に、この文章を読んでいるということは、あなたもその1人なのでしょう。


恐怖心から強張った状態の体で、クロールや平泳ぎなどの高度技術を練習したところで上手くいくはずがないのです。


これは私自身が直面してきた問題であり、また克服した問題でもあります。
そうした経験から編み出した克服方法を、本noteに凝縮させました。


□ 1-5. カナヅチだった私が泳げるようになった経緯

かくいう私も、つい2年前まで、重度のカナヅチでした。
小〜大まで水泳は大の苦手科目。
水泳の授業が迫るたびに憂鬱な気分になったものです。

25mは泳げない、頑張って泳いだら変な方向に暴走して迷惑をかける。

水泳に対する苦手意識は「できない」というコンプレックスとなり、新しい挑戦を妨げるネガティブな自己イメージを助長していたと思います。


そんな私が、泳ぎを身につけたのは、留学帰りに訪れたバリ島での滞在中。


偶然、「ある道具」を身につけて海に入ったところ、いとも簡単に泳ぎを習得できたのです。

泳ぎが楽しくて仕方なくなった私は、それから毎日、海に通い詰めます。
水に浮かべるようになって5日後には、約5時間、一度も陸に戻らずの遊泳に成功。

南の海の夕暮れの海上から、遠くの島の向こうに沈みゆく紅の太陽を眺めて、えもしれぬ高揚感を覚えたものです。


また日が経つにつれ、陸から海原までの泳ぎが、暴れるような犬掻きから平泳ぎやクロール、背泳ぎなどのスマートな「水泳」に進歩していったのを覚えています。

今まで大の苦手としていた水泳技術が、水に浮かべるようになった途端に一気に上達していていったのです。
(※今思うと、水に浮かべるようになる前の私は、陸上と同じ感覚で水泳のフォームを実行しようとしてました。)


数日前まで自分を支配していた「泳げないから海が嫌い」という消極性は、「必要なら向こう島まで泳いでやるぜ!」という自信に変わっていました。

そして、陸に上がった後の砂浜で、軽くあしらわれていたはずの現地バリ女性から、逆ナンパまがいのお誘いまで受けてしまいます。
こう書くとジャンプの広告みたいですが、事実です。


「泳げるようになった」先に待っていたのは、かけがえのない成功体験です。


このバリ島での経験に反省を重ね、ついに「誰にでも通用するノウハウ」を編み出しました。

おそらく泳ぎの苦手な方の中には、「泳げないのは才能のせいで仕方ない」と半ば諦めかけの人もいるかと存じます。


それは確実に思い込みなので捨ててください

なぜなら、人体が水に浮かぶことは、物理学的に証明が可能だからです。
物理学的な事実に抗えるというなら「才能のせいで泳げない」という自意識を持ち続けてください。

あなたが泳げない理由は、単に学校教育の過程で、間違った学習プロセスや心構えを刷り込んできたというだけのことです。


とはいえ、言葉や理論で説明しても説得力に欠けるでしょうから、実際に魚のような気持ちで水に浮かんでみましょう。

本noteでは、泳げるようになる(水に浮かべるようになる)ための心構えから具体的な実践面まで、一連のプロセスを伝授いたします。

本noteを読むだけで、重度のカナヅチな人でも、水に浮かぶ技術を確実に
につけられると思います。


□ 1-6.  料金の根拠

本稿では、認知面実践面の両面から皆様が「水に浮かべるようになる」までのノウハウを提供いたします。
重度のカナヅチだった私でも治ったのですから、再現性には強い自信を持っています。

本noteを読むことで「泳ぐことを諦めた人」でも「泳ぐのが得意な人」に変身させる自信があります。

一読するだけで泳げるようになる強制力は、意味のない練習方法で遠回りする無駄を人生から削除する効果を持ちます。

さらに手法としても、理論だけで役に立たない水泳読本よりも確実な有効性を自負しております。


こうした条件を踏まえ、価格は800円に設定させていただきました。

(水に浮かぶことすらできないが)いますぐ泳げるようになりたい」という意識が少しでもある方は、是非ご一読ください。

※1 本noteは、あくまで水泳初心者が「水に浮かべるようになる」ためのノウハウであり、クロールやバタフライなどの技術読本ではありません。
その点ご了承ください。

※2 別途、ある補助道具が必要です。ありふれたアイテムですが、持っていない場合、別途2,000円ほどの出費が必要です。


----------------------------------------------------------------------------



■2. 人体は例外なく水に浮かぶ

この続きをみるには

この続き:8,149文字/画像3枚

泳げないという現象そのものがエラー!誰でも泳げるようになる裏技

takohiro

800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

takohiro

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。