どのベンチャーキャピタルに相談するか困ったときの3つの視点

「〇〇キャピタル、△△ファンド、□□ベンチャーズ…ベンチャーキャピタルっていっぱいあるけど何が違うの? 」

 ベンチャーキャピタルSTRIVEの古城(こじょう)です。冒頭のような疑問をお持ちの方、多いのではないでしょうか?私はそうでした。笑
 本Noteでは起業家の方々がベンチャーキャピタル(VC)に事業の壁打ちや資金調達などで相談したいとき、どういった視点で相談するVCを決めればよいのかについて簡単に纏めました。

 <サマリー>
●起業家がVCを見る上で重要な3つの視点は、①投資する領域、②投資対象としている成長フェーズ、③提供価値
●①②でざっくりスクリーニングし、起業家がサポートして欲しい(起業家が苦手な・困っている)ことを実施(補完)してくれるか?といった視点でVCを選定するのがベター

そもそもベンチャーキャピタル(VC)とは?

 VCとは「ベンチャー企業に投資し、その企業が成長したあとに株を売却することでお金を稼いでいる機関」、要するに「ベンチャー企業への投資(出資)」「成長支援」「株式売却による資金回収」を実施する金融機関です。本Noteでは、ビジネスモデルなど詳細は割愛しますので、ご興味ある方は参考リンクをぜひご覧ください。

VCを見る3つの視点

 VCを見る視点は多数存在しますが、起業家による相談目的において重要なのは以下3つだと思います。

① 投資する領域(そもそもの投資の可否、投資済み企業との兼ね合い)
 ・参考:投資先(実績)の業界、等
② 投資対象としている成長フェーズ(≒投資チケットサイズ)
 ・参考:投資先(実績)の成長フェーズ、1社への投資額、
     VCのファンドサイズ※、等
③ 提供価値(採用支援、ノウハウ・リソース提供、
       事業提携(顧客送客、販路提供、等)、等)
 ・参考:ハンズオン/ハンズオフ、過去の投資先サポート事例、
     投資先向けパッケージ、VCのケイパビリティ
     (顧客、販路、等)、等

 ①②はVCがそもそも投資可能か否かの必須要件です。スタートアップは企業の成長フェーズ×事業領域でセグメンテーション(図1)できます(近年、経営メンバーの出身大学・企業で支援するファンドも多数存在)が、多くのVCが投資対象領域を定めており、ここが合致しないと、どうなに良いスタートアップでも投資できなかったりします。

 ③は起業家とVCのマッチングといったオプション要件ですが、起業家にとって、VCの選定要因として最も重要な要素だと思います。結論、起業家がサポートして欲しい(起業家が苦手な・困っている)ことを実施(補完)してくれるか?といった視点を持つのが良いと思います。VCは採用支援やノウハウ・リソース提供、業務提携(顧客送客、販路提供)等、様々な投資先向けサービスを提供していたりするので、起業家は自社のグロースにおいて必要な機能・サービスをVCから受けることで、成長を加速させられるのではないかと考えております。

ちょっと調べてコンタクトするのが効率的

 ①~③は各VCの戦略に依存するため、外部からはわかりにくかったりもしますが、①②の投資対象領域はVCのHPや投資リリース・ブランディング等のメディア記事、Twitterアカウント等を見ると、なんとなく理解することが可能です。一方、③はVCに所属するキャピタリストに依存する部分もあるので、実際に話してみる方が良いかもです。なので、必須要件①②をさくっと調べて、キャピタリストにコンタクトを取るのが起業家にとって効率的だと思います。但し、前もって次ラウンド(成長フェーズ)のVCの話を聞いておいた方が、事業計画策定において良いという考え方もあるので、この辺は戦略的に実施されるのが良いと思います。
 最後に、実際にコンタクトを取るときの主要方法を記しましたので、ご参考まで!

●相談したいVCのキャピタリストを知っている友人などに紹介してもらう
●キャピタリストをSNSなどで探し、DMを送る
(●Pitch Eventなどで話しかける) ※但し、会える保証がない

※創業時ならエンジェルも相談対象じゃない?という疑問を持たれる方もいると思います。その通りなのですが、今回はそっとしておいてください。笑

 ちなみにTwitter(kojotaku29)Facebook(takumi.kojo)をやっておりますので、ご質問や事業・投資相談などございましたら、何でもご気軽にお声がけください!
※本内容は個人の見解です

参考リンク

ベンチャーキャピタルのビジネスモデルから学ぶ、スタートアップの分析視点 ※ヘッダー画像はこちらの記事より(STARTUP DB様より利用許諾を得ております)
ベンチャーキャピタル」とは?役割や基礎知識を解説
ベンチャーキャピタルとは?知らなかったでは済まないVCの選び方


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

85

Takumi Kojo | 古城 巧 || キャピタリ...

STRIVE, Investment Manager | 国内のDeep Tech, MaaS, SaaSスタートアップを中心に投資と成長支援をしてます。慶應理工(修士)→バークレイズ証券(株式調査部)→Roland Berger→現職

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
7つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。