吉田 拓哉 / Takuya Yoshida

ユニバーサルツーリズム(バリアフリー観光)・着地型観光を専門とした観光コンサルタント

観光で地域活性化のウソ

日本は観光立国を目指すということで政府は指針を立てているが、それに伴って地方でも「観光で地域活性化」というのはよく聞くフレーズである。
しかし、どれほどの地域が観光によって地域が活性化されただろうか?
もちろん、いろいろな成功事例を耳にしたり、観光担当者であれば先進地視察ということで目にしたこともあると思うが、日本でうまくいっているところはまだまだ少ない。

もっと言ってしまうと、地域の人たちが本

もっとみる

北海道ボールパーク

日本ハムファイターズのメイン球場の移設に伴い建設されることとなった北海道ボールパーク。

海外では球場の周りに宿泊施設や商業施設がある複合エンターテイメント施設があるボールパークがあるが、日本では初めての試み。

懸念されている札幌中心街からのアクセスの問題もあるが、将来的なことを考えると単なる球場ではなく、ボールパークにしたことは大きな価値を生むのではないだろうか。

日ハムはいろいろなイベント

もっとみる

【奥尻町】北海道南西沖地震から25年

3.11から7年…本当にあっという間に時は過ぎて行くものである。

そして、北海道南西沖地震から25年。北海道の人にとっては衝撃的な震災。あれからそんな長い時間が経った。

行政主催の慰問行事は20年を区切りに終了。いまは有志で毎年7月12日に開催しているという。

忘れたい人もいるだろう。忘れられない人もいるだろう。

いつまで弔い続ければ良いのか、死ぬまで弔い続けるべきであるのか、それはだれに

もっとみる

なぜ超大手企業はバリアフリー対応をしていくのか?

ディズニーリゾートを始めユニバーサルスタジオジャパンや超大手エンターテーメント施設はバリアフリー対応を積極的に進めていくのだろう?

日本国内の利用者はだんだん高齢化していくというのは一つの考えであるが実はそれだけではない。

人が多く集まる場所には高いリスクが存在するのである。

なかなか自分たちが旅行や観光をする中で、訴訟問題になりなるという場面に出会ったことはないだろうが、1日に何万人も集ま

もっとみる

昔ながらの製法とこだわりのワイン

北海道もいつのまにかワイン大国となり、日本の中でもベスト5くらいに入るほど知名度、出荷量ともに増えているのではないだろうか。

そんな中で、ワイナリーはさらに増え続けている。

越冬の技術も進化し、また近年の温暖化の影響もあってか、北海道の肥沃な大地でワイン作りを目指す人は増え続けている。

色々なワイナリーが増えると大量生産のところだけではなく、家族経営のワイナリーなどもあり、多様化も進む。

もっとみる