あたらしいあいのかたち

昨年はじめから悩まされ続けた体調不良は、結局年間を通じて尾を引いた。今も完全に本調子とは言えない。

それはもしかしたら「産みの苦しみの老いバージョン」みたいなものかもしれない。

目指すべきことであり、ここまでなんとか乗り越えて来られた原動力でもあった「個人と個人の関係であり続けること」が、意思だけでは不可能な場合もあるということ。

もっと若い頃に向き合うべきだったのにそうしなかった何か、目をそらせていた何かに直面したというか。

実家のそばのモスバーガーで、今年の方針について話す。山積みになっている課題と問題はひとつも解決はしていないけど、少しだけ希望の持てる方向性を示唆しつつ、話は終わる。

出口がないように思える問題にとっては、それだけでも大きな成果だ。

ふたりでぶらぶらとTSUTAYAに寄ったりしながら帰る。

基盤になるのは、関係性の健康と精神の健康と身体の健康。
そして、淡々と楽しくしたたかに実務的な態度。

そして、あたらしいあいのかたち。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

Tak. (Word Piece)

アウトライナーと言葉のピースと生きる活動と猫ポイント。著書『アウトライナー実践入門』(http://amzn.asia/62u1R1k) 本館「Renji Talk」(http://www012.upp.so-net.ne.jp/renjitalk/)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。