推敲しているときが好き

たった今、今日の分の仕事が終わった。
もうこんな時間だ。
あやうくnoteが書けないところだった。

ライターとして仕事していくなかで私が一番好きなのは、書き上げた文章を推敲しているときだ。
誤字・脱字がないか、表記ゆれはないか、集中しなければならない作業だ。
プレビュー機能があれば、実際の画面で画像と文章を最終チェックする。
私は集中はしているものの、やっと記事を書き終えたという達成感の中でリラックスしながら推敲をしている。

本当は一晩寝かせて推敲するのがいいのだが、納期がせまっているときはそうはいかない。
自分が書いた文章を最初から通して読むと、書いてるときには浮かばなかった表現を思いつくときもある。
そしてたまに「ああ、この表現いいな~」と自分を褒めている。

最後まで読んで完成!となれば入稿する。
不思議なことにこのときが一番、次の記事を書こうという気持ちになれる。
入稿できたという安心感が気持ちに余裕をもたらし、書く活力を与えてくれるのだろう。
気持ちに余裕のないとき、私はいい記事なんて書けない。
どんなときでもクオリティの高いライティングをするのがプロなのだろうけど。

明日は2記事か3記事、入稿したい。
推敲が今から楽しみだ。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます♡ 私もスキです♡
13

tama.k

フリーランスのライターです。旅をすることと海外ドラマ、競馬が大好き。 noteを通してたくさんの人とつながりたいです。

ライター

ライターとしてのつぶやきや仕事に関すること。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。