見出し画像

【本音】ITP2.0の対応状況と今アフィリエイト業界で何が起こっているのか?広告主とASP側の事情!

さて今回、Twitter上で様々な方とITP2.0やASPについての実情に触れましたが僕も1アフィリエイターとして少しでも有益な情報をお伝え出来ればと思い、この記事を書いた次第でございます。

根拠のない憶測がさらに負の連鎖になると思いますので、現時点でお伝えできる事を本音で書きたいと思います。 

※この記事は2018/10/20に公開された内容です。

---------------目次---------------
1・簡単な自己紹介
2・ITP2.0の対応状況
3・広告主側の事情
4・ASP側の事情
5-1・注文番号が無くてもOKになった【追記】
5-2・注文番号未設定時の注意事項【追記】
6・僕が思う今後のアフィリエイト
-----------------------------------

1・簡単なプロフィール 

この記事では業界事情に深く触れていますので、初めに僕の自己紹介を致します。

僕は今年の1月からアフィリエイトを始め現在はアフィリエイト活動と広告主側として各プログラムの管理責任者をしています。

2014年からアフィリエイトにも力を入れるようになった弊社では現在も約25以上のプログラムを走らせており僕はその管理責任者をしています。
自社サイトではSEO運用とPPC運用もしており、僕は元々その部署に所属しておりました。

そして、兼業のアフィリエイトではようやく9ヵ月目にして一般社員のお給料ぐらいまでにはなりました。

今後の展望(記事最後に記載)のために頑張ります。
ここまでが僕の簡単な自己紹介となり、早速本題にいきたいと思います。

2・ITP2.0の対応状況

正直に申しますと大手(A8さん、バリュコマさん)は大丈夫です。
ただし「会社としては」です。
こういう時に大手のASPさんは非常にバックヤード人が優秀だなと思います。

しかし、ITP2.0対応の仕組みが出来てもここからが大変です。
先ほど「会社としては」とお伝えした理由ですが、そもそもITP対応するまでの業務フローに問題があるのです。

◆ITP2.0対応完了までのフロー! 

【手順1】 ASPから広告主にITP対応のタグが送られてくる!
ASPからプログラム毎に生成されたITP対応タグが「設置手順書」なる説明書と一緒に送られてきます。

そして、このタグを各HPのLP(header.php)と着火地点(サンクス.php)に埋め込みます。
単純にそのまま貼り付けるだけならコピペでOKですが、そうもいきません。

【手順2】 プログラム管理番号や成果報酬などをタグに記載する!
送られてきたタグ内に成果報酬額や販売個数を記載しなければいけないのですが、ここが1番の問題点です!

「注文番号」という1件1件案件を判別するためのタグを打ち込む必要があるのですが、ここに関しては「完全に広告主側で作らなければいけないタグ」になるのでASPが関与できないのです。

何故かと言うと、アフィリエイトの成果条件が広告主、案件ごとによってバラバラになるからです。

無料登録、クリック単価、単品購入やセット購入から非常にパターンが多く広告主独自の成果基準もあるためASP側でテンプレを用意することが難しいのです。

ASPの管理画面で成果が発生した際に「発生金額」が表示されますが、あの金額も広告主がタグ内に設定しているのです。

そして、この「注文番号」ですが個人情報の兼ね合いで申し込み者の名前や電話番号を判別素材に使用してはいけないため、それ以外の要素で判別できるダグを作らなければなりません。

想像してください。

広告主がJavaScriptをいじり独自のタグを生成してHPのLP(header)とサンクスphpに貼り付ける。

これ、HTMLすら読めない人にできますか?
社内にプログラミングの知識がある人や部署があればおそらく一瞬ですが、それ以外の広告主の場合はまず無理です。

僕の会社には運良くプログラミングの部署があった為すんなりいけましたが、知人の会社では営業マンと事務さんが頭を抱えながら作業していました。

もちろん、HTMLから勉強しJavaScriptも勉強し独自のタグを生成するなんてこと無理ですので諦めたそうです。

「諦めた」 = アフィリエイト撤退かITP未対応のまま放置ですよね。

ITP1.0以降、未だにITP対応できていないプログラムや広告主が多いのはこうした理由があるのです。
その後、知人の会社は僕の知り合いのプログラマーにお願いして晩御飯をご馳走するからと言って何とか全プログラムITP対応完了しました。
ですが、まだまだこのような広告主は山ほどいます。 

