流れるような歌詞を作るには。

ポプテピピックで注目されているAC部という映像制作ユニットに最近またハマりました。

また、というのは、僕はかなり初期から(ザマギというグループのMVをAC部が担当していた頃から)AC部を存じていました。頭から離れない強烈、激烈、斬新なアニメーションが特徴です。

それで、AC部がMV制作を担当したthe chef cooks meの最新世界心心相印という曲を聴いていて気付いたことがあります。

歌詞が置くように、ではなく、サラサラと流れるように、なのです。歌手の声質やリズムもあるでしょうが、僕は歌詞自体が流れるように感じました

たまにメロディが思い浮かばない時、僕は適当に即興の歌詞を口ずさんでメロディを作ることがあります。その歌詞は本当に適当な、場当たり的なものです。

そうすると、何故かそれなりのメロディが作れます。(今はあんまりないのですけど笑)ポイントなのは、この時音程と歌詞がうまく合致していて、不思議と流れるような歌詞になっているのです。

これはおそらく、自分の頭の中で執拗に残り続ける魅力的なワードが即興でメロディに乗っかっているのだと思います。

完全な推測で申し訳ないのですが、この曲の作曲家はこれと同じように歌詞を作っていってたのではないかと思っています。

もちろんそうやって作った歌詞を並べても、単なるバラバラのピースでしかないのですが、あとから適当につじつまが合うようにくっつけていけばいいのですね。

僕は歌詞を考えることはあまりないのですが、ときどき活用しています。

皆さんも、もし歌詞作り困ったら時々このやり方を思い出してみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

takoya

音楽

自作の楽曲や、音楽関連の記事です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。