笑顔でいてくれれば、それだけで──君のいまがより良くなるように。

この週末は、嬉しいことがあった。

別居中の彼女が、遠路はるばる茨城まで来てくれたのだ。

湖を眺めに行こう。
彼女を誘って霞ヶ浦まで足を伸ばした。

ぼくは運転が好きだ。車窓から見えるお店の名前をよみまちがえてフフっとしたり(それはもちろんぼくではない)、あれやこれや、翌日には思い出せないくらいちいさなことを話している時間に、安心する。くつろいでいる。

そういう状態でいる時間のことを、贅沢な時間というのだと思う。

その日は父の誕生日でもあった。

夜は1年前に地元にできた、父の大好きなほうとうを食べられるお店へ。

「仕事がまだあるんだよ私は…!」

彼女はそう言って、やらなきゃオーラを出していたのに、結局夜遅くまで付き合ってくれた。

たくさん時間を割いてもらったから、すこし申し訳ないなという思いもあった。

「さいきんは色々なことに追われてたからリフレッシュできたよ〜」

帰り際に駅へ向かう車内で、彼女は笑顔だった。

やさしいな。

でも、気遣った言葉ではなく、本当にそう思っている言葉。

その一言で、最高の週末になった。

帰っていく後ろ姿を眺めながら、2人でいられる時間をもっと大切にしなければと、強く、再確認。

大切なものはどこかではなく、ここにあるんだよね。

自己犠牲なんてできないが、彼女が笑ってくれさえいれば、それでいい。

それがいい。

君のいまがより良くなるように。
父さんは今日も願っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

小松崎拓郎

君のいまがより良くなるように──01

本当に大切な人を大切にしたいから、書いています。未来の子どもたちに宛てたレターエッセイ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。