3・広告主の事情 

上記でお伝えしたようにタグの設置に非常に困っている会社は多いです。
ネットで「注文番号 作成方法」「アフィリエイト 注文番号 方法」など調べても一切出てきません。

業者が2〜4万円でしてくれる所もあったりランサーズで5,000円前後で依頼している履歴はありましたが、外部にWebサイトのアクセス権限を付与しなければいけないため、手軽な解決策とは言えません。
これがITP未対応の広告主の事情です。

中には悪徳な広告主もいて、わざとITP未対応にしておき件数を荒稼ぎする会社も存在します。
どのビジネスにも悪は必ず存在しますので、こんな広告主は時間の問題でしょう。
即張り替えです。 

4・ASPの事情 

かと言ってASPが全て悪い訳でもありません。
ASPが今置かれている状況は「圧倒的な人手不足」です。

そりゃ、こんなけブロガーやアフィリエイターが急増すれば対応も増えるしいい加減な広告主(不正承認)もいるのでバタバタですよね。

新規案件を開始するだけでいくつもやり取りが必要ですし、ぶっちゃけあまり成果が上がっていない広告主は後回しで放置気味です。

そんな広告主に限って細かな事ですぐに問い合わせをしてきて時間を取られる。
まぁこんな感じです。

今回、僕の会社でITP2.0用のタグに張り替える際、担当者のミスでITP1.0用のタグが送られてきました。
もちろん厳重に確認しなかったこともいけませんが、もう1つ理由があります。

タグの発行は各ASPプログラミング部署で行い、広告主とのやりとりは営業担当者ですので、営業さんもタグの中身が理解できませんよね。
営業担当兼プログラマーなんて方は滅多にいませんし。

つまり、人手不足によりホウレンソウや二重確認を怠ればこう言ったタグの張り替えミスも起こり得ると言うことです。

大手ASPでは基本的にタグ設置専門部署がありますので問題ありませんが、規模が小さいASPではこういったミスもあるのです。

まぁ専業アフィリエイターからすれば生活がかかっているので、そんな人手不足に同情している暇はないかもしれませんがASP側にもこう言った事情があるっという事も知っておいてはいかがでしょうか。
以上が、ITP2.0に関しての業界事情になります。

【追記】5-1・注文番号が無くてもOKになった

ITP2.0が9月から開始されて、はや3ヵ月ですが広告主にとっては非常に嬉しい事が可能になりました。

前述したように「注文番号」が生成出来ずにITP2.0対応を諦める広告主は山ほどいますが「注文番号を設定しなくても良い」ようになりました。

誤解を与えないように詳しくお伝えすると、元々注文番号が無い状態でも以下のデータは分かります。

◆トラッキングデータ
・クリック日時(秒数単位)
・成果発生日時(秒数単位)
・リファラ

「注文番号」を設定しなくても、成果発生の秒数単位まで把握できるため、十分に案件を判別できると判断したのです。

例)成果発生:2018/12/18/14:49:16

A8.netなど成果発生した際に管理画面で見れるものと同じですね。

僕の経験上秒数単位で成果発生が重複したことはありませんので、広告主としては「注文番号」を設定せずとも問題なく案件を判別することができます。

ただし、クリック単価で報酬を設けているプログラムは少し厳しいかもしれません。

成果発生が申込みベースや資料請求ベースの案件は問題なく判別できるでしょう。

【追記】5-2・注文番号未設定時の注意事項

注文番号を設定しなくても良くなりましたが、各ASPで様々な「条件」があります。

◆注文番号がない場合の条件
・同時刻に発生が重複した場合は、1つでも成果確定になれば同時刻の案件すべてを確定とする。

広告主にとっては、同時刻で発生が重複する確率よりもITP2.0対応をしてプログラムが開始できるなら、その方が良いです。

こうした条件付きであったり、タイムスタンプを自動生成してくれるASPもあり「広告主にとってはITP2.0の対応が簡単に出来るようになった」ので非常に嬉しいです。

しかし、まだまだASP側も連携が取れておらず以下のような事態は日常茶飯事です!

