恥じらいの話

歌詞を書くようになって、ステージに立つようになって、もう何年も経つ。

当たり前だけど慣れてきている。
最初は恥ずかしかったが、それに対しての恥を感じなくなっている。

慣れと共に失ったのが「恥じらい」だ。

始めた当初は僕にも「出すぎた真似をしてすみません」という感情があった。自作の詞を歌うおこがましさに対しても「恥じらい」を伴った。

だからこそ余計に興奮した。

やっちゃいけないことほど楽しい。

この続きをみるには

この続き:319文字
記事を購入する

恥じらいの話

takuro(juJoe)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

音楽を作って歌っています!文章も毎日書きます! サポートしてくれたら嬉しいです! がんばって生きます!

スキ嬉しい!ありがとうございます!

takuro(juJoe)

音楽を作るために考えていること

音楽を作るために考えていること
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。