takuro(juJoe)

juJoeというバンドをやっています。Tobariという名前で絵本も出しています。QOOLANDというバンドをやってました。音楽を作っていく上で拾えたことを毎日書きます。https://note.mu/takuro_/n/n9e466cf2b713
固定されたノート

juJoe official

**【1stアルバム全曲無料配信中】 **

Spotify、Apple Music、LINE MUSICなどサブスクリプション↓

サブスクリプションを使っていない人はこちらから↓
(Youtubeで全曲聴けます)

Sound Cloud↓

Dropbox。歌詞ふくめ全曲無料ダウンロードできます↓

LIVE↓
https://twitter.com/jujoe_
https://www.i

もっとみる

死!!!

「死」について考えるのは難しい。特に幼い頃はイマイチピンと来ない。
しかし何故だか僕は考え続けてきた。十歳ぐらいから、死についてやたら思索してきた。難しいし、手が届かないし。でも答えが無いからこそ「死」に夢中だった。

仕事でも何でも終わりがある。バンドにも、アスリートにも、会社にも、物語にも、終わりや区切りが存在するのだ。
そこでその作業やプロジェクトは一段落する。これは、その役目が一旦死ぬとい

もっとみる

死に方について!

今年で三十二歳になった。ヤバイ。
二十一で死ぬつもりで人生設計をしていたので、もう十年以上も余生を送っている。

ロスタイムみたいなもの、と思っているので長生きしたいとも思っていない。しかし生に執着しないからこそ、そこそこ健康でいられているようにも思う。長生きしたくはないのだが、健康ではいたいものだ。

「生き方を考えること、ライフスタイルを選んでいくこと」とは、結局「死に方を考えること」でもある

もっとみる

両立しない選択肢のさばき方

いわゆる「矛盾」について昨日書いたのだが、矛盾というのは何気に意味合いが多い。

「『The.純粋』以外はすべて矛盾である」という考えだと余白が無くてしんどい。というより現実的ではない。

ではどれぐらいが矛盾と処理してもいい程度なのだろうか。
これは僕個人的な見解だが、「両立しない選択肢を抱えている状態」を「矛盾」として定義している。

しかし「AもやりながらBもやりたい」なんて実例は生きていた

もっとみる

虫のいい生き物

「若いうちは色々やった方がいい」という言葉があるが、果たしてどうなのだろうか。

自分の人生で考えるとどうだろう。たとえば「歳をとってできなくなったこと」は増えたのだろうか。うーむ、CanもCan'tもまぁ増えた気がする。となると、やはり「歳をとって、できなくなってしまうこと」がそれなりにあるのは事実みたいだ。

そして若者はこれをよくよく知っているのだ。「もう少し若ければ」としり込みする老人を数

もっとみる

理屈!

学校の先生や両親、上司、先輩などが「人間はこうあるべきだ」、「人生はこう送るべきだ」という教訓を語ったとする。いや、語る。彼らはそういう生き物だし、目下に対しては僕自身そう振る舞っている。

しかしこれは理屈である。理屈は応用範囲が広いけど、極めて抽象的だ。それに比べると、「ダチが楽しそうなバンドをしている」、「見かけがいいアイドルがいる」などは結果を見せつけられている。極めて具体的だ。理屈ではな

もっとみる