もしもラジオを勧めるなら

 静岡放送の特番【第2回ラジオナイトサミット(2018.8.25)】を聴きました。
ラジオ界隈の著名人がラジオについてワイワイ議論する3時間の生放送。その中で印象的だったのが、ニッポン放送の吉田尚記アナのリスナーに向けてのメッセージでした。
「ラジオはこれからも無くなる事はない。が、面白い番組の情報は伝わりづらい時代になっている」と。

 『ひとつだけ聴いてくれてる人にお願いがあります。(面白いと思った番組を)周りの人に勧めて下さい!多分そういう時代になってます。そこだけお願いします!』

 つまり「ラジオ界を盛り上げる為に、面白い番組はどんどん周りに勧めていこうよ」という事です。
ラジオ愛溢れるアツいメッセージだと思いました。と同時に、
『他人にサクサク趣味勧められるコミュ力がありゃ、そもそもラジオなんて聴いてねーわ。』とも思う訳で(笑)。
この「周りの人」って友達とか同僚の事ですかね。非ラジオリスナーの人にラジオを勧めるのって実はメチャメチャ難しいと思うんですけど。
番組内で内輪ネタとか出来上がっていますし、パーソナリティの事を知らなかったらその説明もしないといけませんし。
「ラジオを勧めろ」って言いますけど、『聴いてくれよ!』っていうだけではダメなんですよ。

 この機会に、「非ラジオリスナーにラジオを聴いてもらうにはどう勧めればいいか」を私なりに考えてみました。
テーマは「新しくできた友達を、JUNKリスナー・ANNリスナーにする方法」です。
長期スパンでじっくり勧める作戦なので、参考にならないかも知れませんけど。4つのステップに分けて、岡村隆史風に言う所の「卓上の空論」を繰り広げます……

①自分はラジオが好きだ!とアピール
 まずは相手に「自分はラジオが大好きだ」とアピールする所から始めます。
『お笑いが好きだから芸人のラジオを聴いてるよ。おぎやはぎとかオードリーとか。2時間のトークライブを毎週やってるみたいなモノだから超楽しいよ。ハガキ職人のネタコーナーも大喜利みたいで面白いし。あとタダだし。』みたいな感じで。
ラジオのどこが好きなのかを楽しそうに語る訳です。

 他にも、『皿洗いとか洗濯してる時にラジオを聴くと、かったるい気分が紛れるよ。』とか『radikoタイムフリーって機能があっていつでも番組が聴けるんだよ。』って語ってみたり。
「ラジオって楽しいモノだし、気軽に聴けるモノ」ってイメージを相手に植え付ける訳です。
まぁ、ここで『えっ面白そう!ラジオ聴く聴く!』ってなったら最高ですけど、世の中そう上手くいく訳ありません(笑)。
JUNKとANNを勧めるのはまだ先の話です。

 気をつけたいのは、陰キャな発言は控えるって事ですね。
『僕は友達がいないからラジオ聴いてる。』とか『パーソナリティが自分だけに語りかけてくれてる。』とか『深夜特有の孤独感をラジオは癒してくれる。』とか。
気持ちは分かりますけど、相手に「ラジオリスナー、闇 深っ……」って思われて終了ですからね(笑)。そういう想いは自分の胸の中だけに留めておくべきです。

 なお、相手がお笑い好きだったらラジオリスナーにするのは簡単だと思います。
『え?お前お笑い好きのクセしてラジオ聴いてねーの?』とドン引きの表情を浮かべながら【有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER】【オードリーのオールナイトニッポン】【ハライチのターン!】【三四郎のオールナイトニッポン0】あたりを勧めればイチコロです。
自分が死ぬほど爆笑した回の音源を2~3本聴かせたり、テレビでお笑い特番があってその裏話をトークしてる回を聴かせれば、新規ラジオリスナーのできあがり。
これでラジオにハマらないお笑い好きは信用できないので、縁を切った方がいいですね(笑)。

②相手の好きなジャンルに媚びていく
 自分がラジオ好きだとアピールできた所で、ようやくラジオを勧めていく訳ですが。
私の経験上、どれだけアツく好きな番組を勧めても非ラジオリスナーには響きません。
興味のない人間から勧められた興味のないパーソナリティの番組を、非ラジオリスナーが聴く訳ないんですよ。私が逆の立場だったら面倒くさくて聴きませんし(笑)。

 そこで、相手の好きなジャンルにすり寄るのが効果的なんじゃないかなと。
私ならまず相手が興味を持ってくれそうな番組を探します。相手の好きな芸能人を把握してradikoでその芸能人をサーチするんです。
担当番組が見つかったら『君の好きな声優の宮野真守、ラジオやってるみたいだよ?』みたいな感じで、番組の存在を教えてあげます。自分が好きな芸能人なのにラジオだけはスルーしている人って結構いるんですよ。

 また、その芸能人が番組を持っていなかった場合「相手の趣味」っていう切り口で番組を探していきます。
相手が漫画好きなら【サンドウィッチマンの週刊ラジオジャンプ】を勧めたり、自転車好きなら野島裕史さんの【サイクリスト・ステーション ツアー・オブ・ジャパン】を勧めたり。
radikoの検索ボックスにジャンルを打ち込むと色んな番組が出てきますので。