画像1

画像2

画像3

画像4

年末で忙しい&元々人手不足なこともあり、このやり取りだけで「1ヵ月」経過することもざらにあります。

アフィリエイターの方でASP担当者が付いている場合は、このことをASP担当者から広告主へ伝えてもらいITP2.0未対応案件があれば即座に対応してもらいましょう!

「注文番号」が無くても良いことを知らない広告主やASP担当者は、まだまだ沢山います!!

6・僕が思う今後のアフィリエイト 

ここからは僕の考えと展望を記載します。
新米アフィリエイターの意見と展望ですので、流し読みでも。。。
冒頭で本音で話すと言いましたので正直に言います。

「承認 or 非承認は簡単に偽装できます」 


以前まではこうした発言もタブーでしたが、ゴリラ事件でパンドラの箱を開けてしまったので、もうアフィリエイターは概ね察しているかと思います。
不正は特に成果条件が複雑な案件であれば尚更です。

これは完全に僕個人の意見ですが「承認率が悪ければ張り替えられるので不正はしない」という前向きな意見。
広告主は

「張り替えられる可能性が高まる非承認率を把握している」


が正解だと思います。

プログラムの終了予定間近や広告主がアフィリエイト媒体から撤退をする時は非常に危険な期間でもあります。
プログラムや契約解除覚悟で強引に最終最後、不正をしてくるということですね。

ゴリラ事件がありましたが、まぁ氷山の一角でしょう。
※あくまでそのような広告主も実在すると言う意味になり、広告主全てという意味ではありません。

「広告主」「ASP」「アフィリエイター」
そもそもこの3者間の仕組みに不正を無くすことは無理でしょう。
ですので、僕は今後近い将来

「限られた商材はASPを通さなくなる」

と思っています。現に、DMMなど直で契約する大手のアフィリエイト媒体は存在しますがより一層広範囲でその動きが強まると思います。
これを踏まえ最後に僕の展望です。

近い将来「ASPを通さないアフィリエイト」が始まる。
僕は現在、アフィリエイター1人につき、1サイトの商品ページを設け電話・申し込みフォームの全てが発生対象になる仕組みを考えています。
正直、大手のASPを敵に回すことはしたくないので自分の全案件とアフィリエイト仲間ぐらいで留めようと思います。

◆アフィリエイター側のメリット!
・電話申し込み含む全てが成果発生対象
・トラッキングコード必要なし(ITP無関係)
・アドオンで商品を売り、プラス成果報酬あり
・案件により、ストック収益商材が可能
・ASPを通さないため仲介手数料が無くなり成果報酬額アップ

上記のような条件と運用を考えています。
HPはフリーダイヤルを変更するのみ、提携アフィリエイターの数だけ、フリーダイヤルを差し替えたサイトを用意するのみです。

元々僕はコールセンターで長く勤務しておりましたので、受け皿は知り合いのコールセンターに外注します。
イメージとしては超クローズド施策というところです。

また、顧客情報を収集できるためメルマガ配信やトスアップで別商材獲得も可能になるので収益の確保は当然しやすくなります。
まだまだ詰めるべき要素は多いですが、全案件が成果対象になるため確実に収益は上がるでしょう。

現在、僕が運営しているサイトは全部で4サイトあり「ジャンル及び案件選びは全て、自分で販売コードを降ろせるかどうか」で決めています。

ひとまず自分の全サイトを全て自社で受け獲得し収益拡大に努めます。
その後は知人のアフィリエイターから少しずつ案件を張り替えてテストしようと思います。

これが僕のアフィリエイターとしての展望です。
今後、グーグルがどのように動くかも未知ですがアフィリエイトは楽しいので続けます!!
長い記事を最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

【人気のnote】
確定30万円を目指すために知っておくべきスキル!

↓↓Twitterアカウント↓↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

24

タコキング

兼業。アフィ活動&広告主側でHP制作から各ASP案件の管理責任者と言う二足のわらじです。【Twitter】https://twitter.com/takoking_affi/

読めて良かったなと思うノート集

これは読めて良かったな、人にも薦められるなと思えるノートをメモしてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。