数字の意味を考える

これは自戒も含めて書くんですが、物語のなかに具体的な数字を織り込む際、ただ数字を入れるだけでは不十分です。

その数字そのものが重要なのか、それともその数字の裏側にある事実が重要なのかを見極めなくてはいけません。

本題

たとえば、以下のような文章があったとします。

その高校は1年生が30人、2年生が30人、3年生が40人ほど在籍していた。
主人公Aは1年生で、各学年を含めても唯一、ある中間テストにおいてすべての科目で満点を取っていた。

なんとなく煩雑な文章だと感じないでしょうか。
この例文の悪いところは、数字そのものにあまり重要性がないことです。

この文章には以下のように書き換えても問題ありません。

主人公Aは高校1年生だ。
100人以上が在籍しているこの学校のなかで、彼は唯一、ある中間テストにおいてすべての科目で満点を取っていた。

僕の言いたいことが伝わるでしょうか?

結局、これらの文章の意図としては「たくさんの人数のなかからたった1人」という部分を強調したいわけです。
別に1年生が100人いようが、大意は変わらないですよね。

前者の文章は細かく各学年の人数を表記していますが、そういう表記をする意味がないんです。

具体的な数字を出すことはある種の説得力を持たせる上で重要なんですが、本質は数字そのものにないことがほとんどです。
したがって、無駄のない文章を書くという意味では、具体的すぎる数字を出すことは避けたほうが無難です。

その数字を出すことで、何を強調したいのか。
そして、その強調したいことを書くために、よりスマートに表すことはできないか。

そういう部分に考えを巡らせる必要があると、僕は考えています。

シンプルな話、細かい数字を読者に読ませるのは大変じゃないですか。
なるべくなら読者の負担が減ることに越したことはありません。
そういう意味で、数字を出す際は、なるべく最小限で意図が伝わるように意識するのが大事だと思っています。

まとめ

具体的な数字を出すだけでは煩雑になる。
数字によって示したい情報をより強調して書くと、読者の負担が減る。

そもそも読者の負担を考えずに書いている人も少なくないようですが、僕からしたら言語道断です。
読者に余計なストレスや負荷をかけないために、なるべく読みやすい文章を心掛ける必要はあり、そのために数字の出し方にも配慮すべきであるというお話でした。

おわりに

僕は物語を創るすべての人に捧げるつもりで記事を書いています。
ジャンルや媒体が異なれど、なにかひとつでも役立つことがあれば幸いです。

ご質問/ご感想/ご意見は、コメント欄もしくはSNSにてお待ちしております。

綾部卓悦の情報
Twitterはこちら。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

文字の森のなかから、ここまで辿り着いてくださりありがとうございます。継続することが何よりも苦手なので、サポートを糧に頑張ります。

「えくすこ」で検索すると…
6

綾部卓悦

物語を創るすべての人を支援するつもりで記事を書いています。僕自身も物語を愛し、紡いでいます。noteに投稿した内容をベースに喋るラジオも週1ペースでやっています。Twitter:https://twitter.com/Takuetsu_Ayabe

物語と文章のマガジン

物語を創るすべての人に役立つ知識をシェアします。

コメント1件

異世界サイコロでは仮想通貨を扱うもんで、数字には気を使います。
けど、あまり細かいのを出すと確かに疲れますよね。
バランスのとり方を工夫しないといけませんね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。