 ここで重要なのは、相手に番組を勧める前にしっかり予習をしておくって事です。
自分がその芸能人に興味がないからって『宮野真守だっけ?ラジオやってるらしいから聴けば?』なんて勧め方だと聴いてくれないと思うんです。
私なら過去4回分ぐらいの放送を聴き込み、番組の雰囲気を脳にインプットした上で勧めていきます。
なんなら、その番組のヘビーリスナーになるつもりで。
毎週10時間も20時間もラジオを聴いている訳ですから、1つぐらい番組が増えても問題ないでしょ(笑)。
で、『宮野真守のラジオ聴いたけど結構面白かったよ。声がいいからメチャメチャまったり聴けるよ。一回聴いてみたら?』みたいな感じで勧め続けます。
相手がラジオを聴いてくれるまで番組を聴き続ける。そして番組の面白かった部分を語り続けると。

 「そこまでする必要ある?」って話ですけど、我々口ベタなラジオリスナーはそれぐらいしないとラジオを上手く勧められない気がするんです。少なくとも私は。
それに、その友達ともっと仲良くなりたいなら、この作業は無駄ではないんじゃないかなと。
自分の好きなラジオというフィルターを通して、友達の好きなモノを理解できるかも知れないんです。むしろ楽しい時間だと思います。
それに、相手も自分の好きな芸能人に興味を持ってくれたら嬉しいハズです。
「今までマモ(宮野真守)のラジオはスルーしてきたけど、ちょっと聴いてみるか」ってなると思うんですよ。逆に、相手より自分の方が番組にハマるかも知れませんし(笑)
そんな感じで、友達と共通で聴くラジオを1つか2つ作ろうよって話です。

③ラジオというメディアにハマってもらう

 共通で聴くラジオができて、番組の話題で盛り上がる関係になったら順調ですね。自分も「友達とのラジオトークって楽しいなぁ」と喜びを噛みしめている事でしょう。
ただ、JUNKとANNを勧めるのはまだ早いです。
私ならここで、相手がradikoで自ら面白い番組を探すように誘導していきます。
『他にもラジオやってる面白い声優いたら教えて!』とか『マモの仕事仲間でラジオやってる人 探してくんね?』みたいな感じで。
radikoで番組を漁っているうちに「この声優もラジオやってるんだ?」とか「この番組ちょっと気になるぞ?」って、相手もラジオに興味が沸いてくると思うんです。
で、色々番組を聴いていくうちに「もっと!もっと面白いラジオを!!」って感じで、探求心が爆発するんじゃないかなと。

 上手くいけばこのタイミングで、①でアピールした番組を聴いてくれるかも知れません。
「そういえばアイツ、おぎやはぎとかオードリーのラジオが面白いって言ってたな……」みたいな。
見事ハマってくれれば「友達をJUNKリスナー・ANNリスナーにする」って作戦は大成功です。逆に、こちらが興味のないジャンルの番組にドハマりしている可能性もありますけど(笑)。

 でも、それはそれでいいと思うんですよ。新規のラジオリスナーが生まれた事自体が嬉しいですから。
友達と共通で聴く番組を愛でていけばいいんです。で、もっと仲良くなったらいいんですよ。

④JUNK・ANNの面白エピソードを伝える
 友達をJUNKリスナー・ANNリスナーにする為に①~③まで進んできましたけど、結局私は『JUNKとANNを聴いて!』とは言わないと思います。あくまでも『JUNKとANNが好き。』って伝えるだけですね。
「いや、ちゃんとガッツリ勧めろよ」とか言わないでください(笑)。

 共通で聴く番組の話で盛り上がりつつ、時々JUNKとANNの面白エピソードを差し込む感じで。
例えば、『そういえばオードリーのANNに梅沢富美男が出た事あったよ。若林からケツバット喰らって喜んでたなぁ(2016.12.17)』とか『菅田将暉のANNのネットニュース見た?松坂桃李の遊戯王トークがキモくてマジで最高だったよ(2018.9.17)』とか『ラジオネームといえば、星野源のANNに”ラジオネーム:トビタシンジ”とかいう飛田○地みたいな名前のリスナーからメール来てて笑ったよね(2018.1.9)』とか。
面白エピソードを話す事で、JUNKとANNに興味を持ってもらうという。

 これで相手も「へ~、JUNKもANNも面白そう!」ってなって、実際に番組を聴いてくれるかも知れません。やっぱり自分の好きなジャンルの番組しか聴いてくれないかも知れません。
でも聴くも聴かないも相手の自由ですからね。自分の好きなモノを相手に押し付けだしたらおしまいですよ。
『スペシャルウィーク始まったね。そっちの番組はなんか企画やるの?』みたいな会話ができれば十分かなと。
もちろん相手が自分の好きな番組にハマってくれたら最高ですよ。でもラジオリスナー同士、お互い好きな番組を尊重しつつ、共通で聴く番組の話ができればそれはもう大勝利だと思います。

 以上、「新しくできた友達をJUNKリスナー・ANNリスナーにする方法」、改め、「友達をなんらかの番組のリスナーにしてリスナー仲間になる方法」でした(笑)。

①自分はラジオが好きだ!とアピール
②相手の好きなジャンルに媚びていく
③ラジオというメディアにハマってもらう
④JUNK・ANNの面白エピソードを伝える
の4ステップで、JUNK・ANNにハマってもらえたらなぁと。

 長々と展開した卓上の空論ですけど、あくまでも「私が周りの人にラジオを勧める場合」の話ですので。
『このラジオが超面白いから聴いてみてね!』って一声かけるだけで聴いてくれるパターンもあるでしょうし。
皆さんも思い思いの方法で友達にラジオを勧めてみて下さい。そしてその方法を私にも教えて下さい(笑)。

 リスナー仲間ができればラジオはもっと楽しくなります。それがリア友ならなおさら。
あと、ラジオを勧める方法が網羅されているかも知れないので、吉田アナの「ツイッターってラジオだ!」もいつか読んでみたいと思います。 

65

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。