熱中症をふせぐ水分補給ガイドライン

こんにちは、西川です。

いや〜、まだ5月?なのに毎日暑いですね…


先日、とあるスポーツの現場に行ったんですが、その日は4月なのに30℃近くなっていたのもあって、子供達がみんな「気持ち悪い」だの「頭クラクラする」だの言ってたんですよね。


で、その保護者の方とも話していたんですが、


「ちゃんと水分取らせてるのに、熱中症になるんですね」

「暑さに慣れてないからなんでしょうか」

「こまめに水分を取ってるのにおかしいな…」


といった相談を受けたんですね。


で、それを聞いて、「あ、これは対策せんといかんな」と感じたわけです。



熱中症はさまざまな原因でなりますが、体の専門家じゃなくても、少しの知識と工夫で予防することができます。

何も、専門家ほど詳しくなる必要はないんです。


今回は、来たる夏のスポーツに向けて、体の知識がない初心者の方でも分かりやすく、シンプルに使えて効果も高い熱中症予防の方法をお伝えします。


こんな中身です。


①熱中症を予防するための知識が書かれている資料

・脱水とはなにか?

・「こまめに水分をとる」だけでは熱中症は防げない

・夏場の運動中は、どんな人でも「脱水状態」

・簡単なモニタリングが、熱中症予防のカギ

・水分補給の考え方


②熱中症予防のかんたんなチェックシート

・毎日、練習や試合の場面で使える簡単なチェックシート

・どのスポーツでも使用可能

・子供でも大人でも、紙とペンがあれば記入できる

※このチェックシートを使うには、体重計が必要になります。というより、熱中症予防には体重計での測定が必要です。あらかじめご理解ください。


③解説動画

資料やチェックシートの書き方について、動画で解説をしています。

・水分補給はどのようにすべきか?

・どんなメカニズムで予防できるのか?

・チェックシートをどうやって使うか?

など、熱中症を防ぐために必要な知識や方法を、具体的に解説しています。

(約25分です)



この資料を見たくなるエピソードをひとつ(笑)


2015年夏の大阪インターハイ、僕もあるチームのサポートで帯同したのですが、大会初日の気温が42℃を超えたようで。

出場選手の約半数が体調不良を訴えたそうです。

もちろん、ほとんどのチームや選手はきちんと水分補給をしていたのに、です。


ということは、水分補給の方法や熱中症対策の知識になんらかの穴があった、ということになりますね。


ちなみに僕が今回お伝えする内容は、根拠のある理論をもとに現場で実践を重ねた結果、効果がある程度出ているものです。


完璧に防ぐことは難しいでしょうが、まあ、巷に出ているレベルの対策よりは役に立つものでしょう‼︎


=追記=

資料の内容やチェックシートのフォーマットなど、「もっとこんな感じにして欲しい‼︎」というのがあれば、noteにて返信をいただければ、随時追記していきます。みなさん、ドシドシ意見をお寄せください。


それではどうぞ。


この続きをみるには

この続き:159文字

熱中症をふせぐ水分補給ガイドライン

西川匠

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

西川匠

PT スポーツ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。