不眠がちで何をしていても不安を感じる人は認知症になりやすい・・「心血不足」超改善レシピ

不眠、動悸、物忘れなどの症状があり、何をするにも不安を感じる、という人は僕のお客様にも非常に多いです。これを「性格」と片付けてしまうのは簡単なことですが実は中医学ではこれは名前のある立派な病態です。

急に不安でたまらなくなり自分のことしか気が回らない、些細な体の不調を大きく捉え「ひょっとして大病なのでは・・」と病院を転々とする。最初は周りも心配してくれていたが今では誰も気にしてくれない。でも次はひょっとして・・という悪循環の和から出れなくなってしまった方。今日はそんな皆さんの病態の正体とそれをしっかりとケアできる漢方薬についてご紹介していきます。お悩みの皆さんの希望になりますことを願って書きましたのでどうぞご一読下さい。

この続きをみるには

この続き:2,094文字

不眠がちで何をしていても不安を感じる人は認知症になりやすい・・「心血不足」超改善レシピ

タクヤ先生 中医学/薬剤師

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただきました方からのリクエストには優先的に記事をアップさせていただきます。いただきました金額は執筆機材の充実とさらなる知識向上で皆様に還元させていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

42

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
1つのマガジンに含まれています

コメント8件

あ、なるほど。そうですね、タクヤ先生に相談するのが一番早いやつだ。すいませんお忙しい中!ありがとうございます(^-^)
はじめまして。お世話になっております。
以前、こちらで拝読した肝からくるイライラによい処方とても効きました。子も私も歯ぎしり無くなりイライラしません。しかし、事故後、不安感が消えず記憶力があいまいになっています。こちらを併用しても大丈夫ですか?それとも、どちらかにした方がいいのでしょうか?よろしくお願いいたします。
こんにちは。ごめんなさい、それは相談案件になってしまいます。ご購入された店舗様にご相談するか僕に相談をお取りいただきご相談下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
心脾顆粒よりもより不安感の強い虚弱な方には心脾顆粒をお勧めしていますが……とのところですが、
帰脾湯試して見てまだ不安感があったりしたら心脾顆粒を、ということですかね。
細かいところすみません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。