「マンガファースト」という考え方について

はじめましての人もそうでない人もこんにちは!
漫画大好きっ子34歳。ナンバーナインの小林です。

ナンバーナインには創業当初から「ナインバリューズ」と呼ばれる9つの価値観があります。

1 ベターではなくベストを目指す
2 三方よし
3 心も体も健康
4 遊び心を忘れない
5 悩んだらやってみる
6 マンガファースト
7 合理的な範囲内で根性を追求する 
8 セルフスターター
9 仲間の強みを尊重する

今日はその中の一つである「マンガファースト」について、僕なりの考えを表明したいと思います。(これが僕なりの愛なのだ。)

マンガファーストについて

マンガファーストとは、まず漫画を第一に考えようって事です。

漫画を第一に考えるとはつまり、作品を第一に考える事であり、その作品の作者である漫画家さんの事を第一に考えるという事です。

漫画あってのナンバーナイン。それを忘れるべからず。

しかし、漫画の為に何でもやるというのは違います。

例えば、漫画家支援。

僕が考える漫画家支援とは、漫画家さんに1万円渡して「これで美味い飯でも喰ってこいよ」という事ではありません。漫画家さんが活躍できる場所を作ってあげる事が真の意味での支援だと考えます。

つまり僕らが掲げる「マンガファースト」もそうです。

「漫画を第一に考える」という事は目先の事だけ追っていても駄目です。
真の意味でのマンガファーストは漫画の価値をもっと向上させる事だと考えています。

価値とは何か?

一つは「市場」です。(勿論、それ以外にもあります。)

漫画家さんが活躍できる市場を作っていかなくてはいけない。

もう少し端的に言うと、漫画家さんの平均年収をあげる事ですね。
上位1%の超有名売れっ子漫画家さんだけではなく、漫画家を目指すすべての人がちゃんと食べていける世界にする事。

漫画家さんのセーフティネットを作ってあげる事が「マンガファースト」の正しい資質(ライトスタッフ)なのではないかと考えます。

最近、「マンガファースト」を掲げているならこれくらい無料でやってくれよ!と心無い言葉を言われた事がありました。

確かに僕らナンバーナインのスタッフは全員漫画好きですし、漫画家さんに敬意を持っています。できる限り要望にも答えたいと思っています。

でも「マンガファースト」の正しい資質(ライトスタッフ)は漫画家さんの未来を作る事です。なんでも言う事を聞くのではありません。

漫画家さんが安心して活躍できる正しい未来を作る為に、強いては面白い漫画をこれからも沢山読むために、「マンガファースト」の精神でこれからも頑張っていきます。

I LOVE 漫画。BUT,WE NOT SLAVE !!
漫画を愛している。でも僕らは奴隷にはならない。

上でも下でもなく、漫画家さんと対等なパートナーとして接していく。

それがナンバーナインの「マンガファースト」です。

----------------------------------------------------------------------------
お陰様でツイッターのフォロワー数が2,700人を超えました!
着実にフォロワーさんが増えてくれて嬉しいです。

目指しているのはフォロワー10,000人!!
向かおうとする意志さえあれば、いつかはたどり着くだろう?

よろしければフォローお願いします。

僕のツイッターはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

大好きな漫画のために、No.9(9番目の芸術)である漫画のために、人生を捧げられる同志を探しています。

志は同じだと信じてます!!
11

小林 琢磨

週刊少年 小林琢磨

